『POPMAN'S WORLD』と対をなすアナザー・ベスト!

スキマスイッチ『POPMAN'S ANOTHER WORLD』
インタビュー

スキマスイッチ『POPMAN'S ANOTHER WORLD』インタビュー

2016/04/13


スキマスイッチが大ヒットを記録したベストアルバム『POPMAN'S WORLD』と対をなす、アナザー・ベストアルバム『POPMAN'S ANOTHER WORLD』を本日4月13日にリリースした。ここでは、大橋卓弥と常田真太郎の2人に、様々なエピソードを交えながら今回のアルバムのコンセプトや収録曲について語ってもらった。2人の言葉を借りれば、 “スキマスイッチにとってカップリング曲とは実験の場” だという。はたして実験室でどんなことが行なわれてきたのか? デビューから現在に至るまで、まさに彼らの本当にやりたかった音楽へのアプローチがひも解ける貴重なインタビューだ。

取材:東 哲哉(編集部)
 

僕らの実験は2枚目のカップリング曲から始まったんです。


──今回のアルバムは、単なるベストアルバムではなく「アナザー・ベストアルバム」と題していますが、どういったコンセプトなのでしょうか?

大橋:簡単に言えば、カップリング曲を集めたものなんですけど、僕らは表題曲に対してカップリング曲を作る際に “何か実験的なことをやろう” と決めていて。デビューシングルこそ違ったんですけど、2枚目からは実験をしていて。その実験がうまく成功すると表題曲に昇格されることもあるし。なので、今回、スキマスイッチが行なってきた挑戦をまとめることで、表題曲につながる“かけら”を集めたという感覚もあるんです。つまり、音楽の仕組みみたいなものをわかってもらえたり、感じてもらえるんじゃないかと。カップリングベストというと、“あぁ、表題曲じゃないんだ” って思われる方もいると思いますが、僕らにしてみるとこれを聴くと表題曲をもっと面白く聴けるよっていうメッセージでもあったりするんです。実際に“あっ、ここからスキマスイッチのサウンドは変わってきたなとか”発見できると思います。

──ディスク1とディスク2に加え、ボーナスCDも含めると3枚あるわけですが、曲順なども含めて、選曲はどのように行なったのですか?

常田:まずは時系列で最初から聴き直してみました。でも、すごく聴きにくくて、むしろ、恥ずかしくて。自分たちの背景や思惑もわかるし、だから、その並びはアルバムとしては失敗のように感じたんです。また、バランスも悪いと思って。シングルの表題曲の場合は、時系列で聴いても前の曲を意識しながら作っていたりもするのですが、カップリングはそういった作りにはなってないですし。例えば、ピアノと歌が2回続いたり平気でしていますしね。なので、一回全部バラして。いつものアルバムを作るときのように “さぁ、これらの曲をどう並べようか?” という感じで並べ直して。なので、普段のアルバムを作るような感じで曲順は決めました。

──ちなみに、各ディスクで核となった曲は何ですか?

常田:どちらも1曲目ですね。1枚目の「夕凪」は、この曲でスキマスイッチが始まったようなところがありますし、これは使えるなと。あと、同じようにイントロでドンっといかせたいなと思って、ディスク2では「雫」ですね。音質でも共通するところがあって、「夕凪」は完全にアナログテープで録っているし、「雫」はテープではないですけど、その方向性で録っています。それで、2曲目以降は “どちらも楽器数の多い華やかなものに続くように” と思って、選曲していきました。

──大橋さんは、選曲に関してはどのように考えたのですか?

大橋:本来、カップリング曲はシングルに付いてくる特典みたいなところもあって。そういった意味ではカップリング曲を全部アルバムに入れると本末転倒みたいな部分もあるんですけど、例えシングルを全部持っているリスナーの方にも “便利グッズ” として使ってもらえたらと思ったんです。曲の並びに関しては、シンタくんが叩きを持って来たのを見たときに“これでいいな”と思ったんですよ。すぐに決まりました。

──なるほど。では、ここからは各年代ごとに、スキマスイッチのカップリング曲を振り返ってみたいと思います。まずは、デビューした2003年についてですが。

常田:2003年はデビュー曲の「view」が決まって、このアップテンポな曲に対して、どんなカップリングがいいのかを考えたんです。で、ライブでも人気の高かった「小さな手」を入れましょうとスタッフとも話し合って。それで決めた経緯があります。

大橋:なので、実際に僕らの実験が始まったのは2枚目からですね。

──2枚目のシングル「奏(かなで)」はセールス的にも成功しましたよね。当時はどんなことを考えていましたか?

常田:デビューの時と気持ちはあまり変わらなくて。それよりも “これでダメだったらお前らクビだっていう空気の方が強くて(笑)” 。今思えば、だからこそ、カップリングの「僕の話 -プロトタイプ-」はこうなったのかなと。もともと、この曲はアルバムに収録するつもりで作っていて、その後、「僕の話」として、生で録ったバージョンもあるんです。ただ、卓弥が曲を作り、打ち込みのアレンジで僕が仕上げるという「僕の話 -プロトタイプ-」ももったいないなと思っていて。スタイルも実験的だったし。で、当時スタッフさんからも “カップリングだったらいいのでは!?” という提案も頂いて。そんな経緯で決まったんですよ。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

Another Best Album
『POPMAN’S ANOTHER WORLD』

2016.4.13発売

【初回生産限定盤】
<3 DISCS:Blu-spec CD2>
¥3,800+税込 AUCL-30034~30036
高品質CD:Blu-spec CD2仕様

【通常盤】
<2CD>
¥3,300+税 AUCL-204~205

※BONUS TRACK:未発表の新録楽曲「壊れかけのサイボーグ」「フレ!フレ!」を収録

【初回特典(初回生産限定盤)】
※三方背ケース&高品質Blu-spec CD 2仕様
※二人だけで制作されたインストゥルメンタル曲を中心に収録したボーナスCD付

【初回生産限定盤】
<3 DISCS:Blu-spec CD2>

【通常盤】
<2CD>


【収録曲(初回生産限定盤/通常盤共通)】
※全27曲収録

■DISC-1
01.夕凪
02.スフィアの羽根
03.ためいき
04.電話キ
05.石コロDays
06.Aアングル
07.弦楽四重奏のための『ドーシタトースター』
08.僕の話-プロトタイプ-
09.快楽のソファー(仮)2014 ver.
10.夏のコスモナウト
11.サウンドオブ
12.雨は止まない
13.小さな手

■DISC-2
01.雫
02.ハナツ
03.1017小節のラブソング
04.僕の青い自転車
05.青春騎士
06.さみしくとも明日を待つ
07.猫になれ
08.君曜日
09.Bアングル
10.トラベラーズ・ハイ
11.回想目盛
12.またね。(betsu-oke ver.)
< BONUS TRACK >
13.壊れかけのサイボーグ
14.フレ!フレ!

■BONUS CD (初回生産限定盤のみ)
※全15曲収録(二人だけで制作されたインストゥルメンタル曲を中心に収録)
1.蕾のテーマ 2.天白川を行く 3.追伸 4.花曇りの午後 5.安曇野にて 6.若葉 7.ピーカンブギ
8.夕間暮れ 9.ノウムの調べ 10.Human relations 11.ガレポンク 12.フォノグラフ 13.10th
14. 10th-typeⅡ- 15.ミッドナイト・グッドモーニン!!のテーマ

スキマスイッチ(プロフィール)

○大橋卓弥(オオハシタクヤ)
[1978/5/9生まれ/AB型/愛知県東海市出身]
Vocal, Guitar, Harmonica


○常田真太郎(トキタシンタロウ)
[1978/2/25生まれ/O型/愛知県名古屋市出身]
Piano, Chorus, Organ, Other instruments
and total sound treatment


大橋卓弥、常田真太郎のソングライター2人からなる男性ユニット。
1999年に結成。2003年7月9日シングル「view」でメジャーデビュー。2004年2ndシングル「奏(かなで)」がロングセラーとなる。2005年5thシングル「全力少年」が大ヒット、2ndアルバム「空創クリップ」で初のチャート1位を獲得。同年、NHK「紅白歌合戦」に初出場し、3年連続出場を果たす。2013年にデビュー満10周年を迎え、リリースした初のオールタイム・ベストアルバム「POPMAN’S WORLD~All Time Best 2003-2013~」が大ヒット。同年10月、11月には全国アリーナツアー、更に12月には豪華フルオーケストラとの競演となった、キャリア初の日本武道館公演を大成功におさめ10周年YEARを締め括った。2014年、10周年記念ライブ作品(CD/Blu-ray&DVD)の4カ月連続リリースとともに、7月には人気テレビアニメ「ハイキュー!!」のOPテーマに起用された、2014年第一弾シングル「Ah Yeah!!」をリリース。これに続き、11月には21stシングル「パラボラヴァ」(ヨコハマタイヤ「アイスガード ファイブ」CMソング)を、12月には22ndシングル「星のうつわ」(『THE LAST -NARUTO THE MOVIE-』主題歌)と前作から約3年振りとなるオリジナル・アルバム「スキマスイッチ」をリリース。2015年、ニュー・アルバムを携えた全国ツアー「スキマスイッチTOUR2015 “SUKIMASWITCH”」(28ヶ所32公演)は全公演即日完売!日本武道館2DAYS &大阪城ホール追加公演と大成功をおさめる。11月には23rdシングル「LINE」(TVアニメ「NARUTO -ナルト- 疾風伝」OPテーマ)でNARUTOと二度目のタッグを組む。c/wには「第95回全国高校ラグビー大会」大会テーマソング「ハナツ」を収録。2016年、新曲「フレ!フレ!」(MINISTOP CMソング)を収録した、大ヒットを記録したベスト盤「POPMAN’S WORLD」と対をなす、アナザー・ベストアルバム「POPMAN’S ANOTHER WORLD」をリリース。4月から新コンセプトの全国ツアー「スキマスイッチTOUR2016“POPMAN’S CARNIVAL“supported by MINISTOP」の開催が決定!ライブアーティストとしても定評がある。

 

関連する記事

PAGE TOP