大阪出身本格派ガールズバンドが放つデビューシングル!

GIRLFRIEND「15 / Hide & Seek」インタビュー

GIRLFRIEND「15 / Hide & Seek」インタビュー

2016/11/21

 

 


──メンバーの皆さんは、SAKIKAさんの作った曲や歌詞を聴いてどう思いましたか?

MIREI:なんか、いつもだったら「また、面白い曲書いてくんねんな」って感じで聴くんですけど。この曲は歌詞がスッと入って来て。めっちゃ、共感できるわって思いました。同じ歳というのもあるけど、SAKIKAはそんなこと考えているんだって。

──特に共感できた歌詞をあげるとすると?

MIREI:サビの「あれから ずっと 見えない未来を 追い続けてきた」ってところです。当時は私たちも結成したばかりで、まだデビューできるかも決まってなかったし。この歌詞を見たときに、このメンバーで一緒にやりたいなって、SAKIKAもそういうことをちゃんと考えてくれているんだなって。

──NAGISAさんはどうでしたか?

NAGISA:この曲を初めて聴いたときは中学1年生の時で、まだ何も考えられない時期でしたけど、今、SAKIKAが作った時と同じ15歳になって、とても共感しています。特に出だしの「なんとなくだけじゃ生きていけない〜」ってところが私には突き刺さって。自分自身にも励みになったし。

──MINAさんは?

MINA:私は中学2年生のときに初めて聴いたんですけど、正直、その頃は受験の重みとかもわからなくて。でも、SAKIKAが抱えている不安とか悩みとかを聞いたときにジーンときて。特に歌詞の最後の「これから きっと 未来が見えてくる そんな気がするんだ 選ぶべき道はひとつだから」って部分は、ちょっと間があってから転調するんですね。そこがすごい好きで。最初、SAKIKAがアコギ1本でデモを聴かせてくれたんですけど、その時もここでグッときて、涙腺が崩壊しそうになったのを覚えています。この曲と一緒にデビューできるのが嬉しいです。

──この曲は編曲が「GIRLFRIEND」となっていますが、皆さんではどんな意見が出されたのですか?

MIREI:まずはこの曲の歌詞をとくかく伝えたいというのがメンバー共通の意見で。なので、ギター、ベース、ドラムが、ボーカルを引き立たせるような演奏というか、ボーカルを邪魔せずに演奏することを意識しました。意見を出したというよりかは、そういう気持ちでしたね。

──レコーディングまでに相当練習を積んだと思いますが、演奏面やサウンドなど、こだわったポイントをあげるとすると?

SAKIKA:私はこの曲ではアコギを弾いているんですけど、始めのコードを単純なBではなくてB9にしたり、ちょっと悲しくなるような工夫をしました。

──ドラムに関してはいかがですか?

MIREI:実はドラムだけ1年くらい前にレコーディングしていたんですよ。で、その時は縦のノリを踏まえつつ、グルーヴ感も出したくて。ずっと、円の半分くらいを叩く感覚を頭にイメージしてやってました。

──ギターはどうですか?

NAGISA:歌を引き立たせるためにシンプルにミュートで刻んだり、あと、最後の転調する部分は感情を込めて弾きました。

──ギターは何を使ったのですか?

NAGISA:テレキャスターです。

──ベースはいかがですか?

MINA:最初は色々とフレーズを弾いていたんですけど、やっぱり歌詞重視で、ボーカルを支えるような形にしたいなと思って。だから、ルートをシンプルに弾いています。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事


GIRLFRIEND
「15 / Hide & Seek」

発売日:2016年11月23日(水)

 

【CD+DVD】

¥1,800(+税)
AVCD-83737/B

CD
M1:15
M2:Hide & Seek
M3:甘い誘惑

DVD
M1:「15」MUSIC VIDEO
M2:「Hide & Seek」MUSIC VIDEO

【CD】

¥1,200(+税)
AVCD-83738

CD
M1:15
M2:Hide & Seek
M3:甘い誘惑

GIRLFRIEND
(ガールフレンド)

大阪出身の平均年齢16歳の4ピースガールズロックバンド。メンバーはSAKIKA(Vo & Guitar)、MINA(Bass)、NAGISA(Guitar)、MIREI(Drums)。まだバンド結成2年たらずであるが、全員が作詞作曲を手掛け、それぞれが多彩な方向の世界観を表現できるほど日々成長している。ただ若いだけではない、ただ可愛いだけではないそのパフォーマンスも評判を呼び、早くも地元大阪ではBIG CAT がソールドアウトするなどライブの評価も高い。新世代ガールズバンドの旗手として各方面から期待されている。


 

関連する記事

PAGE TOP