大阪出身本格派ガールズバンドが放つデビューシングル!

GIRLFRIEND「15 / Hide & Seek」インタビュー

GIRLFRIEND「15 / Hide & Seek」インタビュー

2016/11/21

 

 



 
──では、次は2曲目の「Hide & Seek」についてお聞きします。この曲はアニメ「双星の陰陽師(そうせいのおんみょうじ)」のエンディングテーマにも決定しているということですが、アニメのタイアップが決まってから作った曲なのですか?

SAKIKA:いえ、タイアップのお話をいただいて歌詞を書き下ろさせていただきました、曲自体はもともとあったものです。歌詞は今年の3月くらいに作りました。

──では、曲があって、それに歌詞を付けた感じなのですか?

SAKIKA:そうです。

──そもそも、この曲はどのように生まれたのですか?

MIREI:この曲を作る前までは、例えば、ベースのソロとか、ドラムのフィルとか、あんまり暴れるようなものがなくて。とりあえずそういう曲を作ろうってことになったんです。だから、「これ入れたい! あれ入れたい!」というのが、ガチャンとなって出来たというか。

──では、作詞の段階ではどんなことを意識したんですか?

SAKIKA:ロックな曲なので、サビとかも繰り返しますし。どっか、覚えやすい歌詞を入れたいなと思ってて。で、「夢に向かって頑張って行きたい」という歌詞にしようと決めて。タイトルの「Hide & Seek」は「かくれんぼ」っていう意味なんですけど、表と裏という意味もかけていて、やっぱり夢を追いかけるのは、楽しいことだけではなく、つらいこともあるだろうし。そういった表と裏を4人で一緒に乗り越えられたらいいなと思って作りました。

──具体的にいうと、歌詞のどの辺りから思い付いたのですか?

SAKIKA:サビですね。聴いた後にパッと口ずさめるようなものを意識していました。

──「Hide & Seek」というタイトルはいつ決めたのですか?

SAKIKA:Bメロを思い付いた時です。

──メンバーの皆さんは、この歌詞を見たときの印象はどうでしたか?

MIREI:ちょっと日本語難しいなって(笑)。

MINA:賢くないと、こんなの書かれへんね。

MIREI:でも聴いていて楽しかったよね。

NAGISA:そうそう。

MINA:私は「ユラユラユラ揺れている」とか、そういう言葉遊び的な感じも面白かったです。

──この曲は「双星の陰陽師」のエンディングテーマとして、すでに放送されているんですよね。アニメはテレビで観ましたか?

全員:観ました!

──どうでしたか?

全員:テンション上がりまくりで! 鳥肌ボーンで!(笑)

MIREI:音量めっちゃ上げましたね。

──アニメを観て皆さんのことを知る人もいると思いますが、どんな風にこの曲を聴いてもらいたいですか?

SAKIKA:「双星の陰陽師」も2人で頑張って、ケガレを消して行くストーリーだと思うんですね。1人じゃないっていう部分は、私たちともかぶる部分があると思うので、そういう部分を少しでも感じてもらえればうれしいですね。

MIREI:思春期の時って、いじめとか色々あるじゃないですか。でも、1人じゃなくて、ともに頑張って行くというか、「この曲を聴いたら私は頑張れる!」って思ってもらえる曲になれたらいいなと思っています。

NAGISA:そうですね。私も「ここ最近調子悪いな」とか、「ちょっと悩んでいる」とか。そういうときにこの曲を聴いて、ノリノリでリフレッシュしてもらいたいです。

MINA:私は小2の頃からずっとアニメの主題歌をやりたいって夢があって。それがデビューと同時に叶ったことがすごくうれしくて。私もアニメが大好きで、エンディングテーマがいいと自然と涙が出て来たりすることも多いし。だから、そんなアニメが好きな人にもいいなって思って頂けるような曲になれたらいいなと思います。
 
次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事


GIRLFRIEND
「15 / Hide & Seek」

発売日:2016年11月23日(水)

 

【CD+DVD】

¥1,800(+税)
AVCD-83737/B

CD
M1:15
M2:Hide & Seek
M3:甘い誘惑

DVD
M1:「15」MUSIC VIDEO
M2:「Hide & Seek」MUSIC VIDEO

【CD】

¥1,200(+税)
AVCD-83738

CD
M1:15
M2:Hide & Seek
M3:甘い誘惑

GIRLFRIEND
(ガールフレンド)

大阪出身の平均年齢16歳の4ピースガールズロックバンド。メンバーはSAKIKA(Vo & Guitar)、MINA(Bass)、NAGISA(Guitar)、MIREI(Drums)。まだバンド結成2年たらずであるが、全員が作詞作曲を手掛け、それぞれが多彩な方向の世界観を表現できるほど日々成長している。ただ若いだけではない、ただ可愛いだけではないそのパフォーマンスも評判を呼び、早くも地元大阪ではBIG CAT がソールドアウトするなどライブの評価も高い。新世代ガールズバンドの旗手として各方面から期待されている。


 

関連する記事

PAGE TOP