伝説のキーボードを「再発明」。17種類の鍵盤楽器をパッケージしたソフト音源!

コルグ、ARTURIA「Collection 5」をリリース!

コルグ、ARTURIA「Collection 5」をリリース!

2016/12/16


コルグからARTURIA「V Collection 5」がリリースされた(2016年12月下旬発売)。「V Collection 5」は、60年前からわずか6分前まで、あらゆる時代の数々のヒット曲の影で活躍した伝説的キーボードのすべてが揃うコレクションだ。

ARTURIAの定評あるモデリング技術により、各キーボードのオリジナル回路やパーツの挙動を忠実に再現し、サンプリングでは不可能な方法で各楽器のソウルを引き出せる他、それぞれのオリジナル楽器の開発者ですら考えなかった大きな飛躍、例えば、永遠の定番モノシンセをポリフォニック化するなどの機能面の強化も実現。5,000 種類にも及ぶプロのサウンド・デザイナーによる音色プリセット、付属のAnalog Lab 2 によりパワフルな各インストゥルメントを簡単に集中管理でき、レコーディングやライブで必要な音色をすぐに選び出すことができる。価格は¥72,000(税抜き)。
 

「V Collection 5」の主な特徴

・17種類のソフトウェアをパッケージ
・各バーチャルインストゥルメントともスタンドアローン動作、またはVST、AU、AAX の各プラグインフォーマットで動作可能
・大型ディスプレイ対応の高分解能グラフィックインターフェイス
・簡単操作のMIDI マッピング機能であらゆるキーボードコントローラーを使用可能
・Analog Lab 2:V Collection 5 の全プリセットのブラウスとエディットを1つのインターフェイスで実行可能
・ARTURIA 独自のTAE®テクノロジーで各インストゥルメントのサウンドや挙動をオリジナル通りに再現

 

新たに搭載された音源について

【B-3 V】
エレクトリックオルガンの王者、電磁石の原理によるトーンホイールが生み出すサウンドは、
後代に登場したトランジスターオルガンでは味わえないパワフルなもの。Arturiaバージョン
では、ロータリースピーカーも含めて忠実に再現した上で、動きのある音色変化を作り出せ
るドローバーモジュレーションなどの機能強化をしている。

【Farfisa V】
ハモンドよりもライトウェイトで、VOX よりもヌケの良いサウンド。Arturiaバージョンでは
ユーザー設定が可能な波形や、トレモロ/リピートスピードのテンポ同期、より多くのエンベ
ロープコントロールや内蔵エフェクトを追加している。

【Piano V】
Piano V には9 フィートコンサートグランドからレコーディングスタジオのアップライ
ト、さらには奇抜なデザインのものまで、9種類のワールドクラスのピアノを内蔵。Arturia 独
自のモデリングテクノロジーにより、弦、ハンマー、響板、マイク・ポジションなど、サウ
ンドだけでなく発音機構も精緻に再現している。

【Stage-73 V】
丸みのある音色、長いサステインで1960年代、70年代に大活躍したトーンバー方式によるエ
レキピアノ。Arturia バージョンではStage 73とSuitcase 73それぞれのトーンバー、
ピックアップ、回路を忠実に再現し、さらにチューブアンプモデルと定番エフェクトを追
加し、あらゆるタイプのトーンバーエレピサウンドに対応している。

【Synclavier V】
Synclavier V は、1980 年代の映画音楽や大ヒット曲で使用されたデジタルシンセサイザー
の最高峰モデルを忠実に再現し、さらに機能を強化。オリジナルの開発者である
Cameron Jones 氏を招聘し、かつてないほどの高い忠実度で再現している。

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP