Die(DIR EN GREY)と樫山 圭(MOON CHILD)によるユニット

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

2016/12/31

 

──DIR EN GREYではギタリストとして活動してきたDieさんが、ボーカルをやるというのはどのように決められたのでしょうか?

樫山:まず、曲作りとプリプロを兼ねて「合宿しようぜ。一週間ぐらい山奥にこもるぞ」と。スタジオの倉庫みたいなところで寝泊まりして、周りに「大丈夫ですか?」って心配されながら(笑)。俺はスタジオのコントロールルームで毛布かぶって寝てました。ホンマに修行みたいな状態でスタジオこもって。その時はTHE NOVEMBERSの小林君がメインボーカル、Dieがギターっていうイメージだったんですけど、曲作ってプリプロしたらイメージしていたものにハマらずで。それで、どうしようかと酒を飲みながら話していた時に、朝方「Dieくん歌えへん? 二人で歌えばハマんのちゃう?」って。

Die:そうでしたね。

樫山:その後、色々イメージを朝まで考えて、Dieくんに「こんなんどう?」って言ってみたら、すぐにスタジオ入って歌ってました。本人から「これはキー高いから下げようか」すぐに指示も出てましたね(笑)。

──Dieさんは歌うということに抵抗は?

Die:もうそんな抵抗とか言うてる場合じゃなくて。ライブが決まっていたし。

──なるほど。

Die:そのためには音を作って、実現していかなアカんトコだったんで、考える余裕も無くて「とりあえずやるしかない!」と。そして「どうやってDECAYSをDECAYSとして見せられるか」を考えていました。なので “万を持して” とかじゃなくて。

樫山:突然。「歌った方がええよ」って(笑)。もう、絵面やもんな?

Die:そうですね。

樫山:二人共身長があるから。

──確かに、Dieさんと小林さんは身長大きいですよね。

樫山:「この二人がギター持って歌ってたら、メッチャ威圧感あるしカッコええやん」って。

Die:最初はそれだけでしたもんね(笑)。

樫山:「絵面は絶対勝てる!」って言うてな。

Die:僕も「なるほど!」って言いました(笑)。

──今回は、新たなメンバー構成ですが、どのようにして決められたのでしょうか?

樫山:まず小林君のスケジュールが合わなくなってしまったんです。それでDieくんと「どうする?」言うてて。で、まぁ知り合いのプロデューサーに「誰か良い人いないですか?」って相談していたんです。それで色々な候補がいたんですけど、そのプロデューサー的に「(中村)中がハマるような気がする」って言われて。最初Dieくんに「どう思う?」って相談して。それで中と一回会ったんかな?

Die:はい、一回会いましたね。

樫山:まぁ話をしてみたら真面目な感じで「一生懸命やる人なんかな?」という印象で。それで「一回やってみようか」と。

── 一緒にスタジオで合わせてから決めようと?

Die:いや、スタジオに入って音を出して、ではなく。その場で。

樫山:「はい、あなたに決定!」というノリでした。

Die:早速「曲覚えてきてね」って(笑)。

樫山:リハ4回やってツアーやりました。

──スゴい!

樫山:最初のライブで “バチーン!” とハマってね。その時、観てたスタッフには、僕らが今回のアー写のようにDieが魔王で、中が女王というイメージが見えたそうなんです。

──なるほど。

樫山:それから4月にやったツアー初日の名古屋で、はっきりとしたDECAYSのイメージが見えて。次に大阪やって、東京へ戻ってきた時には「デビューする?」という話も出たり。それから話が進んで8月のライブで今回のアルバムリリースすることを発表して。 
次のページ »

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

1stアルバム
『Baby who wanders』


 

初回生産限定盤A
【CD+DVD】

¥4,000(税込)
MUCD-8082/3


 

初回生産限定盤B
【CD+Blu-ray】

三方背ケース入り/ 64P フォトブックレット付き
¥6,000(税込)
MUCD-8084/5


 

通常盤
【CD】

¥3,000(税込)
MUCD-1369

[CD]
01.Aesthetics of the transgression
02.Zero Paradise
03.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>
04.Drifting litter
05.Where are you going?
06.Vagabond
07.Imprisonment Leaving
08.シークレットモード
09.HELLO!NEW I
10.Eve
11.Rana
12.D/D
13.綺麗な指

[DVD、Blu-ray]
01.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>

LIVE情報

DECAYS LIVE TOUR 2016-2017
Baby who wanders

2017年1月4日(水)東京・赤坂BLITZ
Open17:00 / Start18:00
チケット料金:¥5,400(tax in)+別途 1drink必要

【メンバー編成】
Vocal & Guitar Die
Drums 樫山 圭
Vocal & Guitar 中村 中
Violin Ayasa
Bass 寺沢 リョータ
☆ チドニー
Vocal & Guitar 小林 祐介(※赤坂BLITZ公演のみ)

DECAYS(ディケイズ)

DIR EN GREYのDie(Guitar)と音楽プロデューサーでありMOON CHILDのメンバーでもある樫山 圭(Drums)を中心としたユニット。(2015年7月に始動)
現在、中村 中(Vocal & Guitar)、Ayasa(Violin)、寺沢 リョータ(Bass)、チドニー(☆)を加えた6人編成。
各メンバーがそれぞれのフィールドで活躍しており、DECAYSに集合する事により化学反応を起こし新たなサウンドが誕生する。
デジタルロックなサウンドと90'sを思わせるキャッチーなメロディーを、Dieと中村 中のツインヴォーカルが妖艶な楽曲に変化させていく。

 

関連する記事

PAGE TOP