Die(DIR EN GREY)と樫山 圭(MOON CHILD)によるユニット

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

2016/12/31

 

──では、曲作りについてお聞きします。DECAYSではクレジットがすべて「DECAYS」となっていますが、どのように曲作りを行なっているのでしょうか?

Die:基本は自分と樫山さんで作っています。直接会うことはなく、デスクトップ上でデータのやり取りをしていました。送られてきたデータに対して、自分がギターを乗せたりアレンジを加えたり。

樫山:俺は大体のメロディや曲のイメージがが思いついたらトラックを作って。それをチドニーに投げてさらにトラックを作って、Dieくんに送っています。

Die:そう、ギターやボーカルを差し替えたり。

──骨組みとなる部分は基本的に樫山さんが作られているのですか?

樫山:全然そういうことはなくて、曲によります。俺は今作のバラードの様な妖艶な空気感を作るのは苦手なので、それはDie君が主導で進めてる。その代わりに「じゃあ俺歌詞書くわ」みたいな。

──3曲目の「愛と哀を遺さず... <Baby who wanders Ver.>」はどのように?

樫山:DECAYSは基本メロディが先です。<Baby who wanders Ver.>となっていますが、原曲は前作のUSB音源に収録していて。そっちは小林君がボーカルをやっています。

──パートはどこから作られたのでしょうか?

樫山:大体テーマを作るんです。『七つの大罪』というアニメがあるんですけど、それを見た時に「このアニメのオープニング曲はこんな感じやな!」って勝手にタイアップを決めているんです(笑)。なので映像を見てイメージして作って、「アニメのタイアップやから、サビ始まりやろ」と。

──Dieさんが初めてデモを聴いた時の印象は?

Die:まずやっぱり、サビのキャッチーさだったりが引っかかり強くて。「サビが押しだな」と感じました。そう思いつつ、デモが上がってくる時はいつもポップなので、明るさが10あるとしたら、そこを俺がいかに7.5ぐらいまで下げるかを考えたり。これは今回のアルバム全体を通して言えることです。

──絶妙なバランスを作り上げているのですね。

Die:そうですね。お互いの感覚のところで、どこへ落とし込むかを重要視しているので。

樫山:中の暗さとの擦り合わせというかバランスは一番大変やったな(笑)。Dieくんと二人で一番話し合ったし。

Die:やっぱ昭和歌謡のイメージがあるので。重たいマイナーなニュアンスで持ってくるので、それをいかにコントロールするかが苦労しました。

──どなたが歌詞を?

樫山:これは僕が書きましたね。綺麗な感じが伝えられるように、ということを心掛けたんですけど、実は中身がドロドロの話なんです(笑)。詳しくは教えられませんが、かなりギリギリの内容です。

──では、5曲目の「Where are you going?」は歌詞とメロディのどちらから?

樫山:これは何となくで作った歌詞とイメージが先にあって。イメージした場所は歌舞伎町で。引きこもりの女の子が携帯で情報を見ていて、外に出ようかなと考えていて、最後にはその子が堕ちていくという。超バッドエンディングな曲です。

──やはり、サビパートの「Where are you going?」が一番最初にできていたのですか?

樫山:はい、そこの映像イメージが頭にあって。でもライブでは乗っている感じにしたくて。「どうしようか?」と悩んで何度もボツになって完成した曲です。

Die:この曲はすでにライブでやっていて。その時は、自分と小林君でリズミカルなカッティングを掛け合いでしていて。でも「これで良いのかな」と思ったり。ちゃんと音源に残すとしたら「何かカッティングで跳ねるとハッピー感が出てしまうな」というのをレコーディングでずっと悩んで。最後の最後にあの感じができたんです。まったくカッティングなし、という。

樫山:あれでガラッと変わったよな(笑)。それでこのアルバムの推し曲にまでになったわけやし。
次のページ »

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

1stアルバム
『Baby who wanders』


 

初回生産限定盤A
【CD+DVD】

¥4,000(税込)
MUCD-8082/3


 

初回生産限定盤B
【CD+Blu-ray】

三方背ケース入り/ 64P フォトブックレット付き
¥6,000(税込)
MUCD-8084/5


 

通常盤
【CD】

¥3,000(税込)
MUCD-1369

[CD]
01.Aesthetics of the transgression
02.Zero Paradise
03.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>
04.Drifting litter
05.Where are you going?
06.Vagabond
07.Imprisonment Leaving
08.シークレットモード
09.HELLO!NEW I
10.Eve
11.Rana
12.D/D
13.綺麗な指

[DVD、Blu-ray]
01.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>

LIVE情報

DECAYS LIVE TOUR 2016-2017
Baby who wanders

2017年1月4日(水)東京・赤坂BLITZ
Open17:00 / Start18:00
チケット料金:¥5,400(tax in)+別途 1drink必要

【メンバー編成】
Vocal & Guitar Die
Drums 樫山 圭
Vocal & Guitar 中村 中
Violin Ayasa
Bass 寺沢 リョータ
☆ チドニー
Vocal & Guitar 小林 祐介(※赤坂BLITZ公演のみ)

DECAYS(ディケイズ)

DIR EN GREYのDie(Guitar)と音楽プロデューサーでありMOON CHILDのメンバーでもある樫山 圭(Drums)を中心としたユニット。(2015年7月に始動)
現在、中村 中(Vocal & Guitar)、Ayasa(Violin)、寺沢 リョータ(Bass)、チドニー(☆)を加えた6人編成。
各メンバーがそれぞれのフィールドで活躍しており、DECAYSに集合する事により化学反応を起こし新たなサウンドが誕生する。
デジタルロックなサウンドと90'sを思わせるキャッチーなメロディーを、Dieと中村 中のツインヴォーカルが妖艶な楽曲に変化させていく。

 

関連する記事

PAGE TOP