Die(DIR EN GREY)と樫山 圭(MOON CHILD)によるユニット

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

2016/12/31

 

──その他に今回のレコーディングで苦労したことは何かありますか?

Die:全体的に言えることなのですが、バイオリンの置く位置ですね。

樫山:大変やったね。

Die:最初はアレンジも曲自体も賑やかになるかな、と単純に甘く見ていた部分があって。いざ聴いてみると、すべてバイオリンの楽曲になってしまっていて。

──ギターの音が埋もれてしまう可能性がありますよね。

Die:そうなんです。一番生き生きしている音なんで。

樫山:音域的にはギターのさらに上で、ボーカルも食って。

Die:そうそう。なので、バイオリンにエフェクトを掛けたりだとか。

──確かにリバーブが掛かっていたりと多彩なサウンドメイクをされていますね。

Die:曲によってだいぶ閉じ込め方が違うので。パンニングも変えたり。

樫山:大体「じゃあ今回のアルバムでバイオリンを使いましょう」ってなったら1〜2曲でしょ。それだと負けな気もするしな、と。

Die:いかに生かしつつ、曲の中で競争させるかという。そしてバイオリンという楽器を新たな楽器として魅せたかったので、一曲一曲悩みながらミックス作業をしました。

──すべての楽器がそれぞれはっきりと主張している印象を受けました。

樫山:Dieくんや中の縦ラインをまず抜いてもらったよね。歌モノなので、そこに何もこないようにした分離感というか。それと「ギターは振り切れ!」って(笑)。今回マスタリングは、Tom Coyne (STERLING SOUND)という人に手掛けてもらったんですけど、ガチで振り切ってきたもんね。

──Ne-Yo、Beyonce、Kanye West、Prodigyなど数多くの楽曲を手掛けた方だそうですね。

樫山:そうなんです。実は彼がなぜか2パターン作ってきてくれて。

Die:大御所の方なので、本当は別料金掛かるんですけどね(笑)。

樫山:「悩むやん!」って。

Die:うれしい悩みでした。

樫山:バッと完全に振り切ったものと、ちょっとロック寄りに仕上げてたのとがありました。やっぱり振り切った方がDECAYSらしい、オシャレなディスコ感が出ていて、そっちを選びましたけど。

Die:ホンマに彼には大きな仕事をしてもらいました。

──それでは最後に、改めて本作の聴きどころを含めてファンの方へのメッセージをお願いします。

樫山:今作は、DECAYSをスタートして1年半ぐらい経つんですけど、さまよいながら進んできて、まぁ集大成なところもあるんです。今回のアルバムはアー写を含めて、今のDECAYSがわかるんじゃないかと思うので聴き込んでもらえるとうれしいです。それとDie君の歌もかなりクオリティがアップして、ギターとのマッチングも上手く出来ているし。色々な部分を楽しんでもらえればと思います。

Die:樫山さんとDECAYSを始めて、漠然と描いていたイメージがあったにせよ、メンバーが変わることによって方向性も変わってきたわけです。そして、4月に中とAyasaが加入して、今のDECAYSが見えてきて。そこにどうやって突き進んでいくかを試行錯誤して出来上がったのが今回のアルバムで、樫山さんと描いていた理想に持って行けたという自信があります。まぁ音源が出た以上、しっかりとライブでもそれ以上のクオリティを見せていかないとなと。また、ライブになると見え方も変化してくると思うので、その辺りも楽しみにしていてください!

Twitterフォロー&リツイートでDECAYSサイン入りポスターをプレゼント

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイートをリツイートすると、抽選で2名様にDECAYSサイン入りポスターをプレゼント!



■応募期間
2016年12月31日〜2017年1月14日まで
(※終了しました)

■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウント、引用リツイート(冒頭にRTをつけるツイート)は対象外
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください

提供:ドリーミュージック・  

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

1stアルバム
『Baby who wanders』


 

初回生産限定盤A
【CD+DVD】

¥4,000(税込)
MUCD-8082/3


 

初回生産限定盤B
【CD+Blu-ray】

三方背ケース入り/ 64P フォトブックレット付き
¥6,000(税込)
MUCD-8084/5


 

通常盤
【CD】

¥3,000(税込)
MUCD-1369

[CD]
01.Aesthetics of the transgression
02.Zero Paradise
03.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>
04.Drifting litter
05.Where are you going?
06.Vagabond
07.Imprisonment Leaving
08.シークレットモード
09.HELLO!NEW I
10.Eve
11.Rana
12.D/D
13.綺麗な指

[DVD、Blu-ray]
01.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>

LIVE情報

DECAYS LIVE TOUR 2016-2017
Baby who wanders

2017年1月4日(水)東京・赤坂BLITZ
Open17:00 / Start18:00
チケット料金:¥5,400(tax in)+別途 1drink必要

【メンバー編成】
Vocal & Guitar Die
Drums 樫山 圭
Vocal & Guitar 中村 中
Violin Ayasa
Bass 寺沢 リョータ
☆ チドニー
Vocal & Guitar 小林 祐介(※赤坂BLITZ公演のみ)

DECAYS(ディケイズ)

DIR EN GREYのDie(Guitar)と音楽プロデューサーでありMOON CHILDのメンバーでもある樫山 圭(Drums)を中心としたユニット。(2015年7月に始動)
現在、中村 中(Vocal & Guitar)、Ayasa(Violin)、寺沢 リョータ(Bass)、チドニー(☆)を加えた6人編成。
各メンバーがそれぞれのフィールドで活躍しており、DECAYSに集合する事により化学反応を起こし新たなサウンドが誕生する。
デジタルロックなサウンドと90'sを思わせるキャッチーなメロディーを、Dieと中村 中のツインヴォーカルが妖艶な楽曲に変化させていく。

 

関連する記事

PAGE TOP