フィンランドの世界的スピーカーメーカー

GENELEC、全世界総出荷台数100万台を達成!

GENELEC、全世界総出荷台数100万台を達成!

2017/01/08


フィンランドの世界的スピーカーメーカーGENELEC社が、2016年1 月出荷分の製品をもって創立以来の全世界総出荷台数が100 万台を突破したことを発表した。

/

100万台目のスピーカーを制作する様子

100万台目のプロダクトはGENELECオリジナルの中高域同軸ユニット、革新的なダブル・ウーファーを搭載した「8351A」だったという。GENELEC社は創業より38年。1978年にリボン・ツィーターを搭載したアクティブ・3 ウェイ・ニアフィールド・モニタリング・システム「S30」の発売を開始して以来、ニアフィールド・モニターの「1034」、「1036」に代表されるメイン・モニタリング・システムと数多くのレコーディング・スタジオ/ブロードキャストの現場に製品が採用され続けている。近年はその経験を基に設備、ホーム・オーディオの分野へも進出しているほか、多くのミュージシャンやエンジニアのホーム・スタジオ用モニタリング・システム/デスクトップ・モニターとしても選ばれており、アクティブ・スピーカーの総合メーカーとして歩んでいる。

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP