進化したMade in USAの中心を担う新シリーズ

フェンダーミュージック、2017年のブランドアイコンモデル「AMERICAN PROFESSIONAL SERIES」を発表

フェンダーミュージック、2017年のブランドアイコンモデル「AMERICAN PROFESSIONAL SERIES」を発表

2017/01/10


フェンダーミュージックから2017年ブランドアイコンモデルとなる「AMERICAN PROFESSIONAL SERIES」が発表された。

本製品はSTRATOCASTER®、TELECASTER®などの定番製品に加え、JAGUAR®やJAZZMASTER®を含めた16モデル、新色3色を含めた11色のカラー 、計92製品という幅広いモデルをラインナップ。アメリカ合衆国カリフォルニア州アナハイムにて開催される「NAMM SHOW 2017」(2017年1月19日~※現地時間)において大々的に展示、紹介される予定となっている。

「AMERICAN PROFESSIONAL SERIES」は次世代を担うアーティストのために開発され、70年という長い歴史において常にトップブランドであり続けたフェンダーの知識や技術、経験のすべてが注ぎ込まれた製品。様々な特徴と豊かなサウンドがアップデートされている。

エレクトリックギター、ベースの開発担当最高責任者であるジャスティン・ノーベルは「私たちは多くのアーティストと、その表現の多様性により進化してきました。」とコメント。さらに「誰もが不可能だと考える方法で、アーティストの表現の限界を押し広げるようなギアを彼らに届けること。それが私たちの目指すべきゴールです。本シリーズは、まさに伝説のフェンダーデザインによる完璧なクオリティと卓越した職人技から生まれた、そのゴールを現実のものとする製品です。」とも語った。

なお、「AMERICAN PROFESSIONAL SERIES」はすでに多くのジャンルのトップアーティスト達にも使用されている。例えば、シンガーでプロデューサーのタイ・ダラー・サイン、ロックの殿堂入りを成し遂げたガンズ・アンド・ローゼスのダフ・マッケイガン、ラッパーでプロデューサーのマック・ミラー、マルチな楽器奏者にしてシンガーソングライター、そしてジョージ・ハリスンの長男でもあるダーニ・ハリスンなどが挙げられる。

/FENDER AMERICAN PROFESSIONALを弾くダフ・マッケイガン
/FENDER AMERICAN PROFESSIONALを弾くダーニ・ハリスン
ハンドクラフトで丁寧に作られたUSA製のAMERICAN PROFESSIONAL は、プロフェッショナルによる、プロフェッショナルのための製品。ラインナップには新しくなったSTRATOCASTER®、TELECASTER®、PRECISION BASS®、JAZZ BASS®、さらに、TELE® DELUXE、JAGUAR®、JAZZMASTER®も新たに加わっている。

主な特徴として、ビンテージの質感を残しながら各弦の音抜けやトーンをチューンアップしたV-Modピックアップ、ハムバッカーの匠であるTim Shawが開発した最新ピックアップ、アーティスト達の声から生まれた新しいネックシェイプ「Deep C」、幅広いサウンド表現を可能にする新しいサーキットシステム、軽くて丈夫な付属ハードケース、本物の牛骨ナット、容易なチョーキングを可能にするナロートールフレットなどが挙げられる。また、カラー展開は定番色の他、クラシックカーを思わせるSonic GrayとAntique Olive、波打ち際にきらめく碧のようなMystic Seafoamを採用。

価格は¥200,000~¥220,000(税抜)。詳しくはこちらをチェック。

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP