大回顧展『DAVID BOWIE is』の日本展も寺田倉庫G1ビルにて絶賛開催中

デヴィッド・ボウイ、最新アルバム『ラザルス』より「ノー・プラン」のMVを公開!

デヴィッド・ボウイ、最新アルバム『ラザルス』より「ノー・プラン」のMVを公開!

2017/01/12


デヴィッド・ボウイが昨年10月にリリースした2枚組アルバム『ラザルス』より、「ノー・プラン」のMV公開された。

同曲は、彼が生前最後にスタジオで録音した楽曲の内の1つで、ボウイと劇作家エンダ・ウォルシュによって書かれた舞台『ラザルス』の中でも印象的にキャストによって歌唱されているが、今回公開されたMVはボウイ本人によるバージョンを使用している。

映像は『ナッシング・ハズ・チェンジド』に収録されていた「スー(オア・イン・ア・シーズン・オブ・クライム)」を手掛けたトム・ヒングストンによるもので、ボウイが存命であれば70回目の誕生日でもある1月8日にサプライズ公開となり、24時間の内に50万回再生された。また、同曲は米Rolling Stoneのサイトでも発表されている"Best 50 Songs of 2016"でも4位にランクインし、『ボウイの偉業を称えた最終章・・・彼という宇宙から発信された最後のメッセージとなる一曲だ』と評されている。

リリース情報

CD盤『ラザルス』DISC2に収録されている、『★(Blackstar)』と同じくダニー・マッキャスリン率いるカルテットと共にレコーディングされた「ノー・プラン」に「キリング・ア・リトル・タイム」、「ホエン・アイ・メット・ユー」、「ラザルス」を加えた計4曲が収録されたEP『No Plan-EP』が現在デジタル配信中。

昨年の1月8日に発売されたアルバム『★(Blackstar)』は、アメリカ、イギリスをはじめとした20カ国以上の国でチャート1位を獲得。2016年のNewsweek、MOJO、Q Magazineなどの各メディアで年間アルバムの1位に推薦されたほか、今年の2月12日(日本時間13日)にロサンゼルスのステイプルズ・センターにて開催される第59回グラミー賞授賞式でもアルバム『★(Blackstar)』およびその収録曲が、"Best Rock Performance"、"Best Rock Song"、"Best Alternative Music Album"など計5部門に渡ってノミネートされている。

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP