結生とテツを直撃!

MERRY「傘と雨」インタビュー

MERRY「傘と雨」インタビュー

2017/02/17

 

──続いて、自宅の制作環境についてお聞きします。先ほど結生さんはProToolsを使われているということでしたが、テツさんは?

テツ:MERRYの作曲陣はみんなProToolsです。

結生:一緒にしておくことでやり取りがしやすいので。でも、ProToolsは、ある程度できた曲を仕上げるためのツールとしていて、最近はGarageBandを使いっているんです。頭で曲のアイディアが思い付いたら、すぐメモを取るためというか。曲の下書きみたいなものをしておくのがGarageBandで。デモのデモのデモぐらいのものを作って、そこからある程度見えてきたら、ProToolsで仕上げています。最近のGarageBandには「ドラマー」という機能があって、それがスゴいんですよ!

──どのような機能なのでしょうか?

結生:テンポを設定するだけで色々なビートを作ってくれるんです。正直、ドラムの打ち込みはしますけど、実際にドラムが叩ける人に比べたら知識が弱いんです。「もっと上手くなりたい、ドラム叩けるようにならなきゃダメかな」と思ってたところだったので、良いキッカケになりました。

──スピーカーは何を?

結生:あんまりこだわりがないんですけど、M-AUDIOの「AV30」を使っています。もう5年ぐらいかな。

テツ:俺はずっとYAMAHAの「MSP3」を使っているんですけど、スピーカーよりもスタンドにこだわっているんです。あとはインシュレーターも。角度によっては同じものでも音の聴こえ方が全然違うし、低音が減ったり増えたりもするし。やっぱり耳の高さに合わせたいんですよ。背がデカいから下の方に置いて聴いてしまうと、ちゃんと音が飛び込んでいないというか。

──ヘッドホンなども使われていますか?

結生:俺はShureの「SRH440」です。これもそんなにこだわりがないし、ヘッドホンはほぼ使っていないんです。着けるのは最後のローの整理だけですね。それになるべくデカい音で聴きたいので基本はスピーカーのみです。

テツ:BOSEのノイズキャンセリングのモデルを使っています。エアコンが点いていようが、外がうるさかろうが全然関係なく音をチェックできるので重宝しています。長時間使うので耳の圧迫感とかも気にしていて、ここに行き着くまでに色々なモデルを試しました。

──今後、宅録環境に取り入れてみたいと思っている機材はありますか?

結生:ギターのプラグインですね。最近、デモ作りでも、コンパクトの歪みからプラグインのアンプに繋ぐというやり方をしていて、Native Instrumentsの「Guitar Rig」を使っているんです。ずっと使っているので「いつも同じ音だとな」と。もう少し充実させなきゃなと思っています。あ、あと宅録用のベースが欲しいですね。今はFender Japanのプレべを使っているんですが、もっと良いベースにしたいなと。

テツ:そうなると俺はハムバッカーのギターが欲しいですね。あとはマスタリングのプラグインで面白いのがないかな、と探しているとこです。

結生:MERRYのギター2人がハムバッカーなのにシングルで作るの難しいよね(笑)。

──それでは改めて本作の聴きどころを教えてください。

結生:今回は歌詞先行だった分、そっちを一番に届けようと、それを利用してイントロで “ダーン!” と暴れて歌だけになるというメリハリをつけのでそこを聴いて欲しいなと。だからギターソロは音がデカかったり。単純なことなのかもしれないですけど、MERRYらしくて分かりやすい曲だと思います。自分達の中では歌モノなんですけど、ノリがある感じなのでライブでもノリを出せればと。

テツ:これぞMERRYだという曲なので、「この曲聴いてもらえたら間違いないよ」と自信を持って言えます。

──最後に現在開催中のツアー、そして5月5日の日比谷野外音楽堂でのワンマンライブに向けて意気込みをお願いします。

結生:面白い企画が盛り込まれているんですけど、「傘と雨」リリースという部分もあるので、シングル曲をどこまで魅せられるかというところで、リハでも色々工夫をしています。今確実に言えるのは、絶対に満足できるスゴい楽しいライブになると思います。

テツ:2013年、ガラが手術をして戻ってきたかと思ったら、数ヶ月後に自分のケガがあったりと満身創痍のMERRYだったんですけど、去年本当に良いライブをやって自信もついています。前回の野音よりももっと良いものをみんなで見たいですね。ぜひ集まっていください。

Twitterフォロー&リツイートでMERRYサイン入りポスターをプレゼント

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイートをリツイートすると、抽選で2名様にMERRYサイン入りポスターをプレゼント!



■応募期間
2017年2月17日〜2017年3月3日まで

■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウント、引用リツイート(冒頭にRTをつけるツイート)は対象外
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください

提供:FIREWALL DIV.

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

「傘と雨」
 

初回生産限定盤A
(CD+DVD)

¥2,315+税
SFCD-0203〜204

[CD]
1. 傘と雨
2. 傘と雨-Acoustic version-

[DVD]
<ライブ映像>
Merry Halloween Party 〜Trick or MERRY〜
2016.10.29 クリエイティブセンター大阪

1. イエローガール*
2. 赤い靴*
3. バイオレットハレンチ*
4. ビニ本2丁目八千代館
5. 絶望
6. Carnival
7. 千代田線デモクラシー
8. 平日の女-A面-

OFFSHOT
*O.A. スーパーメリーズ

初回生産限定盤B
(CD+DVD)

¥1,800(+税)
SFCD-0205~206

[CD]
1. 傘と雨
2. 傘と雨-Acoustic version-

[DVD]
傘と雨(MUSIC VIDEO)
MAKING OF 傘と雨

通常盤
(CD)

¥1,204(+税)
SFCD-0207

[CD]
1. 傘と雨
2. Happy life -幸福論Acoustic version-
3. Zombie Paradise ~地獄DISCO mix〜

ライブ情報

『MANY MERRY-HOLIC』

2/24(金)
・ONLINE Limited
【東京都】HOLIDAY SHINJUKU
19:00/19:30

2/26(日)
・Morning Live
【東京都】HOLIDAY SHINJUKU
7:30/8:00


2/26(日)
・CORE Limited
【東京都】HOLIDAY SHINJUKU
18:00/18:30

主催イベント
「三月に咲く愚鈍共による錆びたハサミと戒厳令の雨あられ三輪車の花園にて、許しておくんなはれや」

・2017年3月17日(金)
会場:大阪味園ユニバース
ゲスト:sukekiyo / 犬神サアカス團
開場 / 開演:18:00 / 18:30

・2017年3月18日(土)
会場:名古屋ボトムライン
ゲスト:sukekiyo / メトロノーム
開場 / 開演:18:00 / 18:30

・2017年3月21日(火)
会場:東京新宿ReNY
ゲスト:sukekiyo / メトロノーム
開場 / 開演:18:00 / 18:30

『Tokyo Spring 日比谷デモクラティック 〜羊達の主張〜』
・2017年5月5日(金・祝)
東京:日比谷野外大音楽堂
OPEN16:00 / START17:00

MERRY(メリー)

形容不能な真のミクスチャー。ヘヴィロックから歌謡曲に至るまでのすべてを呑み込みながら、万華鏡のようにさまざまな音世界を構築してきたMERRYは、パンキッシュな刺激とノスタルジックな哀愁とを同時に堪能させてくれるライブバンドでもある。これまで、誰もがこのバンドについて述べるときにたくさんの形容詞を並べ、シンプルに言い当てることができずにいたのは、彼らが最初から規格外の存在だったからに他ならない。

ガラ(vo)、結生(g)、健一(g)、テツ(b)、そしてネロ(ds)。この5人により2001年10月に結成されたMERRYは、当初からゲリラ的戦法で地下シーンを弄び、自らの設立による劇薬レコードを基地としながら、常に掟破りで向こう見ずな発想での活動を展開。インディーズ期の彼らのディスコグラフィーには、現在では入手困難となった数々のアイテムが名を連ねている。

2枚のフルアルバム発表や渋谷公会堂での公演成功などを経て、2005年9月にはビクターよりメジャーデビュー。以降4年間のうちに4枚のオリジナルアルバムをはじめとするさまざまな音源や映像作品のリリースを重ね、さらには47都道府県すべてを網羅した全国ツアー、欧州遠征、横浜文化体育館での公演など、メインストリームとアンダーグラウンド双方の特性を活かしながら業界の盲点を突くかのような、“誰にも道筋の読めない疾走 ”を続けてきた。

2010年、DIR EN GREYが籍を置くサンクレイドに事務所に所属することを発表し、レコードレーベルもFIREWALL DIV.へ移籍。2013年2月から約半年間、ボーカリスト・ガラの腰椎椎間板ヘルニア治療のため活動を一時休止していたが、8月日比谷野外大音楽堂にて復活ライブを行なう。

2013年、ライヴ会場での事故によりベーシスト・テツが負傷し、4人での活動を余儀なくされたが、地道な治療とリハビリを経て2016年2月EX THEATER ROPPONGIにて見事ステージへの完全復活をはたした。同年11月7日、品川ステラボールにて結成15周年公演を成功させたMERRYは、哀愁とヘヴィネスの融合による唯一無二の “レトロック” を進化させながら成長を続ける。メインストリームとアンダーグラウンド双方の特性を活かした予測不可能な活動は、シーンにおいて異彩を放ち続けている。

 

関連する記事

PAGE TOP