昨年より行なってきた企画 “project『Love』” の最後を飾るアルバム

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ『HEART』インタビュー

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ『HEART』インタビュー

2017/05/03


──続いて、今回のアルバムレコーディングで苦労したことや心掛けた点、そして使用機材について教えていただけますか。

:これまでの作品もバラエティに富んでいるんですけど、『HEART』は、もはや1曲1曲が違うバンドじゃないかってレベルで、過去最大に色々な曲が入っているアルバムだと思っているんです。だから、歌詞を書くのはスゴい楽しかったんですけど、ボーカルとしては本当に過酷でした。相当追い込まれて「一体俺は何なんだ?」みたいな。ただ、どの曲においても僕自身が本当に思っていることを書いているんですけどね。でも、どうあがいても同じキャラクターで歌えるような曲達じゃないので、本当に大変でした。結果的にはとても楽しかったです。

──マイクは何を使われたんですか?

:実は僕、マイクに特にこだわりはなくて、約8年間一緒にやっているエンジニアを信頼しています。基本的にはお任せしていて、合わなければちゃんと「この歌にこのマイクは違くない?」って言います。知識はほとんどないので感覚的に言ってるんですけど、僕才能はあるんで。

──そうやって言い切れるのって、変に謙遜するよりカッコ良いと思います。

:言ってちょっとドキッとしましたけど(笑)。あ、ただ「to greet the dawn.」と「ララバイ」の時に使ったマイクが好きでした。確かEarthworksの「SR20」だったかな。何かこうアリクイの顔の先というか、シュッとした形が特徴的なコンデンサーマイクなんですよ。細長くて、最初は「え? 大丈夫なの?」って言ってたんですけど結構領域が広くて。

緩菜:指向性がないマイクだからドラムにも立てたりしています。

:らしいね。それが思いの外良かったんですよ。

──次にメイさんはベーシストとしていかがでしたか?

メイ:いつも、DOGのレコーディングって大体ベースがトップバッターなんです。その上でアレンジも急いで作らなきゃいけない、みんなデータを送らなきゃいけない。かつ自分がカッコ良いと思うフレーズも付けたい、でも曲は壊せない。色々追い込まれながらも、大事なところを全部早めに録れるかというのを心掛けました。

──それは常に考えているのですか?

メイ:そうですね、だいたいトップなんで。ドラムはセットをスタジオに用意しなきゃいけないし、ギターはアンプを鳴らさなきゃいけない、とかあるじゃないですか。でも、僕の場合はアンプを鳴らさずにラインで録るんです。

──そうなんですね。ところで、メイさんの使われているベースってKillerの「Kumovi」ですか?

メイ:気付いてくれましたか!(笑)。上位モデルは今手に入れられないんですよ。だからToshiyaさんご本人に許可をいただいて、ESPで作ってもらったんです。Killerの「EVE」っていうベースをモチーフにさせてもらっていて、材から自分で良いと思うものを選んだオリジナルモデルです。ちなみに「Kumovi」自体も2〜3本持っていて。あのシェイプが好きなんです。オリジナルモデルは銀ラメと白を持ってて、銀ラメが年末に出来たばかりだったんですけど、全帯域の音が出るんです。なおかつ、ゴリっとしていて自分好みの音が出るので気に入っています。白の方が上が出るんですけど、中域が弱かったりするので。だから銀をメインにしつつ、他にはKillerの「BEELZE」も使いました。

──ラインで録ったということでしたが、どのようにサウンドメイクをされたのでしょうか?

メイ:SANSAMPのプラグインを使いました。僕SANSAMPのゴリゴリした音が大好きなんです。特に旧型の。エンジニアさんもそれを知ってくれているし。あとはギターとドラムの音の間を縫うように音作りをしたり。なのでレコーディング時はPETERSONのストロボチューナーだけを繋いでラインで録りました。

──高性能なんですよね。

メイ:そうなんです、音程には超気を使っているので。その反面、正確すぎてなかなか合わないんですよ。そうやって試行錯誤しつつ、ワンフレーズごとにレコーディングしたりしました。

──次に準々さんは?

準々:曲がいっぱいだったので同じ感じにならないように、というのは心掛けましたね。だから「前はこういうの弾いたから、今度は違うフレーズを弾こう」とか考えるのが大変でした。ギターソロも弾いたんですけど、その影響なのか出来上がった「Riot」を聴いた時に「あれ? 俺こんなソロ弾いたっけ?」って。多分、最後の方に適当に弾いたやつなんです。あれはビビりました。

──では、使用機材は?

準々:僕は基本的にこだわりがないんです。ギターは普段のライブでも使っているKAWAIの月形をメインに使いましたけど、スタジオにあるギターをレンタルしたりもしました。音作りは友達に作ってもらったエフェクターを使ったり。ちなみにそのエフェクターは「ララバイ」で使いました。

──ちなみに、あの月形のギターは1本だけ?

準々:今は3本あります。ハードオフで見つけて「やったー!」って買っちゃいました。

ミズキ:アクリルではなく木製のモデルがあるんですよ。

──なるほど。それでは続いてミズキさんはいかがですか?

ミズキ:自分の中で、ピッチャーが投げるストレートに例えていて。曲の球威だったり、ボーカルを押し出せるようなギターを意識しました。キャッチャーミットに収まった球がまだギュルギュル回転してるというか。それぐらい勢いのあるギターを弾こうと心掛けました。その方がアルバムを聴いてくれた人の耳から心へ直接届くんじゃないかなって。

──ミズキさんと準々さんって真逆のギタリストですよね。

ミズキ:そうですね。彼が変化球タイプだからこそ、逆に上手くいくんです。

──ギタリスト同士で話し合ったりは?

ミズキ:あんまりしないです。結構分かり合えているので。例えば「HeartAche」のサビは4小節ごとで交代で、最初俺が前で次は準みたいな遊び心も入れたりしました。

──機材についても教えてください。

ミズキ:ギターはライブでもメインで使っているmomoseのLPタイプを使いました。このギターは上から下まで綺麗なキラキラした音が出るんで気に入っています。それとリフ系とかガッツのある感じを出したい時はGibsonの「RD」が登場したりと使い分けました。音作りについては今はUADのMarshallのアンプシュミレーターを使っているんですけど、ある程度イメージしたものをスタジオでリアンプして。ライブでアンプはキメの細かい歪みが好きなのでENGLを使っています。それとキャビも4発ではなく2発にしてます。

──次に緩菜さん。

緩菜:みんなと色々打ち合わをしながらレコーディングしました。例えば1コーラス叩いて、みんながいるブースに行って「もうちょっとこうした方がいいよ」って話して、「スネアをもっと “パーン!”」とか「“ボスッ” の方が良いよね」なんていうやり取りをしたり。そして、そのみんなが発した擬音を忠実に再現するために色々チューニングしながら叩きましたね。

──ドラムはどこのブランドを使われてたのですか?

緩菜:SAKAEの「Almighty Maple」というシリーズです。あまりこだわりはなかったんですけど、どこかのライブハウスでSAKAE叩いた時に、感覚的に「絶対にこれだ」って思えたんです。それがたまたまメイプルだったという。だからスネアもSAKAEで5.5インチのメイプルです。実はセットを買う時に「同じ色で同じメイプルだしこれで良いや」ぐらいにしか思っていなかったんですけど、いじればいじるほどスゴいに好きになって。だから今回のレコーディングでもいくつか用意してたんですけど、みんなと相談しつつ全曲そのスネアだけで録りました。ちなみにペダルもSAKAEで、スティックだけTAMAです。以前はPro-markを使っていたんですけど、使うモデルがどんどん廃盤になってしまって。それで “たまたま” TAMAを使い始めたんです(笑)。13〜14.5mmを5mm単位で用意して曲ごとに分けたり、逆に持って叩いたり色々工夫しました。

──それでは最後に、改めて本作の聴きどころ、そして5月から始まるツアーに向けての意気込みをお願いします。

:今回のアルバムは “project『Love』” という企画の最終リリースとなので集大成というべき作品です。ただ、アルバムとしてはバンドの新しいスタートの1枚という感覚が強いんです。ここから残り半年間かけて、アルバムのツアーでみんなで一緒に育てたものをファイナルなる9月9日のZepp DiverCityに持っていけたら良いなと思っています。

メイ:純粋に良い曲ばかりなので、たくさんの人達に愛されたいなって思っています。ベーシストとしては押し引きというか。割と動くのが好きなベーシストなんですけど、成熟してきたと思ってますし、上手いバランスで弾けたと思うのでそういった部分も聴いてもらえると嬉しいですね。ツアーに関しては、ライブが終わった直後に「ね、良かったね!」とファンと分かち合えるような、心と心で通じ合えるようなライブを全公演でやりたいなとは思っています。

ミズキ:こうやって新たにたくさん出来た素敵な武器を持ってライブに行くのが楽しみです。そこでDOGも色々と新たな一面だったり、表情を変えていくと思ってるんですよ。そう言った部分をお客さんにも楽しみにして欲しいし、最後にみんなで笑顔でいられる素敵なライブになったらなと。

緩菜:アルバムが出て、これだけの新曲をライブでやるのを非常に楽しみにしています。今回のツアーではその新曲達を僕らとお客さん達で育てて、ZEPP TOKYOまでつなげていければ最高ですね。

準々:まずはスゴい良いアルバムが出来たと思ってます。聴いてくれたらライブに行きたくなるような曲がいっぱいなので、ぜひ聴いてみてください。ライブも今から楽しみで、早く新曲を披露したいですね。それと、ライブに来る来ないは良いとか悪いとかではなく、人それぞれですけど、俺から言えるのは「このアルバム聴いてライブ来ない奴はキクチ(※マネージャーさん)のケツ毛に付着している何か」だと思っててください。以上です。

Twitterフォロー&リツイートでサイン入りポスターをプレゼント

TuneGateの公式Twitterアカウント「@tunegate_me」をフォローして、対象のツイートをリツイートすると、抽選で2名様にDOG inTheパラレルワールドオーケストラのサイン入りポスターをプレゼント!



■応募期間
2017年5月3日〜2017年5月17日23:59まで
※終了しました
■参加条件および応募について
・プレゼントの応募にはTwitterアカウントが必要
・非公開設定(鍵付き)のTwitterアカウント、引用リツイート(冒頭にRTをつけるツイート)は対象外
・当選の連絡までにフォローを外した場合も対象外となります

■当選の連絡について
・当選された方には、@tunegate_meよりDM(ダイレクトメッセージ)にてご連絡します
・当選可否や抽選の状況についてはご返答できません
・期間内にご返信がない場合は、当選権利を放棄したものと判断させていただきます

※注意事項
・応募はお一人様1回限り
・応募対象者は日本国内にお住まいの方のみ
・第三者に譲渡・売却などをすることはできません
・プレゼント内容は予告なく変更や中止することがあります。あらかじめご了承ください

提供:Resistar Records

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

アルバム『HEART』
 

【初回限定豪華盤】
RSCD-245~247 (CD+2DVD)
¥8,000+税
※48P豪華フォトブックレット付


[CD]
01. 感じるZOO
02. HeartAche
03. FAKE PARTY
04. メテオライト
05. 調+教
06. と或る夜想
07. 7th WONDER
08. to greet the dawn.
09. JOKEVOX
10. 極東ヘッドバンギング
11. 遊郭ディスコ
12. Riot
13. JOY TO THE WORLD
14. ララバイ

[DVD] (DISC1)
HeartAche -Music Clip-
making of Tokyo Doggy's X'mas -2016-

[DVD] (DISC2)
project『Love』第2シーズン ~X'mas特別公演~『Tokyo Doggy's X'mas -2016-』
2016.12.23 舞浜アンフィシアター

【初回生産限定盤】
RSCD-248/249 (CD+DVD)
¥3,800+税
※着せ替えジャケット封入
(全5種よりランダム1種封入)

[CD]
01. 感じるZOO
02. HeartAche
03. FAKE PARTY
04. メテオライト
05. 調+教
06. と或る夜想
07. 7th WONDER
08. to greet the dawn.
09. JOKEVOX
10. 極東ヘッドバンギング
11. 遊郭ディスコ
12. Riot
13. JOY TO THE WORLD
14. ララバイ

[DVD]
HeartAche -Music Clip-
極東ヘッドバンギング -Music Clip-
making of HEART

【通常盤】
RSCD-250 (CD)
¥3,000+税

[CD]
01. 感じるZOO
02. HeartAche
03. FAKE PARTY
04. メテオライト
05. 調+教
06. と或る夜想
07. 7th WONDER
08. to greet the dawn.
09. JOKEVOX
10. 極東ヘッドバンギング
11. 遊郭ディスコ
12. Riot
13. JOY TO THE WORLD
14. ララバイ
15. Wishing

ライブ情報

▶︎project『Love』第5シーズン ~LIVEHOUSEツアー
『いつだって愛に来いよ、どこだって愛に行くよ~アルバムツアー編~』~
アルバム『HEART』を巡る14の『ココロ』の物語


『EXCITE』5月19日(金) [京都] 京都MUSE
『CRAZY』5月21日(日) [兵庫] 神戸 太陽と虎
『SHOUT』5月28日(日) [千葉] 柏PALOOZA
『PASSION』6月2日(金) [石川] 金沢AZ
『RELAX』6月10日(土) [神奈川] 新横浜NEW SIDE BEACH!!
『SICK』6月17日(土) [新潟] 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
『WONDER』6月18日(日) [長野] 長野LIVE HOUSE J
『SURPRISE』6月22日(木) [広島] 広島セカンドクラッチ ※準々B.Dワンマン
『HAPPINESS』6月24日(土) [福岡]福岡DRUM Be-1
『JOYFUL』6月25日(日) [岡山] 岡山IMAGE
『CRY』6月30日(金) [宮城] 仙台MACANA
『REMIND』7月2日(日) [北海道] 札幌cube garden
『DESPAIR』7月8日(土) [大阪] 梅田クラブクアトロ
『HOPE』7月9日(日) [愛知] 名古屋Electric Lady Land

▶︎project『Love』ファイナルシーズン『THE LOVE』
9月9日(土)Zepp DiverCity

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ アー写

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ
(ドッグ・インザ・パラレルワールドオーケストラ)
【L→R】
準々(ギター)、緩菜(ドラム)、メイ(ベース)、春(ボーカル)、ミズキ(ギター)


2009年元旦に “ワンワン!” と産声を上げたヴィジュアル系ロックバンド。
5人5様の個性溢れるルックスとキャラクター、ポップでロックなユニークな音楽性、メッセージ性の強い歌詞が特徴。
2016年から2017年にかけて、日本全国47都道府県全てを笑顔で繋ぐプロジェクト、project『Love』を立ち上げ、日本全国でLIVEを行ない、音源をリリース。ファン一体型のライヴはまさに必見!


 

関連する記事

PAGE TOP