「GLIM SPANKY 野音ライブ 2017」

GLIM SPANKY、日比谷野音初の野外ワンマンライブ大盛況レポート!【6月4日(日)】

GLIM SPANKY、日比谷野音初の野外ワンマンライブ大盛況レポート!【6月4日(日)】

2017/06/05


 

 

 

写真:HAJIME KAMIIISAKA

4月にミニ・アルバム『I STAND ALONE』を発売し、5月に入り、様々なフェスやイベントに出演し、会場を大いに盛り上げたGLIM SPANKY。

そんな勢いにのるGLIM SPANKY、6/4(日)日比谷野外大音楽堂で「GLIM SPANKY 野音ライブ 2017」がおこなわれた。自身初の野外ワンマンライブとなり、この日のチケットはSOLD OUT。急遽、発売された会場後方の立ち見スペースも大勢の人で埋め尽くされた。
 
オープニングの登場シーンでは、メンバーが一人一人登場すると、待っていた観客からの大歓声が沸き起こり、今のGLIM SPANKYの勢いを物語っている。観客は早くもGLIM SPANKYが放つ音を聞きたがっているようだ。1曲目は、「アイスタンドアローン」。「アイスタンドアローン」の音色と多くの樹木に囲まれた日比谷野音のステージが、とても重なり合っている光景だ。

途中、インディーズ時代に発売したミニ・アルバム『MUSIC FREAK』より「ダミーロックとブルース」や、メジャーデビュー後のファーストアルバム『SUNRISE JOURNEY』より「褒めろよ」、セカンドアルバム『NEXT ONE』より、昨年、映画『ONE PIECE FILM GOLD』の主題歌となりヒットし世界中に届いた「怒りをくれよ」。ミニ・アルバム『I STAND ALONE』より、テレビ朝日系列『警視庁・捜査一課長 season2』主題歌となった「美しい棘」を披露した。新旧アルバムから楽曲を織り交ぜた上でのライブとなった。

途中、松尾レミは「ロックは反発や激しいというだけじゃなくて、平和や愛や希望の上に成り立つ、それをGLIM SPANKYが証明します!」との言葉は印象のある松尾の言葉としてファンの気持ちをつかんだ形となった。

さらに、松尾レミは「GLIMが日本だけでなく世界の音楽シーンで話に上がるようなアーティストになるよう努力します」と大勢の観客に向けて話している。
最後に「ワイルド・サイドを行け」を演奏し、全20曲を披露。3000人を集めた初の野外ワンマンライブの来場者を大いに盛り上げた。
 
こちらのライブの模様は、当日のWOWOWで生中継されて、全国のファンにGLIM SPANKYの楽曲が行き届いた形となった。

続いては、6月17日(土)大阪城音楽堂で、自身2回目の野外ワンマンライブがおこなわれる。語り継がれるロック魂を、後世に響き渡らせようと熱きロック魂を注入したミニ・アルバム『I STAND ALONE』を引っ提げての初の野外ワンマンライブ。今後のGLIM SPANKYの動向に目が離せない!

 

この記事の画像一覧

(全5枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP