TOKYO IDOL FESTIVAL 2017にて初パフォーマンス披露

指原莉乃が初プロデュースするアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)、SACRA MUSICよりメジャーデビュー発表!

指原莉乃が初プロデュースするアイドルグループ「=LOVE」(イコールラブ)、SACRA MUSICよりメジャーデビュー発表!

2017/08/07


指原莉乃が初プロデュースするアイドルグループ「=LOVE」が、8月5日(土)お台場にて開催されたTOKYO IDOL FESTIVAL 2017の舞台にて初めてのライブパフォーマンスを行なった。また、同イベント内にて9月6日(水) SACRA MUSIC(ソニー・ミュージックレーベルズ)よりメジャーデビューすることも発表された。

平均年齢15.4歳の12人からなる「=LOVE」は、代々木アニメーション学院と指原莉乃がタッグを組んで開催したオーディションを経て結成。指原莉乃プロデューサー自ら命名した「=LOVE」というグループ名には、「アイドルとはファンに愛されなければいけない。そしてアイドルという仕事も自分が愛さなければいけない。」という現役アイドルならではの想いが詰まっている。

そんな=LOVEが、昨年史上最高となる延べ75,978人のアイドルファンを動員し、夏の大型アイドルイベントとして定着したTOKYO IDOL FESTIVAL 2017(以下TIF)のメインステージに出演。

=LOVEが出演するTIFのメインステージHOT STAGEには、彼女たちの初めてのパフォーマンスを一目見ようとスタート前から6,000人ものアイドルファンが詰めかけ、会場は超満員に。スクリーンに=LOVEの映像が流れた瞬間、会場からは大きな歓声があがる。そんなファンの声援に背中を押されるように、ステージ両サイドから元気に飛び出してくる12人のメンバー達。これまで動画配信サイト(SHOWROOM)で生配信はしてきたものの、実際にこうしてファンの前に立つのは今回が初めて。まずは、しっかりと覚えて貰うべく、メンバーひとりひとりが簡単な自己紹介を行う。フレッシュな自己紹介に、会場のファンからは温かい拍手が巻き起こる。

12名全員の自己紹介が終わったところで、いよいよ初パフォーマンス。センターである髙松 瞳(16)の「私たちの初めてのパフォーマンスです。聞いてください!」というMCをきっかけに、まずはAKB48の「言い訳Maybe」を披露。ファンの心をグッと掴むと、立て続けにプロデューサーである指原莉乃が所属するHKT48の「メロンジュース」をカバーする。彼女達のひたむきなライブパフォーマンスに引っ張られるように会場の熱気もグングンと上がっていく。

続いて披露したのは、「ガールズルール」(乃木坂46カバー)。曲中で、野口 衣織(17)、山本 杏奈(19)が「私たちのステージ楽しんでいただけていますかー?」 「私たちのこと応援してくれますかー?」と、こちらも初めてとなるコール&レスポンスで会場を盛り上げる姿が初々しく印象的だった。続く4曲目にはAKB48のカバーで「大声ダイヤモンド」を披露し、会場の盛り上がりはピークに近づいていく。

ここで集まったファンに向けて、=LOVEから重大発表が。「なんと…メジャーデビューが決定しました!9月6日にソニー・ミュージックからデビューシングルが発売になります!早すぎるデビューですが、皆さんをがっかりさせないよう頑張ります!次の曲は私たちのデビュー曲になります!」〈山本〉、「それでは聞いてください、『=LOVE』!」〈高松〉嬉しいサプライズに会場のボルテージは最高潮に。自身のアーティスト名「=LOVE」を冠した、デビューシングルは、アイドルとしての第一歩を踏み出す彼女達にぴったりな、疾走感のある爽やかな王道アイドルソング。作詞は全編、プロデューサーの指原莉乃が書き下ろしている。彼女達の喜び溢れ出るパフォーマンスに、会場からは一際大きな声援が飛ぶ。初披露とは思えないほどの会場の盛り上がりに、彼女達も精いっぱい応える姿がまぶしい。

初めてのパフォーマンスを終えた彼女達は、集まったファンへの感謝の気持ちを込め、「ありがとうございました!」と大きな声で挨拶。メンバーのすがすがしい表情からは、初パフォーマンスをやりきった事への達成感と共に、ここからスタートする未来への期待が伺えた。初のパフォーマンスを終え、高松は「すごくたくさんの方に集まって頂いて盛り上がってくれて楽しく出来て良かったです。メジャーデビューに向けてまたみんなで一つになって頑張っていきたいです。今日は来て下さった皆さんありがとうございました!これから私達=LOVEはもっともっと成長していけるように頑張りますので、応援よろしくお願い致します。」とコメント。また総合プロデューサーの指原莉乃からも次のようなコメントが寄せられている。

「とってもみんな頑張っていて感動しました!(プロデューサーとして)メンバーと一緒に自分自身も成長出来るように、これからも頑張っていきたいです。理想のアイドルを作りたいので、この曲も私が一番好きな感じにしました。ファンの方が好きなアイドルに出会えた時の気持ちを描いた曲になっていますので、=LOVEファンだけでなく、全アイドルファンに聞いて頂けたら嬉しいです。」指原莉乃

スタート地点に立った=LOVEのこれからの活躍がますます楽しみになる1日となった。

☆セットリスト
M1. 言い訳Maybe (AKB48カバー)
M2. メロンジュース(HKT48カバー)
M3. ガールズルール(乃木坂46カバー)
M4. 大声ダイヤモンド(AKB48カバー)
M5. =LOVE(=LOVEデビューシングル)


<=LOVEとは>
現役アイドル指原莉乃が自身の理想のアイドルをプロデュースするために、オーディションを実施し結成されたアイドルグループ。指原莉乃プロデューサー自ら、グループ名を「=LOVE(イコールラブ)」とすることを発表。「=LOVE(イコールラブ)」という名前には、「アイドルとはファンに愛されなければいけない。そしてアイドルという仕事も自分が愛さなければいけない。」という指原莉乃の現役アイドルならではの想いが詰まっています。幼少期から女性アイドルに憧れを抱いていた指原莉乃が理想のアイドルを初プロデュースするにあたり、次の通り意気込みを語っております。『アイドルになりたいと思っているだけじゃダメ。まず行動しよう。9年前の私のように悩んでいる人の背中を押してあげたいです。「好きなことから始めよう」て。私なんかに何ができるかわからないけど、アイドルヲタの立場から私の理想のアイドルをプロデュースしたいです。』 指原莉乃

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP