最適な装着スタイルが選べる着脱式ケーブルを装備

ヤマハ、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型イヤホン「EPH-200」をリリース

ヤマハ、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型イヤホン「EPH-200」をリリース

2017/10/08


ヤマハが、カナル型イヤホン「EPH-200」を11 月下旬より全国の販売代理店(S’NEXT 株式会社)を通じて発売する。

「EPH-200」は2011年の発売から現在も高い人気を得ている「EPH-100」の上位モデルで、ハイレゾ音源の再生にも対応したカナル型イヤホン。超小型の6mm口径ドライバーを耳穴の深くまで挿入することで、外耳道内での音の反射を抑制して、ピュアでバランスの取れた音質を実現している。

さらに、5サイズから選べる2ステージイヤピースが耳にフィットすると共に、MMCX端子を採用した着脱式(デタッチャブル)ケーブルにより、接続する向きを変えられるので、自分に合った最適な装着スタイルが選択可能だ。

また、装着スタイルに合わせてケーブルが絡まず自然に流れるようにデザインされており、洗練されたアルミ削り出しボディと相まって、装着時の見た目にも美しく、心地よく快適に音楽を楽しむことができる。価格はオープンプライス(市場予想税抜価格:¥25,000前後)

主な特徴

・ハイレゾ音源の再生にも対応した、ピュアな音質を実現する緻密な設計
・最適な装着スタイルを選べ、心地よく快適な装着感を実現
・装着時の自然な美しさと、携帯時のスマートさを両立
 

主な仕様

・型式:密閉ダイナミック型
・ドライバー口径:6mm
・インピーダンス:22Ω
・出力音圧レベル:102dB ±3dB
・再生周波数帯域:20Hz~40kHz
・プラグ:3.5mmL 型ステレオミニ
・ケーブル長:1.2m
・質量:17.4g
・付属品:イヤピース 5 サイズ(LL・L・M・S・SS 各 2 個)、キャリングケース、取扱説明書

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP