「DAKE JA NAI」シリーズの第3弾

Wienners・玉屋2060%、上白石萌歌が出演する『テイジン』新CMの楽曲アレンジを担当

Wienners・玉屋2060%、上白石萌歌が出演する『テイジン』新CMの楽曲アレンジを担当

2017/10/17


Wiennersの玉屋2060%が、本日10月17日からオンエアしているテイジンの新CM『DAKE JA NAIを探そう』編のCMソング「DAKE JA NAI SAMBA Ver.2」の楽曲アレンジを担当していることが明らかになった。

今回の新CM『DAKE JA NAIを探そう』篇は、昨年10月から放映開始された「DAKE JA NAI」シリーズの第3弾。従来のCMソング「DAKE JA NAI SAMBA」を、玉屋2060%が遊び心溢れる大胆なアレンジを加えた、疾走感に溢れる未来的な楽曲となっている。

CMでは女優・上白石萌歌が出演。テイジンのブランドカラーである赤色のコスチュームを身にまとい、「DAKE JA NAI SAMBA Ver.2」を歌唱しながらダンスを披露。ダンスの振り付けは、振付稼業air:manが担当している。なお、テイジンの特設サイトでは、CMの他に楽曲のロングバージョンも見ることができる。詳細は以下の通り。

 

玉屋2060%(たまや・にせんろくじゅっぱーせんと)

奇想天外かつキャッチーなメロディーで他に類を見ない音楽性とユーモアを武器に様々なシーン、世代、カルチャーを節操なく縦断しつづけるロックバンド、Wiennersのギター・ボーカル。近

年、でんぱ組.inc などへの楽曲提供でも人気を博し、NO MUSIC NO LIFEを地で生きる、世界中の音楽が味方するオンリーマン。

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP