防沫仕様でジョギングやトレーニング時にも最適!

ローランド、Bluetooth対応の高音質ワイヤレス・イヤホンAudiofly「AF100W」をリリース

ローランド、Bluetooth対応の高音質ワイヤレス・イヤホンAudiofly「AF100W」をリリース

2017/11/08


ローランドが、AudioflyブランドよりBluetoothに対応した高音質ワイヤレス・イヤホン「AF100W」のリリースを発表した。

AF100W

「AF100W」は、同ブランド初のBluetooth対応ワイヤレス・イヤホン。ミュージシャンやエンジニアがライブステージで使用するプロ用イヤホン「イヤー・モニター・シリーズ」をベースに設計され、イヤホンの音質に大きく関わるドライバーには、「イヤー・モニター・シリーズ」で培われた高性能の9mmデュアル・メンブレン・マイクロ・ダイナミック・ドライバーを採用。Audiofly独自のドライバー・チューニングを施すことにより、音楽ソースの特性を忠実に再現するハイ・クオリティ・サウンドを実現している。
さらに、防水保護等級IPX4に準拠した防沫仕様(※)により、汗や雨に対しても耐性を備えているのもポイント。またイヤー・フックを採用し、わずか15gの軽量で、ケーブルの煩わしさを気にすることもなく、ジョギングやトレーニングしながら音楽を聴きたいという人に最適だ。

なお、省電力機能を備えたBluetooth 4.1、コーデックはaptXに対応。高品位な音声データの転送が可能。その他にも、通常の有線ヘッドホンと異なりアンプを内蔵。これによりスマートフォンなどで使用する際にも端末の性能に依存することなく、音源に忠実なピュアサウンドを安定して楽しむことができる。

発売は2017年11月17日を予定しており、価格はオープンプライス(市場予想税込価格:¥16,000前後)。

(※)JIS(日本工業規格)で規定されている電気機械器具防水保護等級のうち、 IPX4(防沫形)に準拠。あらゆる方向からの飛沫(しぶき)に対して耐性を持ちます

主な特徴

・9mm デュアル・メンブレン・マイクロ・ダイナミック・ドライバー搭載
・定評のあるイヤーモニターのドライバー・チューニングを継承
・Bluetooth4.1 対応/aptX コーデック対応
・ジョギング・スポーツにも使える防水保護等級IPX4 準拠

主なスペック

・型式:インイヤー型ヘッドホン
ドライバー:9mm デュアル・メンブレン・マイクロ・ダイナミックドライバー 1 基
再生周波数帯域:20Hz ~ 20kHz
インピーダンス:16 Ω
感度:108dB(1kHz 時)
周波数特性:20Hz ~ 20kHz
連続再生時間:5 時間
充電時間:70 分(満充電まで)
ケーブル長:45cm
Bluetooth 規格:Bluetooth ver4.1 Class2
対応プロファイル:HFP、HSP、A2DP、AVRCP
A2DP 対応コーデック:SBC,、aptX
付属品:ノイズ・アイソレーション・シリコン・イヤー・ピース(2 種類、3 サイズ)、キャリーケース

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP