11/23ホームタウンで40周年を迎える記念ライブも開催!

シーナ&ロケッツ鮎川誠、47都道府県ツアー全国踏破を記念したインタビュー公開!

シーナ&ロケッツ鮎川誠、47都道府県ツアー全国踏破を記念したインタビュー公開!

2017/11/22


シーナ&ロケッツの47都道府県ツアー”47 ROKKET RIDE TOUR”。今年の全32公演中30公演が無事終了し、47都道府県制覇の最後の地となった、島根県・出雲での公演直後のインタビューが公開された。

インタビュー映像はメンバーが語るツアーでの思い出の一コマやライブシーンも含まれたツアーを総括したダイジェスト映像となっている。ファイナル前夜11月23日の下北沢公演はバンド結成日かつシーナの誕生日にもあたり、翌日11月24日の札幌公演でツアーファイナルを迎えてシーナ&ロケッツは40周年目に突入する。

このツアーはシーナが亡くなった2015年の4月7日にシナロケと縁の深いアーティストが集まって開催された追悼ライブ「シーナの日」が明けて始まったもの。昨年はサンハウスのボーカル柴山俊之の還暦記念アルバムをシーナ&ロケッツ全面バックアップにより制作しともに全国17公演を回ったため一時ツアーは中断されたが、今年6月から再び47ツアーを再開し、今月5日ついに47県全てを踏破し、その記念インタビューが本日YouTubeにて公開された。

シーナ&ロケッツはニューアルバム「ロケットライド」をリリース後にシーナが亡くなり、メンバーはギター・ボーカルの鮎川誠、ベースの奈良敏博、ドラムの川嶋一秀のオリジナルメンバー3人。これまでも鮎川はシーナと交互にボーカルをとっていたが、現在はシーナの歌を鮎川が歌う。来たる11月23日(木・祝)にはシーナ&ロケッツ結成40年を迎えるライブが行われる。ゲストボーカルに愛娘であるダークサイドミラーズのLUCYが参加することになっている。

<鮎川誠インタビュー「47ROKKET RIDEツアー」を終えて>
たくさんの人の応援があって初めて全国47県でライブができたことを感謝しています。シーナの生前には思わなかったことだったけど、追悼コンサートを4月7日にやろうよって仲間から言われてライブをやったことで、がぜん4と7がシーナの数字に思えてきて、そのときに47都道府県がシーナと同じと気がついたんです。

長年応援してくれているファンやシーナを想ってくれる人達に会いたいと思って、日本全国を回ろう、47ツアーがしたい!と思ったんです。ツアーをはじめると、不思議にステージでシーナが待っている、シーナに会える場所みたいな感じがした。この47ROKKET RIDEツアーでは不思議なこともたくさんありました。野外ライブでシーナ&ロケッツの演奏が始まった時、それまで暴風雨だった空が突然ぴたりと雨が止み雲が晴れた瞬間にはシーナに感謝したこともあった。47全県をまわって、ファンの皆さんそれぞれにシーナ&ロケッツの思い出を胸に刻んでくれていることを知って心から嬉しかったしパワーをもらった。

これから俺達のことを知らない若い人達にも、俺達の音楽を届けていきたい。ロックのエネルギーで元気になってもらいたいです。今度のライブにもぜひ足を運んで欲しいと思っています。

 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP