イヤホンケーブルオプションを拡充

シュア、SE高遮音性イヤホンシリーズのラインナップ一新を発表

シュア、SE高遮音性イヤホンシリーズのラインナップ一新を発表

2018/01/10


米国Shure Incorporatedが、Shureのリスニング製品を代表するSE高遮音性イヤホンシリーズのラインナップの一新を発表した。

RMCE-BT1ケーブル

RMCE-BT1ケーブル

/

RMCE-UNI

/

RMCE-USB

今回のラインナップ改編では、エントリーモデルからハイエンドモデルまでAndroidとApple iOS両方に対応する新しいイヤホンケーブルを装備し、製品パッケージもよりシンプルなデザインへと大幅にリニューアル。熱心な音楽ファンの要望に対応するワイヤレス/モバイルコミュニケーション用途のコンシューマー向け製品パッケージとモニタリング用途のプロフェッショナル向け製品パッケージの2種類を提供。新ラインナップでもステージや街中といった使用環境を問わず、マルチドライバー設計で極めて質の高いオーディオを提供し、Shureイヤホンの大きな特長である着脱式ケーブルも採用している。

今回のラインナップ改編に際し、Shure Incorporatedのシニア・カテゴリー・ディレクター、マット・エングストロム(Matt Engstrom)は「Shureは何十年にもわたってオーディオ技術や性能の開発や発展に携わり、ライブサウンド業界や演奏時のパフォーマンス向上に貢献し、またそれを誇りとしてきました。それと同時に、オーディオファイルの方からの信頼を育みながら、一般リスナーのためのソリューションの構築にも目を向けてきました。大成功を収めた2017年秋のShure初のBluetoothイヤホンのリリースに続けて、今度はこのソリューションを製品ラインナップ全体に拡充し、SEシリーズ全体において、接続できるデバイスの選択肢をより多く提供できるようにしました。ハイエンドからエントリーモデルまで、ワイヤレスイヤホンケーブルが付属するラインナップにし、さらにワイヤードのオーディオケーブルを希望するユーザーに向けて、SE112からSE535までワイヤードケーブルが付属するモデルも揃えました」と語っている。

イヤホン本体はShure製品の大きな特長である高遮音性能を備えており、最大37dBのノイズを遮音し、周囲の雑音に邪魔されることなく、どこにいても快適に音楽を楽しむことができる。また、人間工学に基づいた設計と各種イヤパッドがユーザーの好みに合わせたフィット感を実現。着脱式ケーブルの採用により、コンシューマー向けラインナップでは、多彩なイヤホンケーブルから個々のユーザーが自分に合ったものを選択し、人気のモバイル機器と組み合わせて使うことができるようになっている。

中でも、注目すべきは新しい3.5 mmステレオミニプラグ対応イヤホンケーブル「RMCE-UNI」だ。マイクと3ボタン式リモートで通話、音楽の操作、ボイスコマンドの起動ができる他、Apple iOSやAndroid/USBの接続を簡単に切り替えることができる。

さらに別売りでAndroidユーザー向けUSB-C対応イヤホンケーブル「RMCE-USB」もケーブルラインナップに追加予定。このプレミアムイヤホンケーブルは、DAC/アンプを搭載し、マイクとコントロール機能を装備。着脱式ケーブルに対応したShure SE高遮音性イヤホンと使用することで、最新のAndroidデバイスでハイクオリティ・デジタル・オーディオ(24bit/96kHz)とコミュニケーションコントロールを楽しむことができる。いずれのモデルも元々はプロフェッショナル向けに開発された背景をもつShure製品としての優れた音質と遮音性能、そして、高い耐久性を備えているのがポイントだ。

「SE846」はクリア、ブロンズ、ブラック、ブルーの4色展開。従来同様4基のMicroDriverを搭載し、最高水準のオーディオクオリティを提供。イヤホンケーブルはワイヤレス用Bluetooth対応ケーブル「RMCE-BT1」とApple iOS/Androidの両方に対応するRMCE-UNIケーブルの2種類が付属。2基のMicroDriverを搭載した「SE425」と3基のMicroDriverを搭載した「SE535」にも同様の着脱式イヤホンケーブルが付属し、ワイヤレス接続とモバイルコミュニケーションを提供。

今回発表した新たなラインナップを含むShure製品ポートフォリオについては、CES 2018のCentral Hall、ブース#16744で見ることができる。新ラインナップは、2018年春以降にUSより出荷開始予定。 なお、日本における製品ラインナップ詳細は、3月に改めて公開される。

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP