話題の音楽投稿アプリ「Jam Studio」を使ってみた!【アプリの楽しみ方と使い方を徹底紹介】

話題の音楽投稿アプリ「Jam Studio」を使ってみた!【アプリの楽しみ方と使い方を徹底紹介】

記事に戻る

この記事の画像一覧

(全31枚) 大きなサイズで見る。

 

Jam Studio
(公式サイト)

https://jamstudio-music.com/
(アプリダウンロード)iTunesストア


◉コンテンツ
ユーザー体験レポート 編

 


◉ローンチキャンペーン
2018年5月1日以降にアカウントを作成した場合、課金対象機能の無料トライアル期間が1ヶ月となります。

※無料トライアル期間中にスタンダードプランの購読を解約するとトライアル終了となり、その後再購読を申し込まれた場合は、有料課金が開始されますのでご注意ください。

※過去のキャンペーンについて(現在は終了しています)
・2017年11月28日〜2018年4月30日までにスタンダード会員に登録いただくと、登録から半年間、有料機能を無料でお使いいただけるトライアル・キャンペーンを実施しています。
・課金対象の機能を6ヶ月間無料で楽しめます。


 


Jam Studio 主要機能一覧
《簡単・充実の録音&エフェクター》
・ステレオ録音 × 最大8トラック
・ボタンひとつで録音 × 最大10分
・豊富なエフェクター
・マルチテイク録音
・A-B間録音機能

《音を重ねるコラボレーション機能》
・気に入った曲に対して自分のトラックを重ねることができる。他のユーザーとの協奏を自由に楽しむことができる。
※コラボレーションボタンを押すと、元の楽曲が改変されないように楽曲が複製され音を重ねられる状態になります。
※自分のパートを録音すると、トラックが重ねられた状態に。アップロードすると新しいバージョンとして投稿されます。

《バンド活動に最適なグループ機能》
・グループ機能を使うことで、登録したグループメンバーだけで楽曲を作成・編集することができる。
※コラボレーション機能と異なり、他のグループメンバーが作成したトラックの編集も可能です。
※グループで作成した楽曲は、いつでもグループメニューから簡単にアクセスできます。

《コミュニケーションを促進するSNS機能》
・ホーム画面には「ギタリスト募集曲」「ビギナーズラウンジ」「ダンスフロア」など、様々なカテゴリーのコミュニティを用意。
・関心のあるコミュニティで好みの楽曲を見つけ、お気に入りマークを付けたり、コメントしたり、そのユーザーをフォローしたり、SNSとしてユーザー間の交流が楽しめます。

 

対応機種・OS
【推奨ハードウェア】
・iPhone 6 / 6 plus以降、SE
・iPad Pro、iPad Air 2、iPad mini4
【対応OS】
iOS 9 以上
※Androidは非対応

 


PAGE TOP