モノクロームの美学にインスパイアされたオールホワイト、オールブラックの2カラー

バング&オルフセン、ワイヤレス・イヤホン「Beoplay E8」の新色をリリース

バング&オルフセン、ワイヤレス・イヤホン「Beoplay E8」の新色をリリース

2018/02/24


バング&オルフセンが「Beoplay E8 All White」と「Beoplay E8 All Black」の2種類の限定カラーを発売した。

/

All White

/

All Black

「Beoplay E8」は、スタイリッシュなシンプルさを前面に出しながらも、移動中のシームレスなリスニング体験や、業界をリードするサウンドクオリティを経験することが可能なワイヤレス・イヤホン。

移動中に簡単に聞くことができるように設計されており、外部の音を取り込めるトランスペアレンシーモードと呼ばれる機能も搭載。音楽のリスニングからトラックの切り替え、通話の受話、トランスペアレンシーモードと音声コマンドの起動まで、すべてがイヤフォンの直観的なタッチインターフェイスによってコントロールできるため、スマートフォンをポケットから持ち出すことなく操作ができる。

さらに一度の充電で最大4時間の連続再生を実現し、ポケットサイズの充電ケースにはめこめば、移動中も2 回の充電が可能。本体両方のピースに小型磁石を内蔵しており、充電ケースにはめこむだけで自動的に電源が切れ、充電を開始する仕様になっている。

また、Beoplayのアプリで本体をコントロールするように設計。音色やサウンドのステージング調整、音楽のコントロール、サウンドの好みに合わせて適切なプロファイルを見つけ、バッテリーの状態を監視し、ファームウェアをアップデートするのもポイントだ。ちなみに付属品として、プレミアムレザー充電ケース、5つのイヤーチップ、充電ケーブルを同梱。

価格は¥30,463(税別)。各色共にBang & Olufsen銀座 、Bang & Olufsen二子玉川、Bang & Olufsen 外苑前、Bang & Olufsen伊勢丹新宿店、Bang & Olufsen西武渋谷店にて発売中。なお、2月27日からはESTNATION GINZAとZOZO TOWNでも販売がスタート。店舗情報はこちらをチェック。

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP