80年代のシンセポップやクラシックフィルムスコアの印象的なサウンドを彷彿する音色が満載

UVI、FMサウンドを追求した音源「Digital Motion for Falcon」をリリース!

UVI、FMサウンドを追求した音源「Digital Motion for Falcon」をリリース!

2018/03/07


UVIから80年代のシンセポップやクラシックフィルムスコアのサウンドを彷彿するFalcon用の拡張音源「Digital Motion for Falcon」がリリースされた。

「Digital Motion for Falcon」は、ビンテージデジタルから最新のハイブリッドサウンドまで、FMシンセシスの可能性を追求したライブラリだ。Digital Motionのサウンドは重厚なレイヤーと壮大さが特徴で、3つの完全独立したシンセレイヤーを操ることで、さらに深くサウンドメイクが行える。また、特別な”Morph”コントロールは、動きとモジュレーション、ADSRエンベロープ、フィルター、そしてリバーブとディレイセンドを素早く操作可能。

ベル、パッド、キーボード、オルガン、リード、ベース、アトモスフィアとエフェクトによるグループ化されたライブラリーから、お気に入りのサウンドを見つけ、洗練されたフロントパネル操作で効率よく、自身だけのオリジナルのサウンドに変貌させることができる。価格は$39.00

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP