2018年4月28日(土)に発売

ハーマンインターナショナル、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」をリリース!

ハーマンインターナショナル、Googleアシスタント搭載のスマートスピーカー「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」をリリース!

2018/04/18


 

ハーマンインターナショナルからGoogle が開発する「Google アシスタント」を搭載した据え置き型のスマートスピーカー「JBL LINK 300(リンク300)」「JBL LINK 500(リンク500)」がリリースされた(2018年4月28日に発売)。価格は共にオープンプライス。
※JBL LINK 300(リンク300)の公式通販サイト販売予定価格24,880円前後(税抜)
※JBL LINK 500(リンク500)の公式通販サイト販売予定価格39,880円前後(税抜)

「JBL LINK 300」「JBL LINK 500」は、 高音域に20mm径ツイーターと中低音域に89mm径ウーファーを搭載した「2ウェイシステム」と、 低音を増強するパッシブラジエーターの構成により、 パワフルで迫力のあるサウンドを楽しめるスピーカーだ。 「JBL LINK 500」は、 同ユニットを2ペア搭載しており、 ステレオ再生が楽しめる。

また、LINKシリーズは、 Google アシスタントの搭載により、 スピーカーに向かって「OK、 Google」と話しかけるだけで、 天気やレシピ、 交通状況等知りたいことを調べられる他、 動画再生等、 やりたい事をサポート。 360度どこからでもボイスコントロールが可能なラウンドデザインにより、 部屋のどこからでも使いやすい設計となっている。

さらにChromecast built-in 搭載スピーカーのため、 Spotify や Google Play Music などお気に入りのミュージックサービスをスマートホンなどから音楽再生をすることが可能。 Wi-Fiを経由して音楽を再生するため、 24bit/96kHzの高音質サウンドが楽しめる他、Spotify Connect に対応しているためスマートホンやタブレットを使わず、 本体の再生ボタンをワンタッチするだけで、 再生していた Spotify のプレイリストをすぐに聴くことができる。 加えて、 Bluetooth 接続にも対応しているので、 Bluetooth スピーカーとして音楽を再生することも可能だ。
 

【主な仕様】
製品名:JBL LINK 300(リンク300)
カラー:ホワイト、 ブラック
Bluetooth:バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、 障害がない場合)
入力接続:Wi-Fi、 Bluetooth
最大出力:総合50W
ユニット:20mm径ツイーター×1、 89mm径ウーファー×1
周波数特性:55Hz-22kHz
サイズ(H x W x D):134mm x 236mm x 154mm
重量:約1.7kg
付属品:電源アダプタ、 電源ケーブル
価格:オープンプライス※公式通販サイト販売予定価格24,880円前後(税抜)
発売日:2018年4月28日(土)

製品名:JBL LINK 500(リンク500)
カラー:ホワイト、 ブラック
Bluetooth:バージョン4.2 ※伝送範囲:Class2(通信距離10m、 障害がない場合)
入力接続:Wi-Fi、 Bluetooth
最大出力:総合60W
ユニット:20mm径ツイーター×2、 89mm径ウーファー×2
周波数特性:55Hz-22kHz
サイズ(H x W x D):200mm x 370mm x 157mm
重量:約3.5kg
付属品:電源ケーブル
価格:オープンプライス ※公式通販サイト販売予定価格39,880円前後(税抜)
発売日:2018年4月28日(土)
※仕様、 価格は変更となる場合がございます。

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP