打ち込みサウンドとビッグバンドのコラボレーション

角松敏生『Breath From The Season 2018~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~』インタビュー

角松敏生『Breath From The Season 2018~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~』インタビュー

2018/04/25

──実際ライブをやっていかがでしたか。

角松:もの凄く楽しかったんですよ。で、これはありだなって思って。自分の曲がJAZZ化できるってそこでよく理解できたんです。でも、やっぱり付け焼刃でやってもしょうがない。そして去年。3年目でようやくリズムアレンジも自分でやってアローさんに投げたら非常に良い仕上がりになって。ようやく自分の曲のスウィング化が出来たなと思いました。3年かけて学んで色々シミュレーションして、3年がかりでこれは面白いっていうものが出来たから、これは記録として残すべきだと思ったんです。

──去年というと同じリメイクの『SEA IS A LADY 2017』のリリースもありましたが、何か繋がりはあるのですか。

角松:去年ちょうど『SEA IS A LADY 2017』の企画も出ていたので、同じ時期に『Breath From The Season』というタイトルに乗っかってビッグバンド・アンサンブルを主体とした角松敏生楽曲のリメイクをリリースするのはイメージ的にもわかりやすいし。だから次やるんならこれだっていう確信犯的な発想はありましたね。

──今度はアレンジに関してお聞きします。前作『Breath From The Season』ではコンピュータ・プログラミングによるフレーズと生演奏ブラスサウンドとの融合がとても斬新でしたが、今回のアルバムではコンセプトから見て、シーケンス・フレーズの割合(頻度)はどんな基準で決めていかれたのでしょうか?

角松:今回ビッグバンドですが単純にすべて生ってわけじゃなかったんです。すでにアロージャズオーケストラさんに僕のスウィング化された譜面が20曲以上あるので、当初それはすべて生でやろうと思ってたんです。ですが最初にプロトタイプの楽曲として「I’LL CALL YOU」を考えた時に、この曲はエッジを効かせたかったんですよ。そこでプログラミングの上にアローさんのアレンジが乗ったら面白いだろうなと思って。

そこで構成的にどうなっていくかって流れで考えたら「Gazer」「Have some fax」そして「A Night in New York」などの4ビート的ではない曲のトライアルもしようという発想が出てきたんです。アロージャズオーケストラさんとはいつも生でライブやってるんだけど、ガッチリしたソリッドなプログラミングサウンドの上にブラスサウンドだけ生っていうのを乗っけてみたい!と思ったんですね。

──当初予想していたよりは、プログラミングの曲が多かったイメージでした。

角松:でもプログラミング自体は4曲のみですけどね。今回プログラミングに関してはドラムとシンセベースのリズム体が主体であとはみんな生です。プログラミングのドラムとシンセベース、あといくつかのPAD系をスタジオに持って行ってそこに生演奏をかぶせるっていう。基本的に今回のレコーディングは3日間で録ったんですよね。最初の1日が「生days」、2日目が「打ち込みdays」、3日目がまた「生days」って感じで全曲録りました。

──ライブではどのような編成で再現するのですか。

角松:ドラムもベースももちろん全部生ですよ。ただアレンジとしてはプログラミングの体でやる曲もあります。

──収録されている「SHIBUYA」はオリジナルでは全ての拍の頭にスネアが入っていてタイトなグルーヴ感を演出しているのに対して、今回はスウィング・ビートへシフトした結果、バックのコンガのリズムパターンがとても心地良く(浮き出た)感じたのですが、これは狙い通りと言ったところでしょうか?

角松:アレンジによって印象が変わるっていうのは大きなところではあるんですけど、今回は基本的にスウィングしてるんですよ。リズムで解析していくならやっぱり打ち込みでいうところのスウィングバリューがかかっています。

──おそらく角松ファンの人は、対比ということだとサックス・ソロとか「AIRPORT LADY」はオリジナルではジェイク(Jake H. Concepcion)さんのすごくメロウなソロが好きだった方もいると思います。あのソロからどう変わっていくのかも今回の聴きどころかと思いますが、それぞれのソリストに対して要望や指示はあったのですか。

角松:ないです!「AIRPORT LADY」はアローの河田さんっていう70歳近い方が吹いてるんですけど言わなくてもそうなってるんですよ。だからやっぱり優秀なミュージシャンって考え方一緒なんでしょうね。ここはこう行くべき、みたいなね。
 

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

角松敏生
Breath From The Season 2018
~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~

2018年4月25日(水)発売



角松敏生 Breath From The Season 2018 ~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~

■【収録曲】
01. Lady Ocean
02. SHIBUYA
03. I’LL CALL YOU
04. RAIN MAN
05. Have some fax
06. Gazer
07. Can’t You See
08. AIRPORT LADY
09. Nica’s Dream
(Cover:Horace Silver)
10. TAKE YOU TO THE SKY HIGH
11. A Night in New York
(Cover:Elbow Bones & The Racketeers)
12. Morning After Lady

【初回生産限定盤】 BVCL-884/5 価格:3,600円(税抜)/ 3,888円(税込)
■The Way Of New Album『Breath From The Season 2018』Blu-ray付■
【通常盤】 BVCL-886 価格:3,000(税抜)/ 3,240円(税込)
※初回盤/通常盤共通:セルフライナーノーツ付

TOSHIKI KADOMATSU
Performance 2018 “BREATH from THE SEASON”

5/20(日)オリックス劇場・大ホール
16:45/17:30 サウンドクリエーター 06-6357-4400
5/22(火)日本特殊陶業市民会館・中ホール
17:45/18:30 アスターミュージック 052-931-3621
5/26(土)トークネットホール仙台・大ホール
16:45/17:30 ジーアイピー 022-222-9999
6/ 1(金)福岡市民会館
17:45/18:30 BEA 092-712-4221
6/ 9(土)大宮ソニックシティホール
16:45/17:30 ディスクガレージ 050-5533-0888
6/16(土)広島NTTクレドホール
16:45/17:30 ユニオン音楽事務所 082-247-6111
6/17(日)岡山市立市民文化ホール
16:45/17:30 ユニオン音楽事務所 082-247-6111
6/22(金)レザンホール(塩尻市文化会館)
17:45/18:30 レザンホール 0263-53-5503
6/23(土)沼津市民文化センター・大ホール
16:45/17:30 イーストン 055-931-8999
6/29(金)中野サンプラザ
17:45/18:30 ディスクガレージ 050-5533-0888
6/30(土)中野サンプラザ
15:45/16:30 ディスクガレージ 050-5533-0888

全席指定:¥9,800(税込)
※全公演共通

『TOSHIKI KADOMATSU Performance 2018“Tripod Ⅸ”』
2017年7月14日(土)15日(日)15日開場:18:00/開演:18:30
16日開場:16:00/開演:16:30
料金:指定席:¥8,700(税込) 合唱席:¥8,700(税込) 立見:¥8,500(税込)
会場:軽井沢大賀ホール 住所:〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4
お問い合わせ:角松敏生コンサート事務局 03-6804-2313(平日16:00~18:00)

角松敏生(かどまつとしき)
プロフィール
※本名同じ
1960年 東京都出身
1981年6月、シングル・アルバム同時リリースでデビュー。以後、彼の生み出す心地よいサウンドは多くの人々の共感を呼び、時代や世代を越えて支持されるシンガーとしての道を歩き始める。また、他アーティストのプロデュースをいち早く手掛け始め、特に1983年リリースの 杏里「悲しみがとまらない」、1988年リリースの 中山美穂 「You're My Only Shinin' Star」はどちらも角松敏生プロデュース作品としてチャート第1位を記録、今だスタンダードとして歌い継がれている。1993年までコンスタントに新作をリリース、いずれの作品もチャートの上位を占める。年間で最高100本近いコンサート・ツアーを敢行、同時に杏里、中山美穂、らのプロデュース作も上位に送り込んだ角松だったが、当時の音楽シーンへの疑問などに行き詰まった彼は、この年の1月27日、日本武道館でのライヴを最後に自らのアーティスト活動を『凍結』してしまう。しかしこの“凍結期間”は、逆に「プロデュース活動」をさらに多忙にさせるといった結果となり依頼が殺到し、プロデューサーとしての手腕を存分に発揮した。また、1997年にNHK“みんなのうた”としてリリースされたAGHARTA(アガルタ :角松敏生が結成した謎の覆面バンド )のシングル「 ILE AIYE(イレアイエ)~WAになっておどろう」は社会現象ともいえる反響を集め大ヒット。1998年2月の<1998 長野冬季オリンピック>閉会式では自らAGHARTA のメインヴォーカルとしてその大舞台に立ち、今や国民的唱歌「WAになっておどろう」が披露され、この映像は全世界に向けて映し出された。『凍結』から約5年、角松敏生は遂に自身の活動を『解凍』することを宣言。1998年5月18日、活動を休止した同じ日本武道館のステージに再びその姿を現した。その「He is Back」コンサートのチケットは発売直後にソールド・アウトとなる。翌年リリースしたアルバム『TIME TUNNEL』はチャート初登場第3位を記録し、変わらぬ支持の大きさを実証してみせた。その後2作連続TOP10入りを果たしたシングル「君のためにできること」、「Startin‘/月のように星のように」、沖縄・アイヌと音楽の旅を続けた『INCARNATIO』、再びスティーヴ・ガッドを起用した角松サウンドの集大成アルバム『Prayer』、大人の遊び心に溢れた『Summer 4 Rhythm』『Citylights Dandy』など、作品ごとに新しいコンセプトで挑むアルバムやライヴDVDなど、コンスタントにリリースを重ねている。またリリースに平行して、20周年、25周年、30周年のアリーナクラスの記念ライヴや全都道府県ツアー、大型ホールからライヴハウスまで、様々な形態で精力的にコンサートを行い、 2012年春、30周年を記念したリメイク・ベストアルバム「REBIRTH 1」をリリース。
2014年3月角松の幅広い音楽性が1曲に組み込まれた「プログレッシブ・ポップ」アルバム「THEMOMENT」が話題となった。
2016年デビュー35周年を迎え、記念ライヴを横浜アリーナにて開催し、大盛況の内、幕を閉じた。リミックスアルバム『SEA BREEZE 2016』リメイクアルバム『SEA IS A LADY 2017』はオリコン初登場4位を獲得。この作品は第32回日本ゴールドディスク大賞『インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー』受賞した。その妥協を許さないスタンスとクオリティで常に音楽シーンの最前線で活動をしている。また2002年と2005年には映画音楽を手がけ、また自身が役者として芝居の殿堂でもある下北沢・本多劇場のステージに主役として立つとともに音楽、映像監督を同時に務めるなど、新たなチャレンジも行っている。
2018年デビュー40周年へと向かう今、制作、ライブとますます精力的に活動を続けている。


オフィシャルサイト

関連する記事

PAGE TOP