英国音楽の名盤に関わったドラマー、グラミー賞エンジニアによるロンドン直送のアコースティック・ドラム音源

IK Multimedia、SampleTank 3対応の新作拡張音源「London Grooves」をリリース!

IK Multimedia、SampleTank 3対応の新作拡張音源「London Grooves」をリリース!

2018/04/25


IK MultimediaからSampleTank 3対応の新作拡張音源「London Grooves」がリリースされた。「London Grooves」は、キュアー、デヴィッド・ボウイ、キング・クリムゾンなど英国音楽の名盤に関わったドラマー、グラミー賞エンジニアによるロンドン直送のアコースティック・ドラム音源だ。

価格と入手方法
€79.99または80 Credits(Custom Shop)
IK Multimediaオンライン・ストアおよびSampleTank Custom Shopにて購入可能
 

London Grooves
London Grooves

London Groovesには1,200以上のステム・グルーヴ、300のステレオ・グルーヴが、合計6GB以上の高品位なWAVファイルにて収録されており、レコーディングはすべてロンドンの伝説的なスタジオThe PoolおよびNarcissus Studioにて行われている。

イギリス名盤のドラマー、エンジニアによるロンドン直送サウンド

London Groovesは、4名の豪華なエンジニア、ドラマーとのコラボレーションによって制作された。エンジニアには複数のグラミー賞受賞経験をもつキャメロン・クレイグ、Ray Recordingsのフィリッポ・ガエターニの2名を迎え、ドラムの演奏にはジェイソン・クーパー(キュアー、デヴィッド・ボウイ)およびジェレミー・ステイシー (キング・クリムゾン、ノエル・ギャラガー、エリック・クラプトン、クリス・スクワイア、シェリル・クロウ、ライアン・アダムス、トム・ジョーンズなど)と、英国を代表する2名のセッション・ドラマーが参加。それぞれの叩くビート、ストロークからゴースト・ノートまで、類まれなる演奏力をもつ2人によって体現されたサウンドを得ることができる。ロックにも、ポップスにも、インディー・スタイルにもマッチする高品位なブリティッシュ・ドラム・サウンドを、ぜひとも制作に盛り込こう!

ステムを自在にミックス可能

ソフトウェア音源で、ドラム・キットのような複数のマイクで収録された素材を扱うには困難がつきまとう。ステレオ音源だけだとバランスが調整できないが、すべてのマイクを自分でミックスするには時間も、経験も足りない。London Groovesの各グルーブにはステム・バージョンが用意されており、SampleTankの8つのMACROノブにキック、スネア、キット全体、ルームマイクなどがアサインされているため、各ステムのバランスを簡単に調整可能だ。SampleTankのEDIT画面では、各ステムをエレメントとして扱うこともでき、ピッチ、フィルター、エンベロープやLFOなどシンセサイザー・エンジンにて、クリエイティブな音色操作も楽しめる。London Groovesにはステレオ・ミックス・バージョンも収録されており、DAWプロジェクトにドラッグ&ドロップして44.1kHz/24-Bit WAVファイルとして使用することも可能だ。

英国スタジオならではの、アナログ機材を駆使したレコーディング

ジェレミー・ステイシーのドラムは、デペッシュ・モード、ノエル・ギャラガーなど多くの名盤を生み出してきたロンドンのスタジオ、The Poolで収録され、London Groovesでも、非常に希少なEMTコンソールを筆頭に、Altec、API、Urei、Tube-Tech、Chandler、Neve、ADLといったアナログ機材が使われいる。マイクにも数々の名機が使用されており、キック・ドラムにはNeumann FET47sおよびAKG D30、タムにはNeumann U87s、オーバーヘッドにはSTC4038などが使われ、ヴィンテージのNeve 10 series pre/EQに接続されている。ドラム・キットには、ジェレミー・ステイシーの所有するTamaのフラッグシップ・モデルであるStar Mapleキットを22”、12"、13”、16”の構成で使用。シンバルにはIstanbul Agopが使われ、スネアにはTamaのStarphonic、ヴィンテージのSlingerland、そして彼のみが所有するWhite Rogers snareが使用されている。

ジェイソン・クーパーも、自身が所有するドラム・コレクションをロンドンのNarcissus Studioに持ち込んでレコーディングされた。オーストラリアのドラム・メーカーのBrady kit及びLudwig 14x6” Black Beautyを基本とし、Noble、Cooley、Yamahaなど様々なキック / スネア、Zildjianのシンバルが、収録されるビートに合う最適な構成で使用された。収録マイクにはヴィンテージからモダン・モデルまで使われ、またプリアンプにもNeve 1064 pre/EQ、UA 610、Analogue Addicts、Sontronic Sonora II preampなどが使用されている。グリット感がありつつも自然なサウンドとするために、GatesやUreiなどのヴィンテージ・コンプレッサーやSansampなどによって、わずかなアナログらしさが付加されている。

無償のSampleTank Custom Shopでも利用可能

SampleTank 3は、スタンドアローンおよび64-bit AAX、AU、VST対応DAWのプラグインとして使えるソフトウェア音源だ。作曲に必要な音をすぐに見つけることのできる音色ブラウザ、楽器、エフェクトを簡単にミックス可能な16パート・マルチティンバー仕様と内蔵ミキサーと、「いつまでも弾き続けたくなる」と評される音楽的な音色により、多くの作曲家が真っ先に開く音源となっている。SampleTank 3のライブラリーは、IK Multimediaオンラインストアから購入できる他、無償で提供されているSampleTank Custom Shopに追加することもできる。Custom ShopにはTerry Bozzio Drums、Hugh Padgham Drums、Neil Peart Drums、Billy Cobham Drumsなど多くのドラム・ライブラリーもそろっており、アプリ内で各ライブラリーのデモを試聴したり、購入することも可能だ。

London Grooves収録コンテンツ
・総計6GB、1,500以上のWAVファイル
・300以上のステレオ・ループを収録した35のグルーブ・インストゥルメント
・1,200以上のステム・ループを収録した35のグルーブ・インストゥルメント

さらに詳しい情報はこちら

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP