16トラックのオーディオ、Europa Synthesizerを含む10のインストゥルメンツが使用可能

コルグ、Propellerhead「Reason10 Intro」をリリース!

コルグ、Propellerhead「Reason10 Intro」をリリース!

2018/05/26


Reason 10 IntroReason 10 Intro

コルグからPropellerhead「Reason 10 Intro」がリリースされた(2018年6月上旬 パッケージ版発売)。価格はオープンプライス(市場予想価格¥8,000・税抜き)。

「Reason 10 Intro」は、16トラックのオーディオとMIDIレコーディング、Europa Synthesizerを含む10のインストゥルメンツ、強力な11のエフェクト、シンセサウンド、ループ、サンプリングされたインストゥルメントを収録した3.7GBのサウンド・ライブラリーなど、Reason が誇る伝説のインストゥルメントやエフェクト、シンプルなレコーディングツールからスタジオグレードのミキシングツールまで、音楽を作るために必要なものがすべて揃っているのが特徴。これから音楽制作を始めるビギナーやReasonならではの機能を試したい中級者にもオススメだ。

主な特徴
●10 のインストゥルメンツ(Europa Shapeshifting Synthesizer、Thor Polysonic Synthesizer、Subtractor Synthesizer、NN-XT Advanced Sampler、Kong Drum Designer 等)
●11 のエフェクト(RV7000 mkII 、 Advanced Reverb 、 Scream 4 distortion、Softube Guitar Amp、Softube Bass Amp 等)
●ピッチ・エディット、オーディオ・エディット、オーディオ・クォンタイズ等のプロフェッショナル・レコーディング・ツ
ール
●バス・コンプレッサーを搭載したアナログ・モデリング・ミキシング・コンソール

動作環境
Mac OS:
●高速で安定したインターネット接続
●マルチコアプロセッサ搭載の Intel Mac
●4 GB RAM(大規模な[ReFills]または[Rack Extensions]の場合は 8 GB 以上を推奨)
●4 GB のシステムディスク空き容量、オプションのコンテンツの 8 GB。さらに、プログラムは最大 20 GB のスクラッチデ
ィスク領域を使用することがあります。
●[Mac OS X] 10.7 以降(64 ビット)
●少なくとも 1280x768 の解像度のモニタ
●[CoreAudio]準拠のオーディオインターフェイスまたは内蔵のオーディオハードウェア
●MIDI インターフェースと MIDI キーボードを推奨

Windows:
●高速で安定したインターネット接続
●Intel または AMD マルチコアプロセッサ
●4 GB RAM(大規模な[ReFills]または[Rack Extensions]には 8 GB 以上を推奨)
●4 GB のシステムディスク空き容量、オプションのコンテンツの 8 GB。さらに、プログラムは最大 20 GB のスクラッチデ
ィスク領域を使用することがあります
●[Windows 7]以降(64 ビット)
●少なくとも 1280x768 の解像度のモニタ
●ASIO ドライバを使用したオーディオインターフェイス
●MIDI インターフェースと MIDI キーボードを推奨

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP