ニューヨークでパワーアップした彼らのニューアルバム

DEEP『THE SINGER』インタビュー

DEEP『THE SINGER』インタビュー

2018/06/27


DEEPがニューアルバム『THE SINGER』を6月27日にリリースした。今作は前作から三年ぶりとなる待望のフルアルバムで、シングル曲を筆頭に、ラブバラードやライブで盛り上がること間違いなしの新曲、カバー曲2曲を収録するなどバラエティ溢れる作品。今回TuneGateでは、メンバー4人を迎えて、アルバムの聴きどころをはじめ、収録曲の解説や歌詞に対する想いなどについて語ってもらった。また、初回限定盤の特典映像についてもコメント。ファン必見のインタビューだ。

取材:橋本周大(編集部)

 

──まず、アルバムをリリースするにあたり、どのような作品にしようと思われたのでしょうか?

YUICHIRO:約3年ぶりのアルバムで、ソニーに移籍して第一弾のシングル「MAYDAY」も2年前の楽曲なんです。普通であればポンポンポンとリリースしようという話だったんですけど、「MAYDAY」のリリース後に9ヶ月間ニューヨークへ行って、教会で歌ったり、バーで生バンドのライブに飛び入りで参加したりと色々学んできました。そういったことを踏まえて今回のリリースに至りました。先日リリースした「SING」という楽曲が一番『THE SINGER』というタイトルに繋がっているのかなと。

──「SING」ありきで『THE SINGER』というタイトルをつけられのですか?

YUICHIRO:はい、メンバーはもちろんスタッフさんと。候補は色々あったよね。

KEISEI:うん、THEを入れるか入れないか、とか。

YUICHIRO:『SINGERS』するとかね。

KEISEI:でも方向性は一緒でした。

──SINGER=歌手とういことを提示したアルバムにしようと?

YUICHIRO:そうですね、R&Bテイストの楽曲から、アカペラ、「あなたに」のような超どバラードまで。僕らはコーラスグループでもあるんですけど、一人ずつがSINGERであるということを表現したアルバムになっているんじゃないかと。僕らは活動を始めて11年なるんですけど、だからこそ歌える曲達が集まった作品です。

──では、収録曲についてお聞きします。YouTubeにMVが公開されて話題の「Celebrate」ですが、KEISEIさんが作詞をされて、作曲にも参加されていますがどのように作られたのでしょうか?

KEISEI:作曲しているカルロスっていう人がいるんですけど、彼がトラックを作っています。それに僕がメロディーを乗っけて行くみたいな感じで。で、結構バンバン作ってく感じで、試聴会しては作ってという作業の繰り返しで。「これ以上で出ないぞ」というところまでやって。それはもう、やり切った感じでした(笑)。

──歌詞は先に書かれていたんですか?

KEISEI:はい、ある程度書いてありました。「こういうワードを入れたいな」というのは頭にあって。変な話、綺麗な結婚式ソングってたくさんあると思うんです。「そんなキレイな恋愛だったかなって?」でも、それが現実で、僕ら世代の男性って同じ考えだと思うんです。夜遅く帰ってきて怒られて。

──リアルですね。

KEISEI:「帰るっていったじゃん!」みたいな。そういうあり得るようなことをラブソングとして...。

YUICHIRO:多くはないんじゃない?(笑)

KEISEI:一度知人に言われたことがあるんですけど、「パートナーがいるからこそあの曲は分かる」みたいな。本当はもっとリアルに描きたかったんですけど。

TAKA:「キレイなことだけじゃないよ」ってことでしょ?

──個人的に4曲目「U-turn love」とリンクしているように感じました。

KEISEI:確かに雰囲気は近いですね。何だかんだ、嫌いになりもするし、喧嘩もするし。結果的にそこにあるのは信頼ですから。好きとか、愛してるじゃなんです。信用が生まれるんです。そうすると人間は好きを超えるんです。「お前しかいない」と。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

DEEP
『THE SINGER』

2018年6月27日(水)発売


初回限定
【初回生産限定盤】CD+DVD盤
 AICL-3527~3528 / ¥4,980(TAX IN)




通常
【通常盤】CD盤
AICL-3529 / ¥3,000(TAX IN)

◆CD

1. MORE DEEP
2. MAYDAY
3. SING
4. U-turn love
5. I MISS YOU
6. Turn Back Time
7. Butterfly
8. Celebrate
9. Guess What Girl
10. DWTS
11. あなたに
12. The One

◆DVD

・「MAYDAY」MUSIC VIDEO
・「SING」MUSIC VIDEO
・「Celebrate」MUSIC VIDEO
・「SING」LYRIC VIDEO
・「Celebrate」LYRIC VIDEO
・特典映像A
「DEEP」について知りたいベスト50
・特典映像B
コーラスグループ「DEEP」ならではのハーモニーが堪能できる童謡のアカペラ動画
DEEP プロフィール

2006年12月、リーダーのTAKAに加え、『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ ASIAN DREAM』のファイナリストYUICHIRO、3次審査まで進んだKEISEIとRYOをメンバーに ”COLOR”として本格的な活動をスタート。

EXILE ATSUSHIがプロデュースして一気に注目を集め、2009年、グループ名を”DEEP”に改名。 2011年5月31日に初の日本武道館公演を成功させてトップアーティストしての地位を確立させる。 同年に発売したシングル 「君じゃない誰かなんて〜Tejina〜」 はオリコンウィークリーチャート 自身最高位の3位を獲得。2012年1月には切なくも前向きなバラード「Callin You」をリリースし、DEEPシングルが5作連続での オリコン・ウィークリー・チャートTOP10入りとなった。

そして2月には、ニューアルバム「YOUR STORY」をリリースし、このアルバムを引っ提げて開催した ホールツアー『DEEP LIVE TOUR 2012“YOUR STORY”』は約2万人を動員した。 そして8月にTBS番組祭り『夏サカス2012~笑顔の扉~』のテーマソングを飾った「GO」をリリース。 9月には、『キリンチャレンジカップ2012』“日本代表 対UAE代表戦”の日本国歌斉唱を務め、 12月19日に極上の冬バラード「夜風」をリリースし、オリコンウィークリーチャートTOP10入りを果たす。

2013年は『DEEP BEST LIVE YEAR 2013』を掲げ、全国ライブハウスツアーをスタート。2月には、念願のBEST ALBUM「DEEP BEST」をリリースし、オリコンウィークリーチャート3位を獲得。その後、全国ホールツアーを敢行し、2013年を締めくくる12月の渋谷公会堂 FINAL公演を成功させた。 その後も2014年~2015年、全国ツアーとシングル&アルバムリリースと精力的に活動し、2015年12月にavex から Sony Musicへ移籍発表。

「MAY DAY」 「SING」 「Celebrate」とリリースをして来た彼らが満を持してお届けするフルアルバム「THE SINGER」。EDMナンバーからアカペラまでを歌い上げるハーモニーに注目!!EXILE THE SECOND LIVE TOUR で EXILE SHOKICHIと共に歌い上げ好評を博した名曲「The One」を本邦初カバーを収録!バラエティに富んだ全12曲を聴き終えた時、満足感に満たされることは間違いない!さらに特典映像にはアカペラ動画、DEEPへの50の質問が収録される!!

オフィシャルサイト

関連する記事

PAGE TOP