ニューヨークでパワーアップした彼らのニューアルバム

DEEP『THE SINGER』インタビュー

DEEP『THE SINGER』インタビュー

2018/06/27

 

──次に、一変してスローバラードなピアノソング「あなたに」の印象についても教えてください。

RYO:ファンの方に刺さる曲だと思います。ライブでは歌ってないんですけど、僕らのファンは絶対好きになる曲だと思います。メロディが気に入っててスッと入ってくる感じが心地良いです。歌詞に関しては、恋愛ソングなんですけど、捉え方としては自分の大事な人への感謝だったり、「普段言わないことを言ってみようかな」と個人的には思って欲しいですね。

YUICHIRO:僕は “そう、慣れすぎた日々の中” ところが印象的で、人ってずっと一緒にいることで、だんだん馴れ合いになってきて、マンネリ化するじゃないですか。そこで改めてふと考えた時に「その人がいてくれるからこそ、自分が生かされているんだな」と。初心に帰るじゃないですけど、感謝や愛を伝えないといけないんだなという大切な気持ちにさせられました。あとは裏声と地声をいったりきたりするので、その切り替えに苦労しました。男性の方がカラオケで絶対歌いたくない曲だと思うんですけど、そのあたりを注意しながら歌ってもらいたいです。

KEISEI:サビの “あなたにあなたに伝えたい想いを一つ一つ 集めてみて 好きになったから”というフレーズが気に入っています。自分の過去と照らし合わせて聴いてみたりしましたね。思い出せないことが多いんですけど。人との関わりで生まれた言葉や物など大事にしようと思いました。今恋に悩んでる子達に聴いてもらいたいです。

TAKA:僕はスゴくキレイな世界観の曲だと思います。メルヘンまではいかないですけど、他愛のない恋愛の一欠片というか。恥ずかしくて言えない「好き」っていう言葉を「ちゃんと伝えようね」っていう可愛げのあるラブバラードだと感じました。サビが一番耳に残るフレーズだと思うんですけど、徐々に徐々に “あなたに” 向かっていく感じ、さっきYUICHIROも言ってましたけど、裏声地声の部分。ぜひ相手に向けて歌って欲しいです。素直ななことを言えない代わりに、歌ってあげたら喜んでくれると思います。

──ところでカバー曲が2曲入っていますね。

YUICHIRO:まず「Butterfly」はDEEPが歌わそうな曲って何だろう?って考えたら、木村カエラさんの「Butterfly」だと。

──SHOKICHIさんの楽曲「The One」を収録した理由というのは?

YUICHIRO:EXILE THE SECONDさんのツアーにコーラス出演させていただいていたんですが、SHOKICHIのソロ曲で僕らも歌わせてもらって。33公演も一緒に歌ったので、DEEPとしてカバーしたいなと。で、SHOKICHIに「アコースティックVerでカバーしたいんだけど」って相談したら「めっちゃ良いですね!」って言ってもらって収録することになりました。

──カバーを歌う時はどのようなことに気をつけているのでしょうか?

YUICHIRO:いかに自分のものにできるかっていうのを心がけています。僕ら4人が歌うことでDEEPらしさを表現する。これがカバーの良さじゃないかなと。

──それでは最後に、ファンに向けて今作の聴きどころを含めたメッセージをお願いします。

RYO:3年ぶりのアルバムということで、まずは「お待たせしました」と。そして、『THE SINGER』というアルバムで、改めて自己紹介をする作品になったと思っています。ライブをイメージできる曲もあるので、これを聴いて楽しみにしていて欲しいです。

YUICHIRO:たくさんの方にこのアルバムが届いて欲しいとですし、ライブにも遊びに来て欲しいなと。それと初回限定盤のDVDなんですが、通常のMVとメイキングだけではなく、「DEEPに聞きたい50のこと」というバラエティ色強めな特典映像も収録されています。改めてメンバーそれぞれがお互いを理解しているかを確かめる企画になっているので、これを見てDEEPの違った一面も深く知ってもらえたらうれしいです。

KEISEI:タイトルの通り歌がメインのアルバムになっていますので、歌が好きな方はぜひ手にとってもらえたらなと思います。バラードからアカペラまで色々な曲が入っているので、あなたがカラオケで歌いたい曲、必ず入っています! ぜひチェックよろしくお願いします。

TAKA:本当にみんなが言った通りです。このアルバムを聴きこんでいただいて、覚えていただくのも良いですし、ドライブだったり生活の一部に取り入れてもらえたら幸いだなと。それとカラオケで歌ってみて欲しいかな。特典映像に関しても僕らのプライベートな部分を垣間見えると思うので、ぜひ見て欲しいです。最後に、何よりもライブにへ遊びに来ていただきたい。必ず機会を作れるよう僕達も頑張ります。アルバム『THE SINGER』を、ぜひ聴いてみてください。

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

DEEP
『THE SINGER』

2018年6月27日(水)発売


初回限定
【初回生産限定盤】CD+DVD盤
 AICL-3527~3528 / ¥4,980(TAX IN)




通常
【通常盤】CD盤
AICL-3529 / ¥3,000(TAX IN)

◆CD

1. MORE DEEP
2. MAYDAY
3. SING
4. U-turn love
5. I MISS YOU
6. Turn Back Time
7. Butterfly
8. Celebrate
9. Guess What Girl
10. DWTS
11. あなたに
12. The One

◆DVD

・「MAYDAY」MUSIC VIDEO
・「SING」MUSIC VIDEO
・「Celebrate」MUSIC VIDEO
・「SING」LYRIC VIDEO
・「Celebrate」LYRIC VIDEO
・特典映像A
「DEEP」について知りたいベスト50
・特典映像B
コーラスグループ「DEEP」ならではのハーモニーが堪能できる童謡のアカペラ動画
DEEP プロフィール

2006年12月、リーダーのTAKAに加え、『EXILE VOCAL BATTLE AUDITION 2006 ~ ASIAN DREAM』のファイナリストYUICHIRO、3次審査まで進んだKEISEIとRYOをメンバーに ”COLOR”として本格的な活動をスタート。

EXILE ATSUSHIがプロデュースして一気に注目を集め、2009年、グループ名を”DEEP”に改名。 2011年5月31日に初の日本武道館公演を成功させてトップアーティストしての地位を確立させる。 同年に発売したシングル 「君じゃない誰かなんて〜Tejina〜」 はオリコンウィークリーチャート 自身最高位の3位を獲得。2012年1月には切なくも前向きなバラード「Callin You」をリリースし、DEEPシングルが5作連続での オリコン・ウィークリー・チャートTOP10入りとなった。

そして2月には、ニューアルバム「YOUR STORY」をリリースし、このアルバムを引っ提げて開催した ホールツアー『DEEP LIVE TOUR 2012“YOUR STORY”』は約2万人を動員した。 そして8月にTBS番組祭り『夏サカス2012~笑顔の扉~』のテーマソングを飾った「GO」をリリース。 9月には、『キリンチャレンジカップ2012』“日本代表 対UAE代表戦”の日本国歌斉唱を務め、 12月19日に極上の冬バラード「夜風」をリリースし、オリコンウィークリーチャートTOP10入りを果たす。

2013年は『DEEP BEST LIVE YEAR 2013』を掲げ、全国ライブハウスツアーをスタート。2月には、念願のBEST ALBUM「DEEP BEST」をリリースし、オリコンウィークリーチャート3位を獲得。その後、全国ホールツアーを敢行し、2013年を締めくくる12月の渋谷公会堂 FINAL公演を成功させた。 その後も2014年~2015年、全国ツアーとシングル&アルバムリリースと精力的に活動し、2015年12月にavex から Sony Musicへ移籍発表。

「MAY DAY」 「SING」 「Celebrate」とリリースをして来た彼らが満を持してお届けするフルアルバム「THE SINGER」。EDMナンバーからアカペラまでを歌い上げるハーモニーに注目!!EXILE THE SECOND LIVE TOUR で EXILE SHOKICHIと共に歌い上げ好評を博した名曲「The One」を本邦初カバーを収録!バラエティに富んだ全12曲を聴き終えた時、満足感に満たされることは間違いない!さらに特典映像にはアカペラ動画、DEEPへの50の質問が収録される!!

オフィシャルサイト

関連する記事

PAGE TOP