6/15には映画『空飛ぶタイヤ』主題歌の配信がスタート

サザンオールスターズ、公式Twitterにて闘魂川柳コンテストを開催

サザンオールスターズ、公式Twitterにて闘魂川柳コンテストを開催

2018/06/14


サザンオールスターズが、公式Twitterにて “「闘う戦士たちへ愛を込めて」闘魂川柳コンテスト”と題したファン参加型の企画をスタートさせた。

/

新曲「闘う戦士たちへ愛を込めて」が、矛盾を感じつつストレスを抱えながらも社会で働く、すべての“闘う戦士たち”への讃歌であるということで、 “しんどい現代社会に立ち向かう!”をテーマにした川柳を、 「#サザン」「#闘う戦士たちへ愛を込めて」「#闘魂川柳」をつけてTwitterでツイート、投稿された方の中から抽選で 50名様にサザンオールスターズ「闘う戦士たちへ愛を込めて」オリジナルグッズが当たるという企画になっている。応募期間は6月13日(水)から6月22日(金)まで。

(例・しんどいね そんな時こそ サザン聴く)

「闘う戦士たちへ愛を込めて」は、2015年に発表されたアルバム『葡萄』以来、約3年ぶりとなるファン待望の新曲。長瀬智也、ディーン・フジオカ、高橋一生、深田恭子などの超豪華キャストを迎えた、池井戸潤原作にして池井戸作品初映画化となる『空飛ぶタイヤ』(6月15日公開/松竹)の主題歌として書き下ろされたこの曲は、池井戸作品ならではの痛快なエンディングをさらに盛り上げ、まさに「闘う戦士たちへ愛を込めて」という曲のタイトル通り、映画を離れたところでも「矛盾を感じつつ、ストレスを抱えながら」も社会で働く、すべての“闘う戦士たち”への讃歌とも言える楽曲になっている。6月15日(金)の楽曲配信リリース日に先駆けて全国ラジオ局でオンエアが解禁されると、全国のラジオ局にリクエストが殺到しオンエアチャートで堂々1位を獲得した。

新曲に加え、サザンの名曲が使われたテレビCMや、デビュー記念日6月25日と翌日26日の2日間に渡り開催されることが決定し、応募が殺到している40周年キックオフライブ&ライブビューイングなどサザンの話題が続いている。まもなく40周年を迎えるサザンオールスターズに引き続き注目だ。
 

配信情報

「闘う戦士たちへ愛を込めて」
映画「空飛ぶタイヤ」主題歌
6月15日(金)より配信リリース
 

ライブ情報

サザンオールスターズ キックオフライブ 2018
「ちょっとエッチなラララのおじさん」

≪日時≫
2018年6月25日(月) 18:00開場/19:00開演
2018年6月26日(火) 18:00開場/19:00開演
≪会場≫ 東京・NHKホール
≪チケット代≫ 全席指定 9,000円(税込)
※5歳以上有料/お子様の同伴は、4歳以下の場合チケットは不要です(ひざ上観覧となります)。
≪一般発売(抽選)≫ http://l-tike.com/sas/
エントリー受付期間:6月16日(土) 13:00~6月17日(日)23:59
≪公演に関するお問い合わせ先≫ キョードー横浜 045-671-9911 (日祝を除く月曜~土曜 11:00~18:00)

【ライブビューイング情報】
サザンオールスターズ キックオフライブ 2018
「ちょっとエッチなラララのおじさん」ライブビューイング
≪日時≫ 2018年6月26日(火)19:00開演 ※開場時間は映画館によって異なります。
≪会場≫ 全国各地の映画館
≪チケット代≫ 全席指定 3,500円(税込)※3歳以上有料/3歳未満で座席が必要な場合は有料となります。
≪一般発売(先着)≫ http://l-tike.com/sas-lv/
6月23日(土)13:00~
※映画館での当日券販売はございません。
■サザンオールスターズ オフィシャルファンクラブ「サザンオールスターズ応援団」 チケット先行受付(抽選)に関する詳細はこちら
サザンオールスターズ応援団 オフィシャルホームぺージ
https://www.sasfc.jp/
■ライブビューイングに関する詳細はこちら
http://liveviewing.jp/sas40thko/
 

映画情報

空飛ぶタイヤ
2018年6月15日(金) 公開
長瀬智也
ディーン・フジオカ 高橋一生
深田恭子 岸辺一徳 笹野高史 寺脇康文 小池栄子 阿部顕嵐(Love-tune/ジャニーズJr.) ムロツヨシ 中村蒼

原作:池井戸潤「空飛ぶタイヤ」(講談社文庫、実業之日本社文庫)
監督:本木克英  脚本:林民夫  音楽:安川午朗
主題歌:サザンオールスターズ「闘う戦士たちへ愛を込めて」(タイシタレーベル/スピードスターレコーズ)
企画・配給:松竹  (c)2018映画「空飛ぶタイヤ」製作委員会

物語:ある日突然起きたトレーラーの脱輪事故。整備不良を疑われた運送会社社長・赤松徳郎(長瀬智也)は、車両の欠陥に気づき、製造元である大手自動車会社のホープ自動車カスタマー戦略課課長・沢田悠太(ディーン・フジオカ)に再調査を要求。同じ頃、ホープ銀行の本店営業本部・井崎一亮(高橋一生)は、グループ会社であるホープ自動車の経営計画に疑問を抱き、独自の調査を開始する。それぞれが突き止めた先にあった真実は大企業の“リコール隠し” だった。果たしてそれは事故なのか、事件なのか。男たちは大企業にどう立ち向かっていくのか。正義とはなにか、守るべきものはなにか。日本を代表するオールスターキャストによる世紀の大逆転エンタテインメント!

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP