人気の宅録女子がARQにひと目惚れ!

ズーム「ARQ AR-96」試奏インタビュー
【AZUMA HITOMI(アズマ ヒトミ)編】

ズーム「ARQ AR-96」試奏インタビュー【AZUMA HITOMI(アズマ ヒトミ)編】

2016/07/28


円型のボディに様々な可能性を秘めたミュージック・パフォーマンスツール、ズーム「ARQ AR-96」。一体どんな製品なのか? 気になっている人も多いことでしょう。このページでは、そんな「ARQ AR-96」を人気宅録女子のAZUMA HITOMIさんにいち早く試奏して頂きました。どんなコメントが飛び出すか。必見のインタビューです!
 

 


──まずARQ AR-96の第一印象はいかがでしたか?

AZUMA:初めて写真で見た時に、パッドが光ることが「試奏したい」と思った決め手でした(笑)。楽器が光るというのは、特にテクノ系ミュージシャンやDJにとって、パフォーマンスで華やかさを演出するポイントですし、ARQは色や光らせ方をカスタマイズできるのがすごいです。とにかく光るという点にひと目惚れしました。実際に触ってみると、驚くほどいろんなことができて、家でループやトラックを作り込みたい人と、ライブでパフォーマンスをしたい人の、どちらも満足できるように作られています。しかも、今までのように「まずパソコンでループを作って、それをサンプラーに取り込んで」みたいに、段階的にマシンを使い分けていくのではなくて、ARQだけで一貫してトラックやループが制作できるので、スピーディーに曲を完成させられそうです。

──内蔵音源の音質はいかがでしたか?

AZUMA:ドラムやシンベの音色を中心に試してみましたけど、どれも音がしっかりしていて良かったですね。それに、ARQは波形から音を作っていけるので、オリジナルの音色が作れる点も気に入りました。奇抜な見た目をしているので、「今風の音しか入ってないんでしょ?」と思っている人には、「ARQは使い方次第でどんな音も出せるんだよ」ということを言いたいですね。

──内蔵のエフェクトの品質や操作性についてはいかがでしたか?

AZUMA:新しい機材に敏感な人や、DJをやっている人にとって、エフェクトは一番のポイントなんです。エフェクトをどれだけカッコ良くキメられるか、聴き手をどれだけ高揚させられるかという点は重要ですね。そういう意味でもARQは、ボタンを押せばすぐにフィルターやリバーブとかをかけられるし、それをツマミでコントロールしたり、ホールドさせたりといったことが、とてもやりやすいパネルデザインになっているので、ライブで簡単に見せ場を作れると思います。

 

/

例えば、フィルターのキーを押しながらパラメーターノブをグリグリ回してフリーケンシーやレゾナンスを動かせば、DJやダンスミュージックでおなじみのウネるような効果を簡単に作ることができる。また、スネアが割り当てられたパッドを押したままホールドキーを押すと、スネアの高速連打なども簡単に鳴らすことが可能だ

 

──Ring Controllerの使い心地や、本体から外して持った時の感触はいかがでしたか?

AZUMA:思ったよりも軽いですし、持ちやすいので、女の子でもカラオケのタンバリン感覚で使えると思います(笑)。縦や横に傾けると音色が変化するんですけど、これでエフェクトのかかり具合を変えれば、お客さんからも今ミュージシャンが何をやっているのかがわかりやすいと思います。パッドをレインボーカラーに光らせたりとか、アクロバティックなこともできますし、ライブをやる側と見る側の両方が、とても楽しい気持ちになる楽器だと思いました。
 

/本体からRing Controllerを取り外すと、タンバリンのように叩いて音を鳴らすことができる。その際、握った位置で音が出ないようにする機能が搭載されているので、余計な音が鳴る心配も無用だ

 

──確かに、体の動きと音の変化が一致するのはARQならではですよね。

AZUMA:それこそループを組んでいく過程を、パフォーマンスとして見せることだってできますよね。私だったら、ある程度のパターンを自宅で完成させておいて、パッドをKEYレイアウトにしてコントローラーを鍵盤みたいに演奏することで自分のオリジナリティを出してみたいですね。あと、仲間と数人でARQを持って演奏すると、テクノっぽくて面白そうですよね(笑)。とにかくユニークな楽器なので、「こんな使い方もあるのか!」という自分ならではのアイディアを見せられたら楽しそうですし、それだけ使う人の個性が出せる可能性を秘めた楽器だと思いました。

 

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

ズーム「ARQ AR-96」

【主な仕様】
・パッド数:96個
・LED数:160個
・音質:24ビット/44.1kHz
・最大同時発音数:16
・最大同時使用インストゥルメンツ数:33
・シーケンサー:最大ステップ数=32、テンポ=40〜250BPM
・ルーパー:サンプリング周波数=16ビット/44.1kHz、メモリ=内蔵(32MB)、記録媒体(SD/SDHC/SDXC)


【電源/サイズ】
・電源:内蔵電池(リチウムポリマー充電池)、
外部電源(別売ACアダプター/AD-14)
・外形寸法:
Base Station=260(W)×64(H)×260㎜(D)
Ring Controller=280.5(W)×33.5(H)×280.5㎜(D)
・重量:
Base Station=990g
Ring Controller部=540g


■価格:オープンプライス
(¥67,000前後)

メーカー詳細ページ

「Base Station」について

ARQ AR-96の「Base Station」には、468種類のPCM波形と70種類のシンセ波形を内蔵したパワフルなサウンドエンジンを搭載しています。また、最大5系統のDSPエフェクトを同時使用可能で、楽曲を再生しながらリアルタイムに利用できます。さらに、ステレオライン出力と専用ボリューム付きヘッドフォン端子に加え、ループ素材を録音できるステレオライン入力も装備。WAV形式のループ素材を取り込めるSDカードスロットを備え、シーケンスデータや音色キットのバックアップ保存、本体のファームウェア・アップデートにも対応。パソコン接続用のUSBポートも用意されています。

「Ring Controller」について

着脱式の「Ring Controller」は、「Base Station」だけでなくMac/iOS機器とBluetoothでワイヤレス接続して、多機能なMIDIコントローラーとして使用できます。ベロシティセンスおよびアフタータッチに対応した96個の自照式ドラムパッドを搭載し、リアルタイム演奏やステップ入力が快適に行なえます。
また、パッド演奏を行なうインストモードでは、キック/スネア/ハイハットなど最大32個の異なる音色を割り当ててリズム演奏が行なえる「PADレイアウト」と、1つの音色に音階を付けてキーボードのようにメロディを演奏できる「KEYレイアウト」を使い分けることができます。さらに、3軸加速度センサーを内蔵し、コントローラーの傾きや回転させる動作でエフェクトパラメーターをリアルタイムに制御できます。内蔵リチウムイオン電池で動作し、ベースステーションに設置すると自動的に充電を開始します。

その他の「ARQ AR-96」関連記事

「ARQ AR-96」では、どのようなサウンドを鳴らすことができるのか!? TuneGateでは動画付きで特集記事も公開しています。ARQ AR-96の基本的な使い方を知りたい人は、ぜひともチェックを!

解説記事はこちら

Ryu☆、korsk、かめりあ、P*Light

国内はもちろん、海外でも活躍する人気DJ/クリエイター、EDP(EXITTUNES Dance Production)所属の4名(Ryu☆、korsk、かめりあ、P*Light)がARQを試奏。その印象や活用法を語ってもらった。

(プロフィール=Ryu☆)
2000年、コナミの音楽ゲーム「beatmania IIDX 3rd style」の公募に送った楽曲が同ゲームに採用され、以来「beatmania」シリーズの主力トラックメーカーとして活躍。2016年4月「日本のダンスミュージックを世界に」をコンセプトに自身企画主宰のレーベル・プロダクション「EDP」を設立。海外も含めた幅広い展開を行っている。

(プロフィール=kors k)
2000年、beatmania IIDX 4th Styleにて弱冠16歳でデビューを飾り、9th Style以降レギュラーメンバーとして楽曲を提供し続ける。2014年にメジャーデビューを果たし、自身のレーベルS2TB Recordingを主宰している。

(プロフィール=かめりあ)
1992年生。2003年、弱冠10歳から母親のPCでDTMを始める。2016年には人気ボーカリストkradnessとのユニット「Quarks」を結成、5月にはワンマンライブを行うなど活動の幅を広げつつ、 7月には自身初となるメジャーソロアルバム「MEGANTO METEOR」のリリースを発表した。アイドル「私立恵比寿中学」(編曲)、「METROPOLIS」(作編曲)、「末広アンテナ」(編曲)などにも参加。

(プロフィール=P*Light)
2007年から本格的に音楽制作を開始。トラックメイカー、DJ、リミキサー等、活動は多岐にわたる。「形に囚われない、ポップで透明感のあるサウンド」をコンセプトにHAPPY HARDCORE、UK HARDCOREを中心に制作しており、一度聴いたら忘れないキャッチーでポップなP*Lightサウンドを生み出している。


試奏インタビューページはこちら

関連する記事

PAGE TOP