5年ぶりとなるオリジナルソロアルバム

デーモン閣下『EXISTENCE』インタビュー

デーモン閣下『EXISTENCE』インタビュー

2017/03/27


デーモン閣下が5年振りとなるソロアルバム『EXISTENCE』を魔暦19(2017)年3月15日にリリースした。閣下と言えば、テレビ、ラジオ、大相撲中継など、幾昔も前からコメンテイターとしても人気を博しているが、本来は音楽業界屈指の実力派ヴォーカリストであることは言うまでもない。そして、今作の『EXISTENCE』は、そんな閣下の美しい歌声とシャウトを堪能できる渾身のメロディック・ハードロックアルバムとなっている。ここでは閣下に、作詞、仮歌、レコーディングなど、アルバム制作の裏話を聞いてみた。ファンはもちろん、ヴォーカリストを目指す人も必見のインタヴューだ。

取材:布施雄一郎/東 哲哉
 

 


──魔暦17(2015)年から18(2016)年にかけては、“期間限定再集結”となった聖飢魔IIの活動を非常に積極的に行なっていましたよね。

デーモン閣下:吾輩はべつに積極的にではなかったぞ、やむを得ず、というか。ワハハハハハ(笑)

──(笑)。聖飢魔Ⅱの期間限定での活動が終った後も多忙を極める中で、閣下がソロ・アルバムを制作していたとは、驚きました。

デーモン閣下:忙しくて大変だったぞ(笑)。途中で、「もうちょっと時間があれば」とも思ったが、でも時間がなけりゃないなりに、集中するんだな。最終的には、それほど「もっと時間があれば」とは思わなかったな。

──本作でも前作「MYTHOLOGY」に続き、閣下の盟友であるスウェーデン人のサウンドプロデューサー、アンダース・リドホルムとタッグを組まれたということですが、作業はどのように進めていったのでしょうか?

デーモン閣下:吾輩が5曲、アンダースが5曲を書いているんだけれども(残り2曲は、能楽師・一噌幸弘氏の作曲)、おおむね曲が先。アンダースの曲に関しては、彼のストックの中から、今回のアルバム用に吾輩が曲を選んだ。そのストックのデモには、仮の英語詞が乗っていたんだが、吾輩がまったく新しく日本語詞を書いていくという流れだな。

──詞はどのように書いていったのですか?

デーモン閣下:もう30年も詞を書いているとだな、年々、社会に物申すことも特段なくなってきて、大体のことは言い尽くしてるんだな(笑)。だから、はっきり言ってしまうと、作詞に煮詰まっていたんだ昨今。そうした時に、日本の制作プロデューサーが、「閣下は、自由に詞を書けと言われるとすごく悩むけど、タイアップで“このアニメのテーマソングを”“この映画のエンディング曲を”となると、スラスラ書くじゃないですか」と言うんだ。つまり、設定がはっきりしているものは大得意なんだな。じゃあ、すべての曲で設定を考えればいいじゃないかということになり、「ゴールはみえた」も、「Shibuya Scrambled Crossing」も、「てふのやうにまひ」も、詞に関しては、「この曲はどんな物語にしようか?」「どんな風景が見える曲にしようか?」と、架空のドラマや映画のテーマソングを作るというスタイルで書いていったんだ。

──そうした作詞手法は、今回が初めて?

デーモン閣下:初めてだったし、ある意味で、新境地だったな。別の言い方をすれば、聖飢魔IIは“説教メタル”と呼ばるくらい、いわゆる説教臭い社会へのメッセージを歌ってきたのだが(笑)、それは言ってみれば、文章としては“エッセイ”や“論文”なわけだ。でも本作は、そういう意味では“ファンタジー”。嘘のストーリーだからね(笑)。そうやって、“エッセイ詞”ではなく、“ファンタジー詞”を書いたという点で、初めてではないけれども、自分的には新しい取り組み方だったね。

──実際に、詞はスラスラと書けましたか?

デーモン閣下:うん、案外ね。順番で言うとだな、まず詞の内容をどうこうと考える前に、曲のキーを決めるために、最初に仮歌を歌うんだ。その時に、メロディに対してパッと浮かんだ単語というのは、後々になって最終的な歌詞に残ることがよくあって。やっぱり、第一印象というのは大事だな。

──仮歌も、“ラララ”ではなく、ちゃんと“仮詞”を乗せて歌うのですか?

デーモン閣下:もちろんだ。それにも、いろんな変遷があって。それこそ、聖飢魔IIの時代に遡るんだが、最初に仮歌という作業をやり始めた頃は、本当に適当な“英語ハナモゲラ”で歌っていたんだな。でも、いざその曲に日本語の“本ちゃん”の歌詞を乗せてみると、「全然イメージが違う」ということが多々あって。英語っぽく歌うと、曲が過度にカッコよく聴こえてしまうから、これはイカンと、聖飢魔IIの割と初期段階で、仮歌も日本語で歌うようになったんだ。ただ、そう簡単に言葉が浮かぶわけではないから、適当に、その辺にある雑誌の記事とかを読みながら歌うようになって。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

デーモン閣下『EXISTENCE』
発売中

初回生産限定盤
<CD+DVD>
BVCL-785~786
¥3,800円+税

通常盤
<CD>
BVCL-787
¥3,000円+税

<収録曲>
CD
01.深山幻想記 序曲
02.ゴールはみえた
03.Forest Of Rocks
04.Just Being -ここにいる そこにいる-
05.Shibuya Scrambled Crossing
06.地球へ道づれ!
07.てふのやうにまひ
08.方舟の名はNoir
09.深山幻想記 -能Rock-
10.Post Truth -青空が殺気立つ-
11.Stolen Face
12.Heavy Metal Strikes Back -血まみれの救世主たち-

DVD
01.ゴールはみえた (Music Video)
02.H.E.Demon Kakka’s Commentary

【Concert】D.C.19年LIVE「DEMON'S ROCK "EXISTENCE" TOUR, DC19」スケジュール

・日程 4月21日(金)
時間 開場18:15/開演19:00
会場 Zepp Osaka Bayside

・日程 4月30日(日)
時間 開場16:30 /開演17:00
会場 豊洲PIT

・日程 5月6日(土)
時間 開場16:30 /開演17:00
会場 福岡電気ビルみらいホール

・日程 5月7日(日)
時間 開場16:30 /開演17:00
会場 広島市南区民文化センター

・日程 5月19日(金)
時間 開場17:30/開演18:00
会場 仙台PIT

・日程 5月25日(木)
時間 開場18:30 /開演19:00
会場 Zepp Sapporo


・日程 6月1日(木)
時間 開場17:30 /開演18:00
会場 Zepp Tokyo

・日程 6月8日(木)
時間 開場17:30/開演18:00
会場 Zepp Nagoya

【料金】¥7,000(指定.税込)
※福岡、広島公演以外は別途ドリンク代500円がかかります。

デーモン閣下
魔暦前17(1982)年、ロックバンドの姿を借りた悪魔集団「聖飢魔Ⅱ」の歌唱・説法方として現世に侵寇。魔暦前10(’89)年、大教典「WORST」はオリコンALチャート第1位を記録、「NHK紅白歌合戦」に出場(共にHM/HRでは史上初)。魔暦前5(’94)年、CNNラリーキングLive(全世界・英語生放送)に日本で活動する音楽家では初の出演。富士写真フイルム「写ルンです」CMでは大賞等を受賞。魔暦9(’07)年、女性Vo.のカバー「GIRLS' ROCK」がiTunesロック部門年間ALチャート第1位。 また、和の伝統芸能との共作活動は約30年間展開中。純邦楽器と朗読劇の新機軸追求シリーズ「邦楽維新Collaboration」は18年目で公演数74回、上海万博では「文化交流大使」も執務。魔暦10(‘08)年、初監督映画「コナ・ニシテ・フゥ」発表。魔暦18(‘16)年、NHK-ETV「ニュースで英会話」(月に一回出演)の番組主題曲作曲)、演劇「ママと僕たち~たたかえ!!泣き虫BABYS」に出演、書籍「悪魔的歌唱論」を発刊。 アーティスト活動のみならずバラエティー、スポーツ、報道、教育、芸術、環境、国際、CM、選挙特番などの媒体で「ご意見番」としても活躍しており、現在、TBS-TV「ひるおび!」、NHK-ETV「しまった!~情報活用スキルアップ」、CS放送 歌謡ポップスチャンネル「しゃべくりDJ★デーモン閣下のミュージックアワー!」などの番組に出演中。広島県がん検診啓発特使、早稲田大学相撲部特別参与(ともに5期目)。


オフィシャルwebサイト

関連する記事

PAGE TOP