日本のR&Bシーンを牽引し続けるシンガーJAY’ED。LDH移籍後初となるアルバムをリリース!

JAY’ED『Here I Stand』インタビュー

JAY’ED『Here I Stand』インタビュー

JAY’ED『Here I Stand』インタビュー

2017/06/15


日本のR&Bシーンを牽引し続けるシンガーJAY’ED。EXILE ATSUSHIとの縁でLDHに移籍した彼が、そのセカンドシーズンの幕開けにふさわしいアルバム『Here I Stand』を6月21日にリリースする。今作は、JAY’ED自身とともにEXILE ATSUSHIが全面プロデュースを担当し、PKCZ®︎、今市隆二(三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE)、DOBERMAN INFINITY、Crystal Kay、AKLOなど、様々なアーティストが参加。さらに2009年に大ヒットした「明日がくるなら」(JUJU with JAY’ED) のセルフカバーも収録されている。ここでは、EXILE ATSUSHIとの事前ミーティングやコラボアーティストとのやり取りを中心に、今作にかける意気込みを聞いてみた。

取材:東 哲哉(編集部)


──今作はEXILE ATSUSHIさんも深く関わっているということですが、ATSUSHIさんとは事前にどのようなお話を?

JAY’ED:もともと僕自身、“今僕はここに立っている” という『Here I Stand』というコンセプトでアルバムを作りたいなと思っていたんです。今まで支えてくれた仲間たち、そして、新たにLDHで出会った仲間たちと共に、これからもブレずに歌い続けたいという決意みたいなものを形にしたくて。それで、ATSUSHIくんにもそのような気持ちを話していたんです。そしたらATSUSHIくんも「JAY’EDの気持ち、そのコンセプトはすごくいいと思うよ」って言ってくれて。デモを聞いたり、色々なことを話しているうちにATSUSHIくんから「今回の作品、俺もサウンドプロデュースで参加させてもらえないかな?」という言葉をもらって。そのミーティングの時が、このアルバムの構図がハッキリと見えた瞬間だと思います。

──時期でいうといつ頃のお話だったのですか?

JAY’ED:今年の初めくらいですかね。実は、去年から自分一人でこのアルバムに向けて何曲か制作はしていたんです。でも、参加アーティストのことまでは、もちろん決まっていなくて。

──ミーティングの後はどのような展開に?

JAY’ED:その日のうちに「どんなアーティストにお願いしようか?」って話が出て。で、やっぱり新たにLDHでやるんだったら、その仲間と一緒にやろうってことになって。それからATSUSHIくんが三代目の今市隆二さんを推薦してくれたり。また、DOBERMAN INFINITYやAKLOは以前から僕も面識があって。ある意味、彼らと一緒に作るアルバムでは、今までのJAY’EDとこれからのJAY’EDの両方が出せるんじゃないかと楽しみでした。

──では、表題曲の「Here I Stand」からお聞きします。歌詞はATSUSHIさんが書かれていますよね?

JAY’ED:はい。さかいゆうさんから送られてきたデモを聞いた時に、ATSUSHIくんが「これは僕に書かせてくれないかな」って。僕にとってはすごくありがたかったです。

──歌詞を最初に見たときはどうでしたか?

JAY’ED:ミーティング後、すぐに歌詞がATSUSHIくんからメールで送られてきまして。僕の想いというか、もうこれ以上の歌詞は自分では書けないなと(笑)。そのくらいリアルに僕自身のことが描かれていたし、自問自答して、いつも自分に言い聞かせていたこととか。だから、逆に僕自身がこの歌詞で勇気付けられました。

──特に印象的だったところは?

JAY’ED:もちろん全部ですけど、やっぱり “分かってるよ 歌うことしかない” ですね。なぜなら、僕はレーベル移籍する前にフリーの時期がありまして、ライブはできるんですけど、なかなか音源をリリースするところまでは至らなくて。なんか、このままで大丈夫なのかなって思ったり。だから、またこうやってアルバムを出せる喜びが身にしみて感じられて。この歌詞を見た時に、あらためて腹をくくって覚悟しなきゃって思う部分もありました。

──まさにJAY’EDさんの今を体現した歌詞だったんですね。

JAY’ED:そうですね。

──今回のアルバムには、JAY’EDさんの代表曲「ずっと一緒」なども収録されていますよね。

JAY’ED:はい。「ずっと一緒」や「最後の優しさ」は昔の曲なんですけど、サウンド的にもう少し大人な感じにしてもいいのかなと。それに、昔から僕やこの曲を知ってくれている人たちにも、共に育ってきた感じというか、その時間をもう一度共有したいという想いもありました。
 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

JAY’ED
『Here I Stand』

6月21日発売
※先行シングル「Here I Stand」好評発売中

初回限定盤 (CD+DVD)
MUCD-8105/6
¥3,800 + 税

通常盤 (CD)
MUCD-1389
¥3,000 + 税

CD収録内容
(全13曲 初回・通常 共通)
M1 The Paradise (フジテレビ系「魁!ミュージック」6月度エンディングテーマ)
作詞:Lugz&Jera 作曲:T-SK , MoonChild , SIRIUS 編曲:T-SK

M2 Must Be MAGIC
作詞:JAY’ED 作曲:JAY’ED / Hisashi Nawata / EIGO 編曲:Hisashi Nawata / EIGO

M3 Without You feat.Crystal Kay
作詞:宏美 , JAY’ED , Crystal Kay 作曲:T.Kura , JAY’ED , Crystal Kay 編曲:T.Kura

M4 ずっと一緒 feat.Duran (RED DIAMOND DOGS/Made in Asia)
作詞:JAY’ED 作曲:JAY’ED , Jeff Miyahara 編曲:Duran (RED DIAMOND DOGS, Made in Asia)

M5 Beautiful Days (2016年シンシア エルコンシリーズ モイスチャーCM楽曲)
作詞:JAY’ED 作曲:JAY’ED , UTA 編曲:UTA

M6 blind
作詞:P-CHO (DOBERMAN INFINITY) 作曲:RYUJA , JAY'ED 編曲:RYUJA

M7 All I Did Is Grind feat.AKLO
作詞:AKLO 作曲:BACHLOGIC , JAY'ED 編曲:BACHLOGIC

M8 P.B.E feat.今市隆二(三代目J Soul Brothers from EXILE TRIBE)
作詞:JAY’ED 作曲:POCHI , JAY’ED 編曲:POCHI

M9 明日がくるなら ~JAY’ED Solo version~
作詞:JUJU・JAY’ED・Jeff Miyahara 作曲:JUJU・JAY’ED・Jeff Miyahara・RYLL & couco 編曲:Yuta Nakano

M10 MY WAY (映画「手をつないでかえろうよ~シャングリラの向こうで~」主題歌)
作詞:Paul Anka & Lucien Marie Antoine Thibaut 作曲:Claude Francois & Jacques Revaux 編曲:前嶋 康明

M11 Takers feat.DOBERMAN INFINITY
作詞:JAY’ED , DOBERMAN INFINITY 作曲:NAOtheLAIZA 編曲:NAOtheLAIZA

M12 Everybody -PKCZ® Remix-
作詞:JAY’ED 作曲:BACHLOGIC, JAY’ED Produced by PKCZ®

M13 Here I Stand (TBS系テレビ「ひるおび!」5月度エンディングテーマ)
作詞:EXILE ATSUSHI 作曲:さかいゆう 編曲:POCHI

初回限定盤DVD収録内容
1. The Paradise Music Video
2. Here I Stand Music Video
3. MY WAY Music Video
JAY'ED  Documentary  -Here I Stand-
制作のプロセスを追った映像と、アーティストJAY'ED、ひとりの人間としてのJAY’EDを知ることのできるスペシャルドキュメンタリーを収録。

JAY’ED PROFILE
日本人の父とニュージーランド人の母の間に生まれ、10歳までニュージーランドで過ごしてきた。17歳から大阪のクラブを中心に活動を始める。2008年メジャー・デビュー。代表曲「ずっと一緒」、「最後の優しさ」はYouTube再生回数が500万回以上突破。2009年にJUJU with JAY’ED「明日がくるなら」や、「Everybody」(au Smart Sports CMソング) でブレイク。1stアルバム「MUSICATION」をリリースし、オリコン・チャート初登場6位にランクインしロングセールスを記録。 2013 年Earth,Wind & Fire の“レジェンドメンバー”との奇跡のコラボレーションが実現した「September」がリードトラックの意欲的カヴァー・アルバム「JAY’EDISCO」をリリース。その後も数々のアーティストとのコラボも重ね、ジャパニーズR&Bシーンを牽引。シンガーJAY’ED待望のセカンドシーズンが幕を開ける。


オフィシャルサイト
Here I Stand 特設サイト
 

関連する記事

PAGE TOP