タイトルに込められた想いは、あなたが確かめてください。

OKAMOTO'S『NO MORE MUSIC』インタビュー

OKAMOTO'S『NO MORE MUSIC』インタビュー

2017/08/02


OKAMOTO'Sが7枚目となるアルバム『NO MORE MUSIC』を本日8月2日にリリースする。本作にはadidas CAMPUSシリーズのキャンペーンソングとしても話題の「90'S TOKYO BOYS」を筆頭に、昨年Netflixオリジナルドラマ「火花」で注目を浴びた「BROTHER」や、NHK BSプレミアムドラマ「嘘なんてひとつもないの」主題歌の「時差」など、計10曲を収録。ここでは、収録楽曲の制作秘話を中心に、表題曲「NO MORE MUSIC」が生まれた背景についても聞いてみた。2017年、全音楽ファン必聴のアルバムだ!

取材:東 哲哉(編集部)



──今回のアルバムはコンセプトを決めてから作り始めたのですか?

ショウ:自分たちとしては「BL-EP」にすごく手応えを感じていたので、それをもっとブラッシュアップした作品にしたいという思いはありました。そのために再度レコーディングエンジニアとして渡辺省二郎さんにお願いをして。渡辺さんと組んで1枚作るというのがコンセプトと言えばコンセプトでした。

──ということは、サウンドの傾向はかなりアナログ寄りに?

ショウ:省二郎さんは何でもできると思いますが、アナログと言うよりは60〜70年代のレコードっぽい質感をもっと近代寄りにしたというか。音数が少なくても粒が立って聴こえるように、レンジ感を広くしたかった。ローファイ、ハイファイなども1周回ってどこが新しいのかわからないですが、そういうのが混ざっている感じを上手く出したくて。

──「NEKO」や「BROTHER」以外の曲は初収録ということですが、割と早い段階でできた曲というのは?

ショウ:「時差」ですね。これはドラマの主題歌に決まっていたということもあって。あと、「WENDY」もコウキが早い段階で曲自体は完成させていました。

コウキ:レコーディングは最後でしたけど、曲自体は去年の年末にはまとめて書いていて。

──では比較的最近できた曲は?

ショウ:俺とコウキが共作した「SAVE ME」と「90'S TOKYO BOYS」です。実はアルバムのために収録候補曲が全部出揃った後に作りました。最初は共作する前に出揃った楽曲でアルバムレコーディングに入ろうと思っていたのですが、もしかすると2人で共作したらもっといいものが作れるのではないかと思い直して。その提案はハマくんがしてくれました。

──どのように共作されたのですか?

ショウ:「90'S TOKYO BOYS」に関しては色々な曲が混じっていて。共作の仕方としては、まずコウキが2〜3曲の断片を送ってくれて、それを俺が完成させるという手法をとりました。でも、スタジオでみんなで合わせた時に、更に以前にやった曲の要素なんかを取り込んで。なので、実質4〜5曲分混ざっているかな。

──ハマさんからの提案というのは?

ハマ:とにかく最初の断片がよかったんです。その時は、まさかこういう風に合体するとは思ってもいなかったですが。この曲はアルバムの中でもロックバンドっぽいというか、今までのバンドの流れも持っているし。この曲があることでさらにアルバムとしてのまとまりが出たと思います。

──「90'S TOKYO BOYS」は冒頭のギターフレーズもとても印象的ですよね。このサウンドはどのように出しているのですか?

コウキ:ギターに関しては前作の「BL-EP」から64年製のストラトキャスターを使っていて、この曲でもそれを使いました。今まで、あまりこういったフェンダー系のギターは持っていなかったんですけど、今回のアルバムでは割とファンキーな楽曲や切れ味鋭い方が合うものも多かったので、最近はこれを使う機会が多いです。

──レコーディングはどのように?

コウキ:この曲に関しては、ほぼ普段のライヴに近いセッティングでした。フェンダーのSuper-Sonicというアンプを使っています。

──ギターが左右で重なっていますよね。

コウキ:僕としてはDJの人がやる「音を出したり、抜いたりする」感じというか。リフで音を補強することもあるけど、歌のあるところでは抜いて歌を際立たせたり。そういう考え方で作り上げていきました。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

OKAMOTO'S
NO MORE MUSIC

発売日:2017年8月2日(水)
 

【初回生産限定盤】
(CD+DVD) BVCL-820~821
¥3,780(税込)


【通常盤】
(CD) BVCL-822
¥3,300(税込)

【完全生産限定アナログ盤】
(12インチ) BVJL-26
¥4,320(税込)


 

《収録曲》
1.90’S TOKYO BOYS
2.BEDROOM
3.BROTHER
4.NEKO
5.Cold Summer
6.NO MORE MUSIC
7.WENDY
8.時差
9.SAVE ME
10.Star Light
 
新曲「90’S TOKYO BOYS」先行配信中!
iTunesにてまとめ配信予約もスタート!
https://aoj.lnk.to/uix9u
 
【NO MORE MUSIC SPECIAL SITE】
http://www.okamotos.net/special/nmm/

【OKAMOTO'S TOUR 2017-2018 NO MORE MUSIC】

最速先行受付URL:http://pia.jp/v/okamotos17hp3/
※お1人様1公演につき4枚まで
(複数公演お申し込み可)
受付期間:7/14(金)18:00~7/23(日)23:59
チケット代: 3,900円(税込/Drink別)
※なんばHatch公演&Zepp Tokyo公演のみ、
2F指定席販売有 4,200円(税込/Drink別)
一般発売:年内公演 8月5日(土) /
1月公演 10月7日(土)
 
▼ツアースケジュール
10月30日(月)東京・恵比寿リキッドルーム
18:15 OPEN / 19:00 START
 
11月4日(土)宮城・仙台darwin
17:30 OPEN / 18:00 START
11月5日(日)新潟・新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
17:30 OPEN / 18:00 START
11月12日(日)石川・金沢AZ
17:30 OPEN / 18:00 START
11月17日(金)静岡・浜松窓枠
18:15 OPEN / 19:00 START
11月18日(土)京都・京都磔磔
17:30 OPEN / 18:00 START
11月19日(日)和歌山・和歌山CLUB GATE
17:30 OPEN / 18:00 START
11月23日(木・祝)青森・青森Quarter
17:30 OPEN / 18:00 START
11月25日(土)北海道・札幌PENNY LANE24
17:30 OPEN / 18:00 START
11月26日(日)北海道・旭川CASINO DRIVE
17:30 OPEN / 18:00 START
 
12月2日(土)山口・周南LIVE rise
17:30 OPEN / 18:00 START
12月3日(日)熊本・熊本B.9 V2
17:30 OPEN / 18:00 START
12月5日(火)鹿児島・鹿児島SR HALL
18:30 OPEN / 19:00 START
12月7日(木)兵庫・神戸VARIT.
18:30 OPEN / 19:00 START
12月9日(土)愛媛・松山サロンキティ
17:30 OPEN / 18:00 START
12月10日(日)香川・高松DIME
17:30 OPEN / 18:00 START
12月15日(金)栃木・宇都宮HEAVEN’S ROCK VJ-2
18:30 OPEN / 19:00 START
12月16日(土)長野・長野CLUB JUNK BOX
17:30 OPEN / 18:00 START
 
▼2018年
1月13日(土)岡山・岡山CRAZYMAMA KINGDOM
17:15 OPEN / 18:00 START
1月14日(日)福岡・福岡DRUM LOGOS
17:15 OPEN / 18:00 START
1月20日(土)大阪・なんばHatch
17:15 OPEN / 18:00 START
1月21日(日)愛知・名古屋DIAMOND HALL
17:15 OPEN / 18:00 START
1月28日(日)東京・Zepp Tokyo
17:00 OPEN / 18:00 START

OKAMOTO'S(オカモトズ)

Vox     オカモトショウ
Guitar  オカモトコウキ
Bass    ハマ・オカモト
Drums   オカモトレイジ


中学校からの同級生で結成された四人組ロックバンド。2010年、日本人男子としては最年少の若さでアメリカ・テキサス州で開催された音楽フェス「SxSW2010」に出演。アメリカ七都市を廻るツアーや豪州ツアー、香港、台湾、ベトナムを廻ったアジアツアーなど、海外でのライヴを積極的に行っている。2014年9月からは、ツアーファイナルとして自身初ワンマンとなる日比谷野外大音楽堂公演を含む、全国8会場での5周年記念ツアー”OKAMOTO'S 5th Anniversary HAPPY! BIRTHDAY! PARTY! TOUR!”を大盛況のうちに終了した。2016年6月3日からは「OKAMOTO’S FORTY SEVEN LIVE TOUR 2016」と題した、キャリア初の47都道府県ツアーを敢行し、ツアーファイナルは日比谷野外大音楽堂にて開催された。また、同ツアーからの厳選音源と、ツアー中に書き下ろした新曲「ROCKY」を収録し、ツアーファイナルの映像を全曲収録したBlu-ray付きライヴアルバム「LIVE」を2017年5月31日にリリース。また、2017年10月には、東京・中野サンプラザにてキャリア初のホールワンマンの開催がアナウンスされた。

関連する記事

PAGE TOP