“新たなるBugLug” を世の中に提示した待望のニューシングル

BugLug 一聖&一樹「新人生」インタビュー

BugLug 一聖&一樹「新人生」インタビュー

2017/08/18


BugLug(バグラグ)がニューシングル「新人生」を8月9日にリリースした。「新人生」は1年4ヶ月ぶりとなるシングルで、転落事故で休養していた一聖(ボーカル)にとって待望の復帰第一弾作品。ここでは奇跡の復活をはたした一聖、そしてギタリストの一樹を迎えて、5月7日に行なわれた初の武道館公演の翌日から着手したという楽曲制作秘話やレコーディングでの使用機材についてインタビュー。また、自身の音楽ルーツや9月からスタートする47都道府県ツアーに向けた意気込みも語ってもらった。

取材:橋本周大(編集部)


──今作「新人生」は1年4ヶ月ぶりのシングル、そして何よりも一聖さんの復帰第一弾作品です。どのように制作を進めて行ったのでしょうか?

一聖:まず、曲を作るのは5月7日の武道館公演よりも前から決まっていて。でも、武道館のことしか考えられなくて。「作っている暇がない」と言ったら失礼ですけど、それどころじゃないという思いだけがあったんです。なので翌日から曲を作り始めました。武道館が終わって、ある意味自分自身「新しい人生を始めた」というか、そういう思いが強かったので、今回のタイトルを「新人生」にしました。

── 一聖さんは休養というハンデがあったわけですから、これまで以上にハードなスケジュールだったのでは?

一聖:まず、退院した時点ではあまりギターも弾けなくて。「コードって何だっけ?」というところから始めていたんです。それから色々と試行錯誤をしてみて弾けるようにはなっていたので、良いタイミングで幕開けができました。

──「新人生」のコンセプトはメンバー間で話し合ったのですか?

一聖:歌詞に関しては「こういう曲で、こういう想いを伝えたい」というテーマは最初からメンバーに話していました。楽曲自体という意味では様々な方向転換をしながら進めて行ったので、過去一番詰めた楽曲だと思います。

──そのテーマというのは?

一樹:復帰一発目で「BugLugを好きでいてくれている人達を裏切っちゃいけない」という気持ちがあって。良い意味でも悪い意味でも「俺達はまだここにいて、それを新しいものに変えていくんだ」という意識を伝えたかったんです。そういった意味では、今までのBugLugの要素をふんだんに入れつつ、もっとレベルの高いこれから先を感じさせるようなサウンドを目指しました。そのテーマが決まってからは結構早かったよね?

一聖:そうだね。

── 一聖さんの復帰作品だから「感動するような作品を作ろう」という意識ではなく、今までのBugLugらしさを目指した作品だと。

一樹:そうですね。ファンに向けて「お待たせ」というか。

──今作にも該当することですが、BugLugの楽曲はキャッチーなメロディが特徴的です。そういった部分というのは制作において重要視されているのですか?

一樹:もともと一聖はキャッチーなものが好きだし、基本的にはそこを大事にしていますね。もちろん俺も含めメンバー達も好きですし。ただ、そこに比重を置きすぎるとシンプルな曲になりがちですけど、上手くバランスをとりながら新しいエッセンスを加えて広げていく作業が多いです。

──では、表題曲「新人生」は一聖さんが作詞作曲を手がけていますが、どのようにして作られたのでしょうか?

一聖:歌詞と曲ができるのは、ほぼ同時ですね。早く歌詞が書き上がる場合はイメージを共有しながらプリプロをして作り上げていくことが多いです。

──デモの段階ではどのぐらいまで作っていたのでしょうか?

一聖:1コーラスとちょっと作っていました。ただ、色々アレンジを加えていったので、だいぶ変わったと思います。

──ギターを弾きながら作ったのですか?

一聖:弾きながら口ずさむ感じです。その時に使ったギターというのが、初めて作曲した中学の時からずっと使っているものなんです。ずっと大切にしてきていたのですが、ジャックの部分が壊れていたりして。俺が退院した際、一樹にお店に連れて行ってもらってリペアしました。

──どこのブランドなのですか?

一聖:フェルナンデスです。Xが好き過ぎてhideさんのギターを買ったんです。

──モッキンバードですか?

一聖:そうです! チェリーサンバーストのギターです。

一樹:ずっと使ってなかったんだよね。

一聖:そうそう、それまでは一樹にギターを借りていて、それで十分曲作りはできていたんです。でも「今回はこれで作らないと!」と思いがあって。リスタートということで修理してもらいました。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

  • リリース情報

BugLug「新人生」
発売中


<通販限定>【完全生産限定豪華盤】
RRBL-001/002(CD+DVD) ¥5,500+税



[CD]
01. 新人生
02. 命
03. コトナ
04. 迷子CH (2017.5.7 日本武道館) 05. -7- (2017.5.7 日本武道館)
06. 新人生 (Instrumental Ver.)
[DVD]
新人生 -Music Clip- [Director’s Cut] 新人生 -メイキングオフショット- スペシャル座談会

 

【初回生産限定盤】
RSCD-256/257(CD+DVD) ¥1,800+税



[CD]
01. 新人生
02. 命
03. 新人生 (Instrumental Ver.) 04. BugLug Radio -Member Talk-
[DVD]
新人生 -Music Clip-

 

【通常盤】
RSCD-258(CD) ¥1,500+税



[CD]
01. 新人生
02. 命
03. コトナ
04. SHOW 2 GLOW (2017.5.7 日本武道館)

発売元:Resistar Records
 
  • ツアー情報

BugLug 47都道府県 TOUR
「RESTART WITH A NEW LIFE」


[第 1 クール]
9/3(日) 神奈川・CLUB CITTA’川崎
9/15(金) 栃木・HEAVEN’S ROCK 宇都宮 VJ-2 9/17(日) 秋田・Club SWINDLE
9/18(月・祝) 宮城・仙台 darwin
9/22(金) 大阪・Banana Hall
9/24(日) 高知・X-pt.
9/26(火) 奈良・NEVERLAND
9/27(水) 三重・松阪 M’AXA
9/29(金) 福井・CHOP
10/1(日) 富山・SoulPower
10/8(日) 新潟・studio NEXS
10/9(月・祝) 長野・NAGANO CLUB JUNK BOX 10/14(土) 山形・MUSIC SHOWA SESSION 10/15(日) 青森・Quarter
10/17(火) 北海道・函館 club COCOA 10/20(金) 岩手・盛岡 CLUBCHANGE WAVE 10/22(日) 福島・郡山 HIPSHOT JAPAN 10/26(木) 京都・FANJ
10/28(土) 熊本・B.9 V2
10/29(日) 宮崎・SR BOX
10/31(火) 鹿児島・CAPARVO HALL

[第 2 クール]
11/2(木) 広島・SECOND CRUTCH 11/4(土) 愛媛・松山サロンキティ 11/5(日) 徳島・club GRINDHOUSE 11/7(火) 山梨・甲府 CONVICTION 11/11(土) 石川・金沢 AZ 11/12(日) 岐阜・club-G
11/21(火) 和歌山・SHELTER
11/23(木・祝) 岡山・CRAZYMAMA KINGDOM 11/25(土) 大分・DRUM Be-0
11/26(日) 佐賀・GEILS
11/28(火) 長崎・DRUM Be-7
11/30(木) 山口・LIVE rise SHUNAN 12/2(土) 島根・松江 AZTiC canova
12/3(日) 鳥取・米子 AZTiC laughs
12/5(火) 兵庫・神戸 VARIT.
12/7(木) 群馬・高崎 club FLEEZ
12/9(土) 茨城・水戸 LIGHT HOUSE 12/10(日) 千葉・柏 PALOOZA
12/16(土) 沖縄・宜野湾 HUMAN STAGE 12/17(日) 沖縄・宜野湾 HUMAN STAGE

[第 3 クール]
2018 年
1/12(金) 静岡・浜松窓枠
1/13(土) 愛知・NAGOYA ReNY limited 1/20(土) 埼玉・HEAVEN’S ROCK 熊谷 VJ-1 1/24(水) 滋賀・B-FLAT
1/26(金) 香川・高松 DIME
1/28(日) 福岡・DRUM LOGOS
2/17(土) 東京・新木場 STUDIO COAST


<開場/開演>
【土・日・祝】 16:30 / 17:00
【平日】 17:30 / 18:00
【新木場 STUDIO COAST】 16:15 / 17:00
<チケット>
スタンディング ¥4,800(D 別)

[第 1 クール(9/3 神奈川~10/31 鹿児島)]
【一般発売】 7/15(土) ・チケットぴあ ・ローソンチケット ・イープラス
[第 2 クール(11/2 広島~12/17 沖縄)]
【オフィシャルファンクラブ“ASOVIP”先行】 受付期間:8/9(水)12:00~8/21(月)23:59
※2017 年 7 月 23 日(日)23:59 までにご入会(ご入金)された方が対象となります。 【オフィシャルモバイルサイト先行】 受付期間:9/1(金)12:00~9/10(日)23:59
【GALAXY BROAD CARD 先行】 受付期間:9/25(月)12:00~10/9(月・祝)23:59
※お支払は GLAXY BROAD CARD でのクレジットカード決済のみとなります。 ※お申し込みからカードの発行までには 2~3 週間お時間がかかる場合がございます。 【オフィシャル先行】
受付期間:9/25(月)12:00~10/9(月・祝)23:59
【一般発売】
10/25(水)
[第 3 クール(1/12 静岡~1/28 福岡)]
【オフィシャルファンクラブ“ASOVIP”先行】 受付期間:9/25(月)12:00~10/9(月・祝)23:59 【オフィシャルモバイルサイト先行】 受付期間:10/23(月)12:00~11/5(日)23:59
【GALAXY BROAD CARD 先行】 受付期間:11/20(月)12:00~12/3(日)23:59
※お支払は GLAXY BROAD CARD でのクレジットカード決済のみとなります。 ※お申し込みからカードの発行までには 2~3 週間お時間がかかる場合がございます。 【オフィシャル先行】
受付期間:11/20(月)12:00~12/3(日)23:59 【一般発売】12/20(水)

[2/17(土) 東京・新木場 STUDIO COAST]
【オフィシャルモバイルサイト 2 次先行】 受付期間:7/22(土)12:00~8/6(日)23:59 【オフィシャル先行】【GALAXY BROAD CARD 先行】 受付期間:8/26(土)12:00~9/3(日)23:59 【一般発売】
9/23(土)

 
  • プロフィール
BugLug(バグラグ)

2010 年、一聖(Vo)、一樹(Gt)、優(Gt)、燕(Ba)の 4 人で始動。2011年11月に将海(Dr)が加入し、 現体制となる。

卓越した演奏力と熱狂的なライブパフォーマンスが話題を呼び、2013年5月には赤坂 BLITZ、12 月には Zepp DiverCityにてワンマンライブを行なう。その勢いに乗り、2014年6月には日比谷野外大音楽堂、11月には TOKYO DOME CITY HALLにてワンマンライブを開催。2015年7月には東名阪ホールツアーを、10月から翌年にまたぐ形で47都道府県ワンマンツアーを行なった。

2016年、活動5周年の集大成として行われたバンド 2 度目となる日比谷野外大音楽堂ワンマンを成功させた矢先、一聖が自身の誕生日である 5月7日、転落事故による重症頭部外傷のため、バンドを一時離脱。再びステージに立つことは困難とすら言われていたが、まさに自身が綴った歌詞の如く、絶望的状況から見事復帰。2017年5月7日に行なわれた日本武道館ワンマンライブ「5+君=∞」で完全復活を遂げた。

再び5人で走り始めたBugLug は、8月9 日(バグの日)に、待望のニューシングル「新人生」をリリースし、『BugLug 89の日フリーワンマンライブ「自由~ASOVIVA~区域 Revenge」』を代々木公園野外ステージにて開催。また、9月3日からは 2度目の47都道府県ワンマンツアー「RESTART WITH A NEW LIFE」を行なうことになっている。

 

関連する記事

PAGE TOP