話題沸騰! 男女混声トリプルボーカル 4ピースバンドが放つデビューシングル

Swimy「あっちむいて」インタビュー

Swimy「あっちむいて」インタビュー

2016/03/01


滋賀県出身のロックバンド “Swimy(スイミー)”。彼らがデビューシングル「あっちむいて」を3月2日にリリースする。この楽曲はTVアニメ「銀魂°」のエンディングテーマにも採用されており、反復するトリプルボーカルの言葉とメロディー、頭を駆け巡るようなギターリフで、すでに気になっているという人も多いのでは!? ここでは、いよいよメジャーデビューを迎える彼ら4人に「あっちむいて」に込めた想いやレコーディングでのエピソードなどについて聞いてみた。疾走感あふれるポップなメロディーに絵本のようなファンタジックな歌詞を乗せた楽曲センスが光る、大注目のバンドだ!

取材:東 哲哉(編集部)
 

「前を向いて突き進む」という僕らの決意を歌詞に盛り込みました(by Takumi)


──「あっちむいて」の原曲はいつ頃作られたのですか?

Takumi(Gt.Vo)

Takumi:ちょうど1年くらい前だったと思います。

──楽曲のコンセプトやモチーフはどういったことから浮かんだのですか?

Takumi:この曲はサビのメロディーと歌詞が一番最初に浮かんだのですが、メンバーとは「何かの作品をテーマに曲作りしてみよう」ということも話していて。実は、たまたまアニメ「銀魂」をテーマに作ったんですよ。

──タイアップが決まる前から「銀魂」を意識して作ったということですか?

Takumi:そうなんです。その当時は、エンディングテーマに選ばれるとはまったく思ってなかったんですが、「この曲は絶対ハマる!」って言いながら作ってました(笑)。ただし、僕らはこの曲でメジャーデビューすることが決まっていたので「前を向いて突き進む」という僕らなりの決意を歌詞に盛り込んだり、楽曲的にもトリプルボーカルがより伝わるように作り直しました。その作業に半年くらいかけています。

──バンドメンバーの皆さんは「あっちむいて」のデモを初めて聴いた時にどんな印象を持たれましたか?

平成のまお(Ba.Vo)

平成のまお:まず始めの「あっちむいて こっちむいて」っていうメロディーと歌詞のインパクトがすごく強くて。すぐに覚えて口ずさめるので「これはみんなに認められる曲になるんちゃうかな」って思いました。「どうしたらこんな歌詞とメロディーが浮かぶんやろ?」って、そのTakumiの発想にメンバーみんなで感心したのを覚えてます(笑)。

──みっけさんはどうでしたか?

みっけ:私はまず、これまでのSwimyの曲とは違う「新しさ」を感じました。そこから「ドラムで叩いたら楽しそうやな」とか色んな妄想が膨らみましたね(笑)。

──タイキロイドさんは?

タイキロイド:ハジメテキイタトキハ、アマリノキャッチーサニ、センレツナイメージヲウケマシタ。

──Takumiさんは普段どのような流れで作曲されるのですか?

Takumi:僕の曲作りは、一番初めの段階は楽器を持たずにノートにメモを書き込んでいくことが多いです。楽器を持ちながら「次はどう弾いて、どう進んでいこう」って悩む時間が苦手で、楽器を持つとどうしても「音楽モード」になりすぎて固くなっちゃうんですよ。だからシャワー浴びてたり散歩してたり、リラックスしてる時にアイディアを作るようにしています。それをノートにまとめた後にパソコンに向かって、デモを作っていきます。

──なるほど。ではノートには楽譜や歌詞がビッシリという感じですか?

Takumi:楽譜じゃなくて僕にしかわからない言葉で書いてあります。「ここで、ウ、ダダ、チャーン!」とか、「ここで、バーンや!」とか(笑)。

──コード進行に関しては?

Takumi:Swimyは3人でボーカルをとるので、誰かのキーに合わないとか、歌ってみたら「結構高いね」ってなった時に対処しやすいようにコード進行はコード名を書かないで数字で書いてたりします。

──ちなみに曲作りのソフトは何を使われてますか?

Takumi:僕は昔からLogicを使っています。

──デモの段階ではどのくらいまで作り込まれるのでしょうか?

Takumi:各パートをほぼほぼ完成させます。打ち込みでドラム入れて、ギター、ベース、キーボードも入れて。それをメンバーに渡して聴いてもらう感じですね。

──メンバーの皆さんは、デモを聴いた後はどのようにやり取りを進めていくのですか?

平成のまお:私たちは4人で一緒に暮らしているので、リビングに集まって話し合いしながら進めます。

Takumi:スタジオでリハーサルしながらというよりかは、リビングでゆっくり「ここどうする?」って言いながら作ってますね。

──その時は、皆さんは楽器を持ちながら?

平成のまお:持たへんことが多いよね。

Takumi:うん。持ったり持たなかったりですけど、持ってないことが多いと思います。

──「あっちむいて」は、デモの段階から大きく変わった箇所はありますか?

Takumi:1番変わったのはボーカルのパートが変わったことかな。

平成のまお:そう、はじめは私がメインボーカルを担当していたんです。

Takumi:Swimyの楽曲では「サビを誰が歌うか」がメインボーカルの定義なんです。そこを軸に曲作りしていくので、これまで曲作りの途中でメインボーカルが交代するってことはなかったんですよ。だけど、「あっちむいて」では初めてサビの歌い手が変わりました。これはけっこう印象深いです。

──なぜメインボーカルが交代したのでしょうか?

Takumi:歌にもう少し「強さ」を出したかったんですよ。

平成のまお:この曲は歌詞とメロディーのどちらもすごくポップなので、私の声で歌うと明るくなり過ぎちゃったんです。それで、もっと芯がある男声が良いんじゃないかなって話になって。

Takumi:そこでメインボーカルを僕で録り直してみたら良い感じでバランスが取れたので、そこから編成を練り直しました。

──その際にキーも変わったんでしょうか?

Takumi:変わりましたね。でも僕が歌いやすいようにキーをあまり下げちゃうと曲のイメージが変わるので、そこのせめぎ合いというか小競り合いというか(笑)。

平成のまお:それこそ、最後の最後まで悩んでたよね。

Takumi:そうだね。レコーディングの最後まで、そこを迷いました。

次のページ »

この記事の画像一覧

(全4枚) 大きなサイズで見る。

「あっちむいて」


2016.03.02発売
1,200円(税抜)


1. あっちむいて
2. etc
3. relAte

Swimy(スイミー)

ポップを壊し自由な発想で再構築した独自性の高い楽曲に、独特の世界観を持つ詩を織り交ぜ、 絵本のようなカラクリワールドに誘う。トリプルヴォーカルの反芻する言葉とメロディー、ギターリフが頭の中を駆け巡る。

2011年5月に滋賀県で結成、関西を中心に活動開始する。結成から3ヶ月後8月には、1stデモ「もしも」を発表。初のデモ音源がインディーズ試聴サイトにて総合ランキング11日間連続TOP10入り、週間ランキングにおいて初登場5位を記録する。2012年2月に2ndデモ「アクアリウム」を発表、8月から9月にかけては3rdデモ「僕とキミ」を引っさげ、全14ヶ所に及ぶツアーを行う。2013年8月、4thデモ「とらいあんぐる」発表。収録曲の「dance」「ユートピア」が関西のテレビ局の番組テーマに起用される。 その間に数々のオーディションにて、ファイナリストに選出され、話題を集め始める。

2015年3月、タワーレコードの新レーベルFIRE STARTERから地域限定でシングル「マスコットになりたくて」発売。驚異的なスピードで売れ伸び、6月には初の全国流通アルバム『ラブルと宇宙』を発売。その後各地のライヴサーキットに出演。そしていよいよ2016年3月、人気アニメ『銀魂』のエンディングテーマに起用された「あっちむいて」でメジャーデビューする。


 

オフィシャルサイト

ライブ情報

■ROCKTOWN×SOUND CREATOR presents ロックリ ~round1~
公演日:2016.03.06(日)
地域:大阪府
会場:阿倍野ROCKTOWN
問合せ:サウンドクリエーター


■"Liberation Chord"
公演日:2016.03.07(月)
地域:愛知県
会場:名古屋APOLLO BASE
問合せ:APOLLO BASE


■J-WAVE TOKYO REAL-EYES”LIVE SUPERNOVA” vol.111
公演日:2016.03.16(水)
地域:東京都
会場:渋谷TSUTAYA O-nest
問合せ

■New Age Ideology vol.17
公演日:2016.03.23(水)
地域:東京都
会場:渋谷La.mama
問合せ:渋谷La.mama

■BAYSIS PRESENTS
公演日:2016.04.08(金)
地域:神奈川県
会場:横浜BAYSIS
問合せ

■MUSIC LINXS vol.27
公演日:2016.04.27(水)
地域:東京都
会場:新宿LOFT
問合せ

 

関連する記事

PAGE TOP