EDMの枠を超える新エモーショナル・サウンド

カイゴ、セレーナ・ゴメスに続きエリー・ゴールディングとのコラボ楽曲「ファースト・タイム ft. エリー・ゴールディング」をリリース!

カイゴ、セレーナ・ゴメスに続きエリー・ゴールディングとのコラボ楽曲「ファースト・タイム ft. エリー・ゴールディング」をリリース!

2017/04/29


昨年世界的大ブレイクを果たしたカイゴが、2017年第二弾となるニュー・シングル「ファースト・タイム ft. エリー・ゴールディング」をリリースした。同曲は、2010年のデビュー・アルバム『ライツ』がいきなり全英1位を獲得し、現在までに全世界売上数2,500万以上のセールスを誇る、イギリスのシンガー・ソングライター、エリー・ゴールディングを迎えた一曲。併せて、今年2月にリリースした前シングル「イット・エイント・ミー ft. セレーナ・ゴメス」のオフィシャル・ミュージックビデオも公開となっている。

エリー・ゴールディングはカルヴィン・ハリス「アウトサイド」、スクリレックス「サミット」、メジャー・レイザー「パワフル」など、多数のヒット曲にヴォーカリストとして参加しており、ダンス・ミュージック界の歌姫と称されるイギリスのシンガー・ソングライター。昨年3月以降、無期限の休業を発表していたが、今回カイゴとのコラボレーションが久しぶりの復活作となり大きな注目を集めている。

ソングライティングには、カイゴ、エリー・ゴールディングに加えて、マドンナ、ブリトニー・スピアーズ等を手掛けたジェイソン・ヴォーンやザ・チェインスモーカーズ「オール・ウィ・ノー feat. フィービー・ライアン」にも参加していた注目の女性シンガー・ソングライター、サラ・フィエルストレムなども参加。ダンス・ミュージックの枠を飛び越えた、カイゴが奏でるエモーショナルで美しい壮大なサウンドとエリー・ゴールディングの透き通るボーカルが見事に融合した一曲となっている。

カイゴといえば、昨年6月にリリースしたデビュー・アルバム『クラウド・ナイン』が、全米ダンス/エレクトロニック・アルバム・チャートで1位、全英チャート3位に加え、全世界18カ国のiTunesチャートで1位、ここ日本でもiTunes総合アルバム・チャート2位、ダンス・アルバム・チャートでも1位を獲得するなど、世界中の音楽シーンで大旋風を巻き起こしたカイゴ。今年2月にリリースしたシングル「イット・エイント・ミー ft. セレーナ・ゴメス」は、全英ダンスチャート初登場2位を記録し、既にオーディオ・ストリーミング3億回を突破。全米でもビルボード・ダンス/エレクトロニックチャート最高2位を記録するなど、世界各国にて高い評価を得ている。

なお、「イット・エイント・ミー ft. セレーナ・ゴメス」のミュージック・ビデオは、“あなたは誰と歩いているのかしら、まだ暗いこの明け方に、でもそれは私じゃないのね。”という過去の恋愛模様に別れを告げる切ない歌詞を、交通事故に遭ったカップルに見立てたストーリー仕立てとなっている。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP