観客が全員風船人間!? な新曲「ファビュレス」ミュージック・ビデオも公開に!

スリップノットのフロントマンであるコリィ率いるストーン・サワー、6枚目のスタジオ・アルバム『ハイドログラッド』6月30日世界同時リリース決定!

スリップノットのフロントマンであるコリィ率いるストーン・サワー、6枚目のスタジオ・アルバム『ハイドログラッド』6月30日世界同時リリース決定!

2017/04/30


稀代のロック・カリスマ、コリィ・テイラー率いるグラミー賞ノミネート歴をもつロック・バンド、ストーン・サワー!! 彼らが2013年にリリースしたコンセプト・アルバム『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』以来となる6枚目のスタジオ・アルバム、その名も『ハイドログラッド』が6月30日にロードランナーから世界同時リリースすることが決定した(日本盤にはヴァン・ヘイレンの「アンチェインド」カヴァー含む2曲ボーナス・トラック収録決定)。

プロデューサーにジェイ・ラストン(アンスラックス、スティール・パンサー)を迎え、カリフォルニアはノース・ハリウッドのSphere Studiosにてレコーディングを行った今作から、新曲「ファビュレス」、「ソング #3」を先行リリース!

また「ファビュレス」はバンドのYouTubeチャンネルで早くもミュージック・ビデオが公開に。このビデオはいままでにもストーン・サワーやスリップノットの多くのミュージック・ビデオを手掛け、またモトリー・クルーやコーン、マリリン・マンソンらのアルバム・アートワークを手掛けた事でも有名なポール・ブラウンが監督。

メタリックなハード・ナンバーに仕上がったこの曲のビデオはライブ・パフォーマンスを映し出したシンプルなミュージック・ビデオと思いきや、人をかたどった風船が観客に?!なんとも仰天なミュージック・ビデオはファンならずとも必見だ。

もう1曲の「ソング #3」はコリィの優しいボーカル・ワークが目立つロック・ナンバーに。こちらの楽曲もオーディオがYouTubeで公開中となっている。
 

ストーン・サワーはこのニュー・アルバムを引っ提げて、レーベルメイトのコーンのアメリカツアーに全日程参加が決まっている。6月16日のソルトレイクシティ公演から始まるこのツアーには、日本からはベビーメタルの参加も決定しており、注目が非常に集まっている。
 

■商品情報
ストーン・サワー
ニュー・アルバム『HYDROGRAD / ハイドログラッド』
発売日:6月30日
品番:WPCR-17803
価格:2,200円+税

1. YSIF / YSIF
2. Taipei Person/Allah Tea /タイペイ・パーソン/アラー・ティー
3. Knievel Has Landed / ナイベル・ハズ・ランデッド
4. Hydrograd / ハイドログラッド
5. Song #3 / ソング #3
6. Fabuless / ファビュレス
7. The Witness Trees / ザ・ウィットネス・ツリーズ
8. Rose Red Violent Blue (This Song Is Dumb & So Am I) / ローズ・レッド・ヴァイオレント・ブルー(ディス・ソング・イズ・ダム・アンド・ソー・アム・アイ)
9. Thanks God It's Over / サンクス・ゴッド・イッツ・オーヴァー
10. St. Marie / セントマリー
11. Mercy /マーシー
12. Whiplash Pants  / ウィップラッシュ・パンツ
13. Friday Knights / フライデー・ナイツ
14. Somebody Stole My Eyes / サムバディ・ストール・マイ・アイズ
15. When The Fever Broke / ホエン・ザ・フィーヴァー・ブローク
16. Burn One Turn One / バーン・ワン・ターン・ワン *日本盤ボーナストラック
17. Unchained / アンチェインド *日本盤ボーナストラック


■ストーン・サワー
コリィ・テイラー(ヴォーカル)
ジョッシュ・ランド(ギター)
ロイ・マイヨルガ(ドラム)
ジョニー・チョウ(ベース)
クリスチャン・マルトゥッチ(ギター)。

2002年にリリースしたセルフ・タイトルのデビュー・アルバムがすぐに21世紀のハード・ロックにおいて重要な作品と認められ、収録曲「ゲット・インサイド」「インヘイル」のストーン・サワーは2002年にリリースしたデビュー・アルバムがすぐに21世紀のハード・ロックにおいて重要な作品と認められ、収録曲「ゲット・インサイド」「インヘイル」の2曲がグラミー賞最優秀メタルパフォーマンス賞にノミネートされた。続く2ndアルバム『カム・ホワット(エヴァー)・メイ』ではビルボードアルバムチャート初登場5位を記録。収録曲「30/30-150」は再びグラミー賞最優秀メタルパフォーマンス賞にノミネートされた。2006年にはSUMMER SONICにて初来日を果たしている。2010年には3rdアルバム『オーディオ・シークレシー』をリリース。LOUDPARK 10へ出演、さらに翌年2月には単独来日公演も行った。4thアルバム『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート1』、5thアルバム『ハウス・オブ・ゴールド・アンド・ボーンズ パート2』は連続したコンセプト・アルバムで、わずか半年での立て続けなリリースとなったが、ビルボードアルバムチャートでTOP 10入り記録を更新した。2014年にはギターのジム・ルートが脱退。2015年にはカヴァーEP『ストレイト・アウタ・バーバンク』をリリース、バッド・ブレインズやアイアン・メイデン、ザ・ローリング・ストーンズ、モトリー・クルー、スレイヤーといったアイコニックなアーティストの楽曲をカヴァーし、高い評価を得ている。扇動的なライブ・アクトとして名を知らしめているストーン・サワーは世界中の国でヘッドライン・ツアーやダウンロード・フェスティバルやロック・イン・リオといった大型フェスティバルで実績をあげ、確固たる人気を築いてきた。
 

 

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP