Fenderおなじみの「F」マークもポイント!

Fender、BAを6基搭載したIEM「FXA9」を発表。発売は5月下旬。

Fender、BAを6基搭載したIEM「FXA9」を発表。発売は5月下旬。

2017/04/28


/

BRONZE

/

CHAMELEON

/

WHITE

Fenderが4月28日に新製品発表会を開催し、インイヤーモニター「FXA9」(市場予想税抜価格:¥148,000)とエントリーモデル「CXA1」(市場予想税抜価格:¥14,800)を発表した。いずれも5月下旬発売予定。

「FXA9」は、新たに開発されたオリジナルのBA(バランスド・アーマチュア)ドライバーを6基搭載しているのが特徴のモデル。そして、「Groove tuned bass port」テクノロジーを採用することにより、心地よい低域を楽しむことができる。

さらに、高性能な3Dプリンターによって作られたハウンジングは、これまで実現が困難であったフィット感や位置出し、遮音性などを実現しているのもポイント。

ケーブルは新開発のMMCXiによる着脱式を採用。3重構造によって、タッチノイズと汚れによって生じてしまう劣化を低減。そして、ステレオのクロストークを最小限に抑えている。

また、Fenderおなじみの「F」マークが筐体に施されており、ファンにはたまらないデザインとなっている。

/
/

BLACK

/

BLUE

/

WHITE

「CXA1」は、スマホで音楽を聴く人に向けた小型モデル。

こちらはカスタムメイドの8.5mmチタン製マイクロドライバーを搭載している。イヤホンを装着しながら通話可能な新開発マイク、iOSに対応した3ボタン・リモートコントローラーも付属。

/
/

この記事の画像一覧

(全9枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP