音楽シーンに大きな影響を与えたリズム・マシンの名機「TR-808」を再現

ローランド、リズム・コンポーザー「TR-08」をリリース!

ローランド、リズム・コンポーザー「TR-08」をリリース!

2017/08/08


ローランドからリズム・コンポーザー「TR-08」がリリースされた(2017年9月下旬発売)。「TR-08」は、音楽シーンに大きな影響を与えたリズム・マシンの名機「TR-808」を忠実に再現した「Roland Boutiqueシリーズ」の新モデルだ。

16ステップ・シーケンサーは、それぞれサブ・ステップをもち、ステップごとに32分音符の単位で細かいパターンの打ち込みやハイハット・シンバルのロールなどのサウンドを作ることができるほか、LED搭載により、テンポ、シャッフル(ふたつの連続した音符のうち、初めの音符の長さを長めにとり、ふたつめの音符を短くするリズム)など、見やすい画面で細かくコントロールすることが可能。オリジナル機にはなかったUSBオーディオ/MIDIも搭載され、外部機器を制御できるのも特徴だ。

価格はオープンプライス。市場想定売価(税込):各50,000円前後
 

参考:「TR-808」(販売期間:1980年~1983年)

1980年に発売されたリズム・マシン。当時は、プリセットされたリズム・パターンを再生するだけのモデルが主だったが、「TR-808」の誕生により、1曲分のリズムを自由に設定できる画期的なリズム・マシンとして、当時のミュージシャンやプロデューサーの音楽制作に大きな影響を与えた。歯切れのよいスネアドラム、重低音のバスドラム、特徴的なカウベルやハンドクラップ(手拍子)など、その独特なサウンドは、発売後30年経った今もなお、根強く支持されている。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP