開場:新代田FEVER

「LEO IMAI × 前野健太」ツーマンイベントを1月に開催発表!

「LEO IMAI × 前野健太」ツーマンイベントを1月に開催発表!

2017/10/21


ワンマンライブ「TOKYO LIGHTS 17」東京公演を10/19(木)に渋谷WWWにて大盛況の中終了したLEO今井が、そのステージ上で3回目となる自主企画ツーマンイベント「大都会」を来年1月28日に新代田FEVERにて開催することを発表した。

今回の「大都会3 -Dimanche Bloody Dimahcne-」では、シンガーソングライターの前野健太を相手に迎える。

なお、前売りチケットは、10/21(土)より各プレイガイドと新代田FEVER店頭で発売開始。LEO今井と前野健太という異色であり同士である二人のシンガーソングライターの夢の共演となる「大都会」。ぜひ足を運んで欲しい。


■LIVE詳細
LEO今井自主企画ツーマンイベント
大都会 3 -Dimanche Bloody Dimanche-

開場:新代田FEVER
日程:2018年1月28日(日)
開場 17:00 開演 17:30
出演:LEO IMAI  / 前野健太
  (LEO IMAI [LEO今井 岡村夏彦 シゲクニ 白根賢一])

TICKETS 前売り3,800円 当日4,300円  *共にドリンク代別
*前売チケット発売10/21(土)よりスタート!
 プレイガイド:(AM10:00~)
・e+
・ぴあ [Pコード:348-659]
・ローソンHMV [Lコード:73454]
 FEVER店頭 (16:00~)
お問い合わせ:新代田FEVER TEL: 03-6304-7899

■プロフィール
LEO今井

1981年7月24日生まれ。日本人の父とスウェーデン人の母の間に、東京で生まれる。その後イギリスへ渡り、高校時代以外はイギリスにて学生生活を過ごした後、2006年本格的な音楽活動のため東京へ移住する。オルタナティヴを基盤にした無国籍な都市の日常を切り取るニュー・ウェーブ・シンガーソングライターであり、英語、日本語、スウェーデン語に堪能である世界観は唯一無 二。その文学的、実験的な作風は、各都市で生活してきたVISITORとしての視点に溢れている。ソロとして、2008年アルバム『Fix Neon』でメジャー・デビューし、『Laser Rain』(2009)、『Made From Nothing』(2013)の3枚のアルバムをリリース。さらに2011年より、向井秀徳(ZAZEN BOYS)とのユニット“KIMONOS”を結成し、アルバム『Kimonos』を発表。2015年より、高橋幸宏、小山田圭吾、砂原良徳、TOWA TEI、ゴンドウトモヒコらとのスーパー・バンド”METAFIVE”を結成し、2016年1月アルバム『META』を発表し、数々の夏フェスに出演。さらに12月に東阪広札を巡るウィンターライブを敢行。2017年7月より放送のテレビ東京ホラードラマ「デッドストック〜未知への挑戦〜」では劇伴音楽を担当し、「Film Scum EP」を配信リリースする。他に作曲/作詞家・翻訳作詞家(日本語/英語/スウェーデン語)としても活躍している。

前野健太
1979年生まれ、埼玉県出身。シンガーソングライター。2007年に自主レーベルよりアルバム『ロマンスカー』をリリースし、デビュー。2009年、ライブドキュメンタリー映画『ライブテープ』(監督:松江哲明)で主演を務める。同作は第22回東京国際映画祭の「ある視点部門」でグランプリを受賞。2011年にも同監督の映画『トーキョードリフター』で主演を務める。同年、第14回みうらじゅん賞を受賞。近年はフジロックフェスティバルをはじめ大型フェスへの出演や、演劇作品への楽曲提供、文芸誌でのエッセイ連載、小説執筆など、活動の幅を広げている。アルバム最新作はジム・オルークをプロデューサーに招いた『ハッピーランチ』(2013年)。2014年にはライブ盤、2015年にはCDブック「今の時代がいちばんいいよ」を発表。2016年12月には主演映画『変態だ』(みうらじゅん原作、安斎肇監督)が公開。2017年2月、初舞台となる『なむはむだはむ』(つくってでる人:岩井秀人、森山未來、前野健太)に参加。同年3月3日初のエッセイ集『百年後』を”STAND!BOOKS”より刊行。現在ニューアルバム制作中。
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

関連する記事

PAGE TOP