シングル収録曲4曲の作詞・作曲エピソードを公開!

高橋 優「ルポルタージュ」インタビュー

高橋 優「ルポルタージュ」インタビュー

2017/11/22


──では、続いて2曲目の「羅針盤」についてお伺いします。こちらは最近CMなどでもよく耳にしますが、どのようなきっかけで生まれた曲なのですか?

きっかけとしては、アクサさんからタイアップのお話を頂いて、CMコンセプトや会社の経営理念などをお伺いしたことです。

──その後、曲作りはどのような感じで?

アクサさんのテーマ自体が、普段から僕の歌わんとしていることとあまりズレていないと思ったし、それならば今自分が作りたいものを書けばいいなと。Aメロとか、わりと即興ちっくに弾きと語りが出てきて。

──そもそも、普段の曲作りは家でやっているのですか? それともスタジオに入って?

どっちもあるんですけど、とにかく1人でやるんですよ。最近ではテレビに出させてもらうこともあるんですが、テレビ局の楽屋で作ることもあります。そういう時も1人にさせてもらって。

──集中するために?

はい。僕の場合、誰かいると一気にやれなくなります。

──それは昔からですか?

そうですね。自分のペースで何かしたいときに誰かがいると気を使っちゃうんですよね。曲を作っていること自体にもどこか恥ずかしいというか、決して恥ずかしいことをしているわけじゃないんですけどね、仕事だし(笑)。でも、何か恥ずかしい工程を見られているような気がして。

──これだけたくさんの曲を作っていると、以前作ったコード進行に似ているなとか、この前書いた歌詞にそっくりだなとか。そのような葛藤に陥ることもありますか?

はい。でも、その意識があるときはたいてい上手くいかないです。過去に意識が向いていること自体、僕の中では結構失敗作に向かっているというか。もちろん、過去に書いた曲に似ていることもあるんですけど、そういうことに意識が向いていないときの方ができます。「やっちゃえ〜!」みたいな感じで作ったときの方が、似てても何でもとりあえずできちゃう。で、その後、似ている部分だけ手直しすればいいし。ただ、書く前からそういうことを意識して、例えばスタッフから「また、明日はきっといい日になるみたいな曲が聴きたいな」とか言われたら、もうおしまいですね(笑)。それを意識しちゃったら、俺もう絶対できないなと思います。そのぐらい、曲を書くときは真っさらな状態で何か書きたいと思うことが大切で。そういう時ならば「明日はきっといい日になる」や「虹」に似てても、違うのができるんです。

──毎回、何か湧き出てくるものが出るのを待つわけですね。

そうですね。「作りたい!」っていうテンションの時とか、「作るのが好き!」って思ってやっている時が一番いいと思います。

──曲を作る時はアコギで?

家にボロボロのギブソンの小っちゃいのがあって。カッタウェイの。でも、アコギを持たずに作曲することもあります。

──アコギを持たない時はどのように?

上手く伝わるかわからないですけど、例えば、「六本木1丁目にワーナーが移った」というのにメロディーを付けるとして。アコギを持っているとGから始めてDに行きたくなるとか、自然ときれいな感じになっていくんです。でも、「六本木っ、1丁目にっ、ワーナーが移った〜」と酔っぱらったみたいに歌って、それにコードを当てると全然違うものができるんです。そういう作り方も楽しくて、時々わざとそんなことをすることがあります。

──そういう遊びというか、試みは昔からやっていたのですか?

ここ3〜4年、近年の方が多いですね。

──長年ギターで曲を作ると、どうしても手癖的なものが出てきますよね。ところで、高橋さんご自身は今までどのようにギターを習得されてきたのですか?

僕のスタートは、X JAPANのhideさんへの憧れで。hide with Spread Beaverの「ROCKET DIVE」や「ピンク スパイダー」、「Beauty & Stupid」をコピーしたかったことなんです。

──エレキギターなんですね。

そうです。一番最初に買ったギターはエレキギターです。hideさんと同じ形なんですけど、偽物の安いやつで(笑)。で、弾きだしたんですけど、エレキギターはそれ単体だとあまり成立しない楽器じゃないですか。シールドがあって、アンプがあって、エフェクターがあって、ようやく成立するというか。でも、僕はエレキギター以外は何も買えなくて。で、途中、夢半ばにしてhideさんを諦めた日があったんです(笑)。一応、「ピンク スパイダー」とかは弾けるようになったんですよ。でも、しばらくしてまたギターを弾きたくなって、今度は近所の楽器屋でアコギを買ったんです。そんな流れです。

──秋田の楽器屋さんで?

はい。

──最初、アコギではどのような曲を弾いていたのですか?

当時は、歌本に載っていた流行りの曲を片っ端から弾いていました。今でこそ、いろんなサイトがありますけど、僕の中・高生の時はなかったので、分厚い歌本でやってましたね。

──そうだったんですね。では、話を「羅針盤」の方に戻しますが、こちらの曲でこだわったポイントなどを挙げるとすると?

2コーラス目のAメロで「見ず知らずの街 そこに一人ぼっち〜」というのがあるんですけど、これはずっと僕がお世話になっているバーのマスターが話していたことなんです。「職業を決める際とか、自分の道に迷ったらこれを思い出せ!」って言われたことがあって。今、急に知っている人が一人もいないくて、言葉も通じないところにポツンと置かれたら「何して稼ぐ?」って。山登りなら登りだすだろうし、泳ぎ手なら泳ぐだろうし、通訳なら言葉を覚えるでしょうと。「さぁ、お前は何をやるんだ? 物乞いするのか。何もせずにゴロゴロしてたら死んじゃうよ」みたいな。そんなことを言うマスターで。

──なるほど。

目標に向かっていく時に、コンパスというのはずっと北を指していて道に迷わないけど、我々の人生の場合、心のコンパスはないので、いかんせん迷いがちで。今回、アクサのCMで前向きに生きていくことがテーマだったので、この曲の核心部分になったと思っています。

──レコーディングはどのように進められたのですか?

「羅針盤」のレコーディングはいたって順調で。何かにつまずくことなくプリプロをやって、池窪くんと僕の間で「あっ、これだね!」ってすぐに方向性も見つかって。曲調自体も僕の「福笑い」って楽曲だったり、ライブでやるミドルテンポのちょっと跳ね気味なものに近いし、池窪くんも僕もそういう感じを理解していたし、スムーズに録れた気がします。

──レコーディングのメンバーというのは、「ルポルタージュ」と同じだったのですか?

ベース以外は同じです。普段は、よくライブでも弾いてくれている小島タケヒロさんがやってくれていて。この「羅針盤」も小島さんです。ただ、「ルポルタージュ」の時は小島さんのスケジュールが合わなかったので、BahashishiというバンドをやっていたJARIくんにお願いしました。ドラムに関しては、どちらもTRICERATOPSの吉田佳史さんです。

 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

高橋 優
「ルポルタージュ」
2017年11月22日(水)発売


[通常盤]
WPCL-12806
¥1,200(税別)
1.ルポルタージュ ※テレビ朝日系 土曜ナイトドラマ「オトナ高校」主題歌
2.羅針盤 ※アクサジャパン CMソング
3.シーユーアゲイン ~ピアノバージョン~
4.ゴーグル / メガネツインズ(高橋 優&亀田誠治)


高橋優

[期間生産限定盤]
WPZL-31401
¥1,500(税別)
4曲入りCD + DVD
通常盤CDに加え、ボーナストラック「ルポルタージュ(三浦春馬と唄ったver.)」収録
DVD収録内容 : MV本編 + MV&レコーディング メイキング映像


高橋 優

◆「ルポルタージュ」CDショップ購入者特典決定!
 ご購入の方に、先着で「ルポルタージュ」ステッカーをプレゼント。しかもこの「ルポルタージュ」ステッカー、ランダムでレアステッカーが紛れています!
ラッキーな方には、期間生産限定盤の高橋優がキラキラ加工されたレアステッカーが当たります。
在庫が無くなり次第終了となりますので、お早めにご購入ください。
※一部対象外の店舗もございます。詳しくは店頭にてお問い合わせください

 

【ライブ情報】
高橋優全国LIVE TOUR 2017-2018
「ROAD MOVIE」

 
<一般発売日>
【12月・1月公演】
10月28日(土)AM10:00〜
【2月・3月公演】
11月25日(土)AM10:00〜
 
12月7日(木)埼玉県・三郷市文化会館 大ホール 【FC限定販売公演】
12月14日(木)千葉県・森のホール21 大ホール
12月19日(火)茨城県・ひたちなか市文化会館 大ホール
12月24日(日)新潟県・新潟テルサ
1月7日(日)宮城県・東京エレクトロンホール宮城
1月8日(月・祝)山形県・やまぎんホール
1月10日(水)秋田県・秋田県民会館
1月12日(金)岩手県・盛岡市民文化ホール 大ホール
1月13日(土)青森県・リンクモア平安閣市民ホール
1月20日(土)福井県・福井市文化会館
1月21日(日)富山県・富山県民会館
1月25日(木)愛媛県・松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
1月27日(土)和歌山県・和歌山市民会館 大ホール
1月28日(日)奈良県・なら100年会館 大ホール
2月1日(木)岐阜県・長良川国際会議場 メインホール
2月3日(土)京都府・ロームシアター京都 メインホール
2月4日(日)兵庫県・神戸国際会館 こくさいホール
2月6日(火)熊本県・熊本市民会館
2月9日(金)高知県・高知県立県民文化ホール オレンジホール
2月10日(土)徳島県・鳴門市文化会館
2月12日(月・祝)山口県・山口市民会館 大ホール
2月15日(木)大阪府・フェスティバルホール
2月17日(土)岡山県・倉敷市民会館
2月18日(日)島根県・島根県民会館
2月24日(土)佐賀県・鳥栖市民文化会館 大ホール
2月25日(日)長崎県・長崎ブリックホール 大ホール
3月3日(土)北海道・ニトリ文化ホール
3月4日(日)北海道・帯広市民文化ホール 大ホール
3月9日(金)愛知県・名古屋センチュリーホール
3月10 日(土)三重県・三重県文化会館 大ホール
3月16日(金)山梨県・東京エレクトロン韮崎文化ホール 大ホール
3月17日(土)静岡県・静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
3月21日(水・祝)宮崎県・都城市総合文化ホール 大ホール
3月24日(土)福岡県・福岡サンパレス ホテル&ホール
3月26日(月)広島県・上野学園ホール
3月29日(木)神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホール
3月30日(金)神奈川県・パシフィコ横浜 国立大ホール
チケット
6,500円(税込) ※全席指定

高橋 優
Profile
1983年12月26日生まれ。秋田県横手市出身。札幌の大学への進学と同時に路上での弾き語りを始める。2008年活動の拠点を東京に。2010年4月デビュー前に「福笑い」が東京メトロCMソングとして大抜擢される。7月21日シングル「素晴らしき日常」でメジャーデビュー。2011年2月ニューヨークタイムズ紙に意見広告を掲載。これは日本人アーティストとしてオノ・ヨーコさん以来。2011上半期「福笑い」がラジオチャート邦楽1位になる。

2011年4月20日1stアルバム「リアルタイム・シンガーソングライター」はオリコンウィークリー初登場8位を記録。2012年1月シングル「卒業」は初登場9位、2012年夏、シングル「陽はまた昇る」で日本アカデミー賞作品映画「桐島、部活やめるってよ」の主題歌を担当。2013年11月24日には初の武道館公演を大成功させる。2014年8月4枚目のフルアルバム「今、そこにある明滅と群生」をリリース、オリコン6位を獲得、アルバム4作連続のベスト10入りを果たす。メジャーデビュー5周年となる2015年7月22日には自身初のベストアルバムをリリース,オリコン初登場3位を記録、7月25日には地元秋田でフリーイベント開催し5000人が熱狂、またあきた音楽大使に任命される。9月よりダイハツキャストCMソングに「明日はきっといい日になる」が起用され、11月より本人もCMに初出演。11月より武道館2daysを含む全国15か所5万人動員のツアースタート、全会場ソールドアウトとなる。

2016年3月シングル「さくらのうた」がオリコン最高位6位を記録。9月3日、4日と地元秋田県横手市で初の音楽フェスを開催、2016年12月より、過去最大の7万人を動員する全国ツアーを実施、22017年4月には初の横浜アリーナ2DAYSを成功させた。また、4月公開の『映画クレヨンしんちゃん襲来!!宇宙人シリリ』主題歌を「ロードムービー」で担当、夏には2017ABC夏の高校野球応援ソング/「熱闘甲子園」テーマソングとして「虹」を書き下した。そして、2年目となる秋田CARAVAN MUSIC FESを由利本荘市で開催、両日で16,000人を動員。


 

関連する記事

PAGE TOP