Audio Unitsにも対応

IK Multimedia、iPhone&iPadの両方に対応した「Syntronik iOS 1.1」をリリース

IK Multimedia、iPhone&iPadの両方に対応した「Syntronik iOS 1.1」をリリース

2017/12/16


IK MultimediaからiPhone&iPadの両方に対応した「Syntronik iOS 1.1」がリリースされた。

syntronik_1_1

iOS版のAudio Unitsに対応*し、GarageBand、Cubasis、Auria、AUMなどの対応アプリにて、プラグイン感覚でプレイできる。これまでもInterApp Audio、Audiobus経由での他のアプリとの連携は可能であったが、Audio UnitsならGarageBandなど対応アプリケーションの一体化した演奏、MIDIレコーディング後の修正、編集などがより自由に操作可能だ。

* Audio Units対応機能は、アプリ内課金Syntronik Fullもしくは全Individual Synthパック追加時にアンロックされる

「Syntronik」は、ビンテージ・シンセサイザー / ストリング・マシンの名機38種類のサンプルをベースにした、17のインストゥルメントで構成。各機種のインターフェイスを生かしながら、それらをiPhone、iPadに最適化することで直感的な操作を実現。

さらに、オシレーターの繊細かつ微妙なゆらぎを再現するIK独自のDRIFT ™技術により、丁寧にマルチ・サンプリングされたサンプルをコア音源としながらも、アナログ・シンセサイザー本来のより生々しい動作を再現。

また、最大4パートのマルチ音源として動作し、各パートにはアルペジエーター機能、5つまで同時使用できるエフェクタースロットを装備。これらを自由に組み合わせることで、複雑なリズム / シーケンス・パターンの作成からサウンドデザインに至るまで、Syntronikだけで実現可能。

なお、Syntronikは、無料でダウンロード可能。無料のままでも17種の各インストゥルメントに対して1つ以上、合計25種類の音色が収録され、フィルターなどシンセサイザー操作、レイヤー、アルペジオ、エフェクトなどすべての機能を楽しめる。アプリ内課金ストアでは、99、Blauなど各機種パックの他、1,200種類の音色、200種類のマルチ(4パート・レイヤーの組み合わせ)のすべてが使えるようになるSyntoronik Fullをラインナップ。

Syntronik Mac/PC版ホリデー・プロモ特価

価格:クロスグレード・ダウンロード版なら€149.99または税込¥18,630で販売
期間:2017年12月31日まで
 

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP