MESA/BoogieによるEL34真空管アンプの集大成

キョーリツコーポレーション、1月26日より「Triple Crown TC-100」を全国のMESA/Boogieプロショップにて販売!

キョーリツコーポレーション、1月26日より「Triple Crown TC-100」を全国のMESA/Boogieプロショップにて販売!

2018/01/23


 

キョーリツコーポレーションからMESA/Boogieの新製品「Triple Crown TC-100」が今週入荷するという案内が届いた。「Triple Crown TC-100」は、MESA/BoogieによるEL34真空管アンプの集大成で、Triple Crown TC-50を上回る大きなパワーを生む4本のパワーチューブとアウトプットトランス、そしてMulti-Soakパワーアッテネーターが追加され、さらに完成度の高いアンプに仕上がっている。価格はオープンプライス(市場想定売価:税抜¥330,000)

核となるコンセプトやプリアンプの構造はTC-50と同じで、MARKアンプのクリーンサウンドをチャンネル1に、クラシックロック・クランチをチャンネル2に、そしてチャンネル3は、これまでのMESAアンプで最もゲインが高く、Dual Rectifier風のトップエンドだが、より高めの"EL34"の倍音の広がりとより高くタイトになった低音のレスポンスに、MARKアンプの魅力的なボーカルのようなサステインをブレンド。そして、MESAのラインナップのどれとも似ていないダイレクトなアタックとパンチのあるミッドレンジも同時に持ち合わせている
のが特徴だ。

また、プリアンプチャンネルに最適なパワーとヘッドルームを選択できるMulti-Soakパワーアッテネーターを各チャンネルごとに装備。これにより、演奏スタイルと演奏する環境に応じてパワー、ヘッドルーム、サチュレーションの量を選択することができる。各チャンネルごとのサウンドスタイルに対応したパワー特性とレスポンスをマッチングさせることも可能だ。

なお、CABCLONE D.Iキャビネットシュミレーターやバイアス調整なしにパワー管を交換できるBIASスイッチ、MIDIなどの便利な機能はTC-50からそのまま継承されている。

MULTI-SOAK アッテネーター( 各CHANNEL ごと設定可能)
パワーアッテネートはトーンの可能性の範囲を大幅に広げ、アンプのパワーチューブのサチュレーションと全体の音量を調整して、特定の環境や演奏のアプリケーションにマッチさせることが可能。出力を100W から50W、20W、7W および3W まで下げることができ、3W と7W の設定は、最大のアッテネーションと、厚みがあってコンプレッション感のあるパワーセクションのディストーションを生み出せる。ロー・パワーセッティングでは、Master の設定が高いほど効果が大きくなり、微細なコンプレッションやパワーチューブのクリッピングを加えることができる。20W と50W の設定では、ライブの場面において現実的なアッテネーションを提供する一方で、高い音量で演奏することでアンプのサチュレーションやトーン、フィールに匹敵する“音の濃さ”を作り出せる。

製品のスペック
• Made in Petaluma, California
• All-Tube: 4xEL-34 Power Tubes / 6x12AX7 & 1x12AT7 Preamp Tubes
• Multi-Soak™ パワーアッテネーターによる5段階の出力コントロールがチャンネルごとに設定可能(3, 7, 20, 50 or 100W)
• Bias Select Switch(EL-34, 6V6/6L6)
• 固定バイアスを採用(メンテナンスフリー)
• 完全独立 3チャンネル/6モード:
- チャンネル1(CLEAN): Normal or Driveモード ― Gain, Treble, Mid, Bass, Presence,Reverb(リアパネル), Masterコントロール
- チャンネル2(LO GAIN): Normal or Tightモード ― Gain, Treble, Mid, Bass, Presence,Reverb(リアパネル), Masterコントロール
- チャンネル3(HI GAIN): Normal or Tightモード ― Gain, Treble, Mid, Bass, Presence,Reverb(リアパネル), Masterコントロール
• Output Level コントロール(全チャンネル共通)
• フットスイッチでコントロール可能な Solo Level コントロール(全チャンネル共通)
• 各チャンネルごとに独立したオールチューブ・スプリングリバーブ(フットスイッチでコントロール可能)
• バッファード・チューブ・エフェクトループ(フットスイッチでコントロール可能)
• CAB CLONE™ キャビネット・シミュレーター D.I.(インターナル・ロード搭載)、Headphoneアウトを装備。- キャビネットボイシングの種類は Closed-Back/Open-Back/Vintage を選択可能で、Speaker ON/OFF スイッチ、+4 dB ダイレクト・ラインアウト(外部キャビネットシミュレーターやIRなどに使用可能)、グラウンドリフトスイッチも装備
• MIDI(コントロールチェンジ/プログラムチェンジメッセージ)で256個のプリセットコントロールが可能(MIDI IN, MIDI Thru/Out, MIDIチャンネルセレクト, ストアスイッチ)― チャンネル1, 2,3, Reverb, FX Loop, Solo各コントロールの切替が可能
• 3×3 / 6 ボタン・フットスイッチ(チャンネル 1, 2, 3, Reverb, FX Loop, Solo)付属
• スリップカバー付属
• サイズ: Head: 57.8cm(W) x 26.4cm(D) x 24.5mm(H) 重量: 20.9kg
Rackmount: 48.3cm(W) x 24.2cm(D) x 19.1cm(H) <5U> 重量: 16.4kg
STANDARD FINISH
Black Taurus Vinyl with Black Taurus/Black Carbon Vinyl Split-Front Panel

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP