高剛性、高精度のアルミニウム削り出しハウジングを採用

Fostex、ワイヤレス・ステレオ・イヤホン「TE05BT」をリリース

Fostex、ワイヤレス・ステレオ・イヤホン「TE05BT」をリリース

2018/02/18


フォステクスカンパニーからワイヤレス・ステレオ・イヤホン「TE05BT」がリリースされた。カラーはブラックとブロンズの2色をラインナップ。

/

ブラック

/

ブロンズ

高剛性、高精度のアルミニウム削り出しハウジングを採用し、不要な振動を抑えて華やかな音質を実現。さらに力強い低音、広帯域再生を実現するダイナミック型ドライバーを採用している。さらに、クリアな中音域、そしてパワフルに響く低音もポイントだ。

また、独自調整を施したφ 8mm 高精度ダイナミック型ドライバーを搭載することで、充実の広帯域再生を実現。その他にもBluetooth ver.4.1 、Qualcomm aptX audio、AACにも対応。なお、HFP/HSP プロファイル対応のスマートフォン、および携帯電話でハンズフリー通話が可能となっている。

発売は2018年2月下旬を予定しており、価格はオープンプライス(市場予想価格:¥9,800)。

主な特徴

・高剛性、高精度のアルミニウム削り出しハウジングを採用
・力強い低音、広帯域再生を実現するダイナミック型ドライバーを採用
・Bluetooth® 標準規格ver.4.1 を採用
・Qualcomm® aptX ™ audio、AAC に対応。低遅延、高音質伝送を実現
・ハンズフリー通話/マルチポイント対応

※ Bluetooth ワードマーク及びロゴは、Bluetooth SIG,Inc. の所有であり、フォステクスカンパニー(フォスター電機株式会社)はライセンスに基づきこのマークを使用しています。
※ AAC はドルビーラボラトリーズの登録商標です。
※ Qualcomm® aptX ™ audio およびaptX ロゴはQualcomm Technologies International, Ltd. の登録商標です。

主な仕様

・型式:密閉・ダイナミック型
・ドライバーユニット: φ8mm
・再生周波数帯域: 20Hz~20kHz
・インピーダンス: 16Ω:
・感度: 93dB/mW
・電源: 内蔵充電式リチウムイオン電池
・充電時間: 1.5時間
・連続再生/連続通話時間: 約6.5時間
・質量: 約17g
・通信方式: Bluetooth ver.4.1
・出力: Class2(最大通信距離約10m)
・対応プロファイル: A2DP、AVRCP、HFP、HSP
・対応コーデック: Qualcom® aptXTM audio、 AAC、SBC
・対応コンテンツ保護: SCMS-T方式
・付属品: イヤーピース(S、M、L 各1ペア)、充電用USBケーブル×1、専用ポーチ×1

この記事の画像一覧

(全2枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP