持ち運び簡単、自動で接続設定

BOSS、小型ワイヤレス3モデル「WL-20/WL-20L」「WL-50」をリリース

BOSS、小型ワイヤレス3モデル「WL-20/WL-20L」「WL-50」をリリース

2018/06/18


BOSSが、ギターなど楽器用の小型ワイヤレス・システム3モデル「WL-20/WL-20L」「WL-50」を7月14日(土)に発売する。

/

「WL-20」

/

「WL-20L」

/

「WL-50」

「WLシリーズ」は、2018年5月に発売した世界初の完全ワイヤレス・ギターアンプ「KATANA-AIR」で実現した、ボス独自のワイヤレス技術を採用。音の遅れがなく、優れた音質で音声信号を約20メートル転送(※)でき、ライブパフォーマンスにも安心して使えるのがが特徴。

さらに、小型設計かつ手頃な価格(市場予想税込価格:「WL-20/WL-20L」¥20,000前後 / 「WL-50」¥22,000円前後)なので、自宅での演奏時も手軽にワイヤレスにすることが可能。

なお、ワイヤレス接続の設定は、送信機と受信機を約10秒間ドッキングさせるだけで自動的に完了。面倒な操作をする必要なく、すぐに演奏を始めることができる。各機種とも送信機は、1回のフル充電で約12時間の長時間演奏が可能だ。

「WL-20」は、3メートルのギター・ケーブルを接続した時と同じ音質を得られる「ケーブル・トーン・シミュレーション」機能を搭載。ワイヤレスでありながら、従来のケーブル使用時と同じく、ギター特有の自然な音質で演奏可能。信号特性を忠実に転送する「WL-20L」は、ケーブルによる音質への影響が少ない、エレクトリック・アコースティック・ギター、ショルダー型シンセサイザーや電子管楽器「エアロフォン」などの演奏に適している。

コンパクト・エフェクター・サイズの「WL-50」は、お手持ちのエフェクターと一緒にペダルボードへワイヤレス・システムを組み込むのに最適。「WL-20」同様、簡単に接続設定できるのはもちろん、「ケーブル・トーン・シミュレーション」のオン/オフが選択でき、さまざまなタイプの楽器に使用可能。受信機用に別売のACアダプターを使用すれば、送信機の充電や他のエフェクターへの電源供給も行なえる。

※「WL-50」の場合。「WL-20/WL-20L」は、音声信号を約15メートル転送

主な特徴

・ギター専用に開発した低レイテンシー、高音質の独自ワイヤレス技術
・最適なワイヤレス接続設定を自動で完了
・ギターの自然な音質を再現する「ケーブル・トーン・シミュレーション」

この記事の画像一覧

(全3枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

PAGE TOP