昨年より行なってきた企画 “project『Love』” の最後を飾るアルバム

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ『HEART』インタビュー

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ『HEART』インタビュー

2017/05/03


緩菜(ドラム)

──次に5曲目のコール&レスポンスが印象的な「調+教」についてもお聞きします。まず、何と読むのでしょうか?

:“ちょうときょう” ですね。

──なるほど。この曲はどのように作られたのですか?

:この曲もワンコーラスを元に作ったんですけど、「HeartAche」とは違って結構みんなで構成をいじりました。ちなみに仮タイトルはまさに「コール&レスポンス」で。その「コール&レスポンス」の部分を結構試行錯誤して作った記憶があります。

緩菜:最初はサビがなかったもんね。

:さらに言うと、それで出来上がったサビのコード感は残して、メロディは全部変えました。

──それは曲の完成度としてはどのぐらいだったのですか?

:結構後半だったかな。みんなが「元々のサビでいくんだろうな」って思って、僕が歌詞を書くために自分で歌ってみて「もっとカッコよくしたいから変えて良い?」って。それで変えたものを聴かせてみたら「良いじゃん」と言ってくれたんです。それで一番ベストな形に落ち着きました。

メイ:アルバムの中で一番工事が多かったんじゃない?

:そうだね、確かに。

メイ:付けては減って、付けては減ってを繰り返したセクションがいっぱいあったんです。

──では、収録曲の中でも出来上がるのが一番遅かったのですか?

:いえ、逆に序盤でしたね。

緩菜:レコーディングでは最初のターンで録りました。

:録るまでは大変でしたけど、みんなで頑張って作ったんで早くできました。

──この曲を聴いた時の印象は?

メイ:最初に聴いた時は割と骨組みの状態だったので、「ここからどう料理をしよう」という気持ちが大きかったですね。だからこそみんなの「凶々しくしよう」とか「激しくしよう」という思いが詰め込まれたのかな。まぁ最初のリフとかはそのままなんですけど。改めて出来上がったものを聴いた時は、スゲー歌詞が付いたなと(笑)。それにライブチューンとして育っていきそうだなっていう期待を感じました。あと、サビが “ヴィジュアル系” って感じがしました。

準々:僕はデモの段階では今までにないリフの曲だなと思いました。出来上がってからの印象は同じく「ライブで人気出るだろうな、好きだろうな」と。

ミズキ:俺は曲オケだけを聴いた時は「結構、真面目な感じの曲なのかな」と思っていました。なのでアレンジもストレートに作ったんです。でも、歌が入ってきたらこんな感じになっていたので。「やってくれたな!」と面白さを感じました(笑)。

緩菜:先ほども出た通り、仮タイトルが「コール&レスポンス」だったので、ちゃんとお客さんが声を出せるようなアレンジが出来て良かったなと。みんなも言ってましたけどライブでガンガン使えると思うので楽しみになりました。

:この曲はみんなが曲を作り上げているのを見ていたので、その上でボーカルと作詞のアレンジは「曲オケとどう交わるか」が重要だと思って。寄り添う形って角度によると思うんです。上手く言えないですけど、みんなが頑張って完成させたからこそ、強引にメチャメチャにしてやろうと。だから、みんなを驚かせてやろうと思ってボーカルと歌詞のアレンジを作ったのを覚えています。

メイ:メンバーでやり取りをしている時、イマイチ顔が見えなかったというか。良い意味で。それが「調+教」ってきたから本当に驚かされました。

──歌詞についてもお聞きしますが、どれぐらいで書き上げたのですか?

:これはスゴい早かったですね、素直な気持ちが込められているので。

ミズキ:ヤバいやつだな(笑)。

:調教されたいし、調教したいし。このアルバムの中で一番素直な気持ちが書けたんじゃないかな。

──では、他のメンバーさんに歌詞を読んだ時の印象をお聞きします。いかがでしたか?

メイ:さっきも天才だと言いましたけど、この曲もスゴいと思います。「なぜ、この歌詞が書けたんだろう? どうしてこの言葉が思いつくんだろう?」っていうのが率直な感想です。これは他の曲でもいつも感じてますね。中でも一番印象的だったのは “調と教の凶行 禁と断の症状” ですね。「あ、韻を踏んできた!」って(笑)。

:謎のラップにしたら、みんな笑うかなと思って(笑)。この箇所の前がギターソロだったんですけど「歌乗っけて良い?」って聞いて乗っけちゃったので。その分、ここでみんなに「うふふ」ってなってもらいたかったんです。だから頑張りましたよ。

メイ:でも、意味がしっかり伝わっているんで「上手いな」って単純に思いました。僕もヴィジュアル系キッズだったので、こういう危ない感じのワードを並べられるとゾクッとしますね。

準々: “キミ” って入ってるんですけど、“キミ” って読み手側、つまり俺のことになるわけです。だから段々「俺に言ってるのかな?」って悶々としていました。全体的にエロい内容なので、色々と想像しちゃいました。とんでもない歌詞です。

全員:(笑)

ミズキ:俺は最初の “調教しましょ そーしましょー” で「およ?」ってなりました。こんなフレーズ言ったことないですもん。それなのに、サビにいくと大人っぽく、色っぽい内容で。それを歌い上げるというギャップがスゲーなと。

──実際にライブではお客さんと掛け合いをするわけですよね。

:うら若き乙女達が言ってくれることが今から楽しみで仕方ないです。女の子達が楽しそうに言う姿を想像するとたまらんです(笑)。

緩菜:全部に言えることですが、楽器がどうであれ、歌詞と春の歌が入ることによって曲の印象って一番変わると思うんです。だから春の歌が上がってくるのをいつも楽しみにしていて。で、この曲は印象がスゴい変わったんです。ミズキも言ってましたけど “調教しましょ そーしましょー” とか一発目で良いなと。

この記事の画像一覧

(全6枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

アルバム『HEART』
 

【初回限定豪華盤】
RSCD-245~247 (CD+2DVD)
¥8,000+税
※48P豪華フォトブックレット付


[CD]
01. 感じるZOO
02. HeartAche
03. FAKE PARTY
04. メテオライト
05. 調+教
06. と或る夜想
07. 7th WONDER
08. to greet the dawn.
09. JOKEVOX
10. 極東ヘッドバンギング
11. 遊郭ディスコ
12. Riot
13. JOY TO THE WORLD
14. ララバイ

[DVD] (DISC1)
HeartAche -Music Clip-
making of Tokyo Doggy's X'mas -2016-

[DVD] (DISC2)
project『Love』第2シーズン ~X'mas特別公演~『Tokyo Doggy's X'mas -2016-』
2016.12.23 舞浜アンフィシアター

【初回生産限定盤】
RSCD-248/249 (CD+DVD)
¥3,800+税
※着せ替えジャケット封入
(全5種よりランダム1種封入)

[CD]
01. 感じるZOO
02. HeartAche
03. FAKE PARTY
04. メテオライト
05. 調+教
06. と或る夜想
07. 7th WONDER
08. to greet the dawn.
09. JOKEVOX
10. 極東ヘッドバンギング
11. 遊郭ディスコ
12. Riot
13. JOY TO THE WORLD
14. ララバイ

[DVD]
HeartAche -Music Clip-
極東ヘッドバンギング -Music Clip-
making of HEART

【通常盤】
RSCD-250 (CD)
¥3,000+税

[CD]
01. 感じるZOO
02. HeartAche
03. FAKE PARTY
04. メテオライト
05. 調+教
06. と或る夜想
07. 7th WONDER
08. to greet the dawn.
09. JOKEVOX
10. 極東ヘッドバンギング
11. 遊郭ディスコ
12. Riot
13. JOY TO THE WORLD
14. ララバイ
15. Wishing

ライブ情報

▶︎project『Love』第5シーズン ~LIVEHOUSEツアー
『いつだって愛に来いよ、どこだって愛に行くよ~アルバムツアー編~』~
アルバム『HEART』を巡る14の『ココロ』の物語


『EXCITE』5月19日(金) [京都] 京都MUSE
『CRAZY』5月21日(日) [兵庫] 神戸 太陽と虎
『SHOUT』5月28日(日) [千葉] 柏PALOOZA
『PASSION』6月2日(金) [石川] 金沢AZ
『RELAX』6月10日(土) [神奈川] 新横浜NEW SIDE BEACH!!
『SICK』6月17日(土) [新潟] 新潟GOLDEN PIGS RED STAGE
『WONDER』6月18日(日) [長野] 長野LIVE HOUSE J
『SURPRISE』6月22日(木) [広島] 広島セカンドクラッチ ※準々B.Dワンマン
『HAPPINESS』6月24日(土) [福岡]福岡DRUM Be-1
『JOYFUL』6月25日(日) [岡山] 岡山IMAGE
『CRY』6月30日(金) [宮城] 仙台MACANA
『REMIND』7月2日(日) [北海道] 札幌cube garden
『DESPAIR』7月8日(土) [大阪] 梅田クラブクアトロ
『HOPE』7月9日(日) [愛知] 名古屋Electric Lady Land

▶︎project『Love』ファイナルシーズン『THE LOVE』
9月9日(土)Zepp DiverCity

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ アー写

DOG inTheパラレルワールドオーケストラ
(ドッグ・インザ・パラレルワールドオーケストラ)
【L→R】
準々(ギター)、緩菜(ドラム)、メイ(ベース)、春(ボーカル)、ミズキ(ギター)


2009年元旦に “ワンワン!” と産声を上げたヴィジュアル系ロックバンド。
5人5様の個性溢れるルックスとキャラクター、ポップでロックなユニークな音楽性、メッセージ性の強い歌詞が特徴。
2016年から2017年にかけて、日本全国47都道府県全てを笑顔で繋ぐプロジェクト、project『Love』を立ち上げ、日本全国でLIVEを行ない、音源をリリース。ファン一体型のライヴはまさに必見!


 

関連する記事

PAGE TOP