打ち込みサウンドとビッグバンドのコラボレーション

角松敏生『Breath From The Season 2018~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~』インタビュー

角松敏生『Breath From The Season 2018~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~』インタビュー

2018/04/25

──今回のアルバムでベヒシュタイン(※)のピアノを使ったそうですが、すごく煌びやかでアップライトの音じゃないという感じがしたのですが。(※)ベヒシュタイン(BECHSTEIN:19世紀中頃に創業されたドイツ製のピアノ。スタインウェイと共に世界的一流ピアノ・ブランドとして有名)

角松:あれすごいですよね? いままで娘がデジタル・ピアノを弾いてたんですよ。それが段々弾けるようになって曲が難しくなってくると、フォルテだメゾピアノだって出てくるといっちょまえに「弾きにくい」って言うわけですよ。うちの奥さんはピアノ弾ける人なので「そうだよね。違うもんね。」って話になって、じゃあピアノ買うかと。ただ僕の世代はピアノ買うってことが、どんだけ敷居の高いことかっていうトラウマがあるわけですよ。でも買うんだったら一生もんだよなってことで探し始めるんですけど、うちのスタジオブースはスペース的にアップライトしか置けないんですよね。そこで知り合いに「ちょっと娘のためにピアノ買おうと思ってるんだけど、スタインウェイのアップライトとかもあるんだよね?」って聞いたら、「アップライトはベヒシュタインですよ!」って言うわけですよ。ベヒシュタインって考えは僕の選択肢には無かったんだけど、僕もこだわりは強い方で、しかも疑り深いのでショールームに小林信吾さんに同行してもらって、「信吾ちゃんこれ全部弾いて!」っていって3時間ぐらいかけて4台くらいの個体を全部弾いて貰ったなかから選んだ1台なんです(笑)。

──贅沢ですね。

角松:その中の1台がこれなんですよ。それで届いて調律してレコーディングに使ったんですけど、最初はそんなに鳴ってなかったんですよ。これはちょっと外したかなって思ってたんですけど、だんだん鳴ってきて、マイク立てて録ったらとんでもねぇ良い音しやがったんですよ。「Morning After Lady」「Nica's Dream」がベヒシュタインですね。ミッドレンジがすごいしっかりしてるんですよ。太いものを細くすることは出来ても細いものを太くすることは出来ないっていうのが僕のこだわりなので。そしたら信吾ちゃんもやっぱりこれだなっていう感じでしたね。ベヒシュタインの話は是非書いてください(笑)

──映画「スウィング・ガールズ」以降、スウィングジャズやラテンにチャレンジする中高生の吹奏楽部が増えています。このような若い子達を応援する意味で、吹奏楽アレンジによるリメイクに興味ありますか?

角松:というよりも、僕の音楽を聴いていた世代の娘さん息子さんで吹奏楽をやってる方が意外と多いんですよ。だから実はそういう狙いがあるんですよ。「これ、お父さんカッコいいね!」って言われたいなと思って。だからここに挑戦しろ!ってことですよ。これが学校の課題になれば良いのにって思いますよね。

──吹奏楽の譜面出したら絶対売れそうですよね。

角松:だから逆に自分達で音を採りなさい! 自分で譜面起こしなさい! ってことですよ。例えば今は花形トランペット・プレイヤーとなっているエリック宮城君たちがまだ若いころに僕がプロデュースした『Breath From The Season』を聴いて憧れていたというお話を今回ご本人から聞きましてね。その世代が今この世界のトップクラスのプレイヤーなんですよ。その世代が当時「Nica's Dream」をブラバンでコピーしていたという話をよく聞きます。譜面なんかなくて。その話を聞いてるから今若い世代でブラス・アンサンブルやってる子たちにも是非聴いてもらいたいですね。お手本になるような楽曲がいっぱい入ってるので。ちょっと高度ではありますけど。

──今度のツアーは親子で観にくる方も多いんでしょうね。

角松:子供がブラスバンドをやってるんで、今回のアルバムは親子で楽しみにしてますっていう声もすごい多いです。やっぱり僕ら世代の40~50代っていうと中高生のお子さんお持ちの家が多いんですよ。だから逆に子供が中高生になったのでまたコンサートに行けますってのも多いですけど(笑)。

──今回ラテンやサルサなどのアレンジもありましたが、今後またそういう別アレンジでのリメイクを聴けるのでしょうか。

角松:例えば、ある程度の歳になってきたら、過去の曲を焼き直したりしながら顧客の皆様のみを対象に細々と演っていくっていうのが一番手堅いミュージシャンとしての生き方かとも思うんです。でも、やっぱり僕自身は制作者として新しいものを作ったりとか、次の作品に対してのモチベーションが無い訳ではないんです。ただそういうことをやっても、新譜はもうビジネスにならないんですよ。タイアップやアニメの主題歌で売れましたとかそういう複合的な理由があったら別でしょうけど。さらに質の高い曲、音が良いとか、そういう概念がビジネスにおいて常に必要とはされない時代です。当然僕のお客さんというのは、顧客として僕のブランド・イメージ、音の良さなども含め楽曲に対する確かさみたいなものに信頼を置いてくださっていると思っていて。だからそういう人たちに答えていくっていうのは今後も重要なことなので、ここ数年は過去の自分の思い残しっていう部分にスポットを当てて何作かやってきたんです。ただ実はもうここで、そろそろやめようかなというところがあって。

──完全新作ですか。

角松:単純にやりたい! やりたい! だけでは飯は食えないので、用意周到にやらなければいけないんですね。前作の『SEA IS A LADY 2017』もそうだし、今回の『Breath From The Season 2018』も1つの点なんです。布石って言ってもいいのかな。そこに向けて全部がこう線になっているみたいな。その線の到達点に向けて角松温度みたいなものを上げておくっていうことはすごい大事ですよね。ファンやその周辺の人たちに対してもう一回認知度を上げていくということ。その温度を持った人たちを引き連れながら自分のやりたいことへ導いて行きたいんですよ。『SEA IS A LADY 2017』にしろ『Breath From The Season 2018』にしろ、こういうものを作っておけば顧客の人には喜んでいただけるだろうというものをしばらくやって、角松ブランドに対する信頼を維持しつつ、次の新しいブランディング・イメージとしての自分のトライアルに向かっていきたいなと思いますね。

 

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

角松敏生
Breath From The Season 2018
~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~

2018年4月25日(水)発売



角松敏生 Breath From The Season 2018 ~Tribute to Tokyo Ensemble Lab~

■【収録曲】
01. Lady Ocean
02. SHIBUYA
03. I’LL CALL YOU
04. RAIN MAN
05. Have some fax
06. Gazer
07. Can’t You See
08. AIRPORT LADY
09. Nica’s Dream
(Cover:Horace Silver)
10. TAKE YOU TO THE SKY HIGH
11. A Night in New York
(Cover:Elbow Bones & The Racketeers)
12. Morning After Lady

【初回生産限定盤】 BVCL-884/5 価格:3,600円(税抜)/ 3,888円(税込)
■The Way Of New Album『Breath From The Season 2018』Blu-ray付■
【通常盤】 BVCL-886 価格:3,000(税抜)/ 3,240円(税込)
※初回盤/通常盤共通:セルフライナーノーツ付

TOSHIKI KADOMATSU
Performance 2018 “BREATH from THE SEASON”

5/20(日)オリックス劇場・大ホール
16:45/17:30 サウンドクリエーター 06-6357-4400
5/22(火)日本特殊陶業市民会館・中ホール
17:45/18:30 アスターミュージック 052-931-3621
5/26(土)トークネットホール仙台・大ホール
16:45/17:30 ジーアイピー 022-222-9999
6/ 1(金)福岡市民会館
17:45/18:30 BEA 092-712-4221
6/ 9(土)大宮ソニックシティホール
16:45/17:30 ディスクガレージ 050-5533-0888
6/16(土)広島NTTクレドホール
16:45/17:30 ユニオン音楽事務所 082-247-6111
6/17(日)岡山市立市民文化ホール
16:45/17:30 ユニオン音楽事務所 082-247-6111
6/22(金)レザンホール(塩尻市文化会館)
17:45/18:30 レザンホール 0263-53-5503
6/23(土)沼津市民文化センター・大ホール
16:45/17:30 イーストン 055-931-8999
6/29(金)中野サンプラザ
17:45/18:30 ディスクガレージ 050-5533-0888
6/30(土)中野サンプラザ
15:45/16:30 ディスクガレージ 050-5533-0888

全席指定:¥9,800(税込)
※全公演共通

『TOSHIKI KADOMATSU Performance 2018“Tripod Ⅸ”』
2017年7月14日(土)15日(日)15日開場:18:00/開演:18:30
16日開場:16:00/開演:16:30
料金:指定席:¥8,700(税込) 合唱席:¥8,700(税込) 立見:¥8,500(税込)
会場:軽井沢大賀ホール 住所:〒389-0104 長野県北佐久郡軽井沢町軽井沢東28-4
お問い合わせ:角松敏生コンサート事務局 03-6804-2313(平日16:00~18:00)

角松敏生(かどまつとしき)
プロフィール
※本名同じ
1960年 東京都出身
1981年6月、シングル・アルバム同時リリースでデビュー。以後、彼の生み出す心地よいサウンドは多くの人々の共感を呼び、時代や世代を越えて支持されるシンガーとしての道を歩き始める。また、他アーティストのプロデュースをいち早く手掛け始め、特に1983年リリースの 杏里「悲しみがとまらない」、1988年リリースの 中山美穂 「You're My Only Shinin' Star」はどちらも角松敏生プロデュース作品としてチャート第1位を記録、今だスタンダードとして歌い継がれている。1993年までコンスタントに新作をリリース、いずれの作品もチャートの上位を占める。年間で最高100本近いコンサート・ツアーを敢行、同時に杏里、中山美穂、らのプロデュース作も上位に送り込んだ角松だったが、当時の音楽シーンへの疑問などに行き詰まった彼は、この年の1月27日、日本武道館でのライヴを最後に自らのアーティスト活動を『凍結』してしまう。しかしこの“凍結期間”は、逆に「プロデュース活動」をさらに多忙にさせるといった結果となり依頼が殺到し、プロデューサーとしての手腕を存分に発揮した。また、1997年にNHK“みんなのうた”としてリリースされたAGHARTA(アガルタ :角松敏生が結成した謎の覆面バンド )のシングル「 ILE AIYE(イレアイエ)~WAになっておどろう」は社会現象ともいえる反響を集め大ヒット。1998年2月の<1998 長野冬季オリンピック>閉会式では自らAGHARTA のメインヴォーカルとしてその大舞台に立ち、今や国民的唱歌「WAになっておどろう」が披露され、この映像は全世界に向けて映し出された。『凍結』から約5年、角松敏生は遂に自身の活動を『解凍』することを宣言。1998年5月18日、活動を休止した同じ日本武道館のステージに再びその姿を現した。その「He is Back」コンサートのチケットは発売直後にソールド・アウトとなる。翌年リリースしたアルバム『TIME TUNNEL』はチャート初登場第3位を記録し、変わらぬ支持の大きさを実証してみせた。その後2作連続TOP10入りを果たしたシングル「君のためにできること」、「Startin‘/月のように星のように」、沖縄・アイヌと音楽の旅を続けた『INCARNATIO』、再びスティーヴ・ガッドを起用した角松サウンドの集大成アルバム『Prayer』、大人の遊び心に溢れた『Summer 4 Rhythm』『Citylights Dandy』など、作品ごとに新しいコンセプトで挑むアルバムやライヴDVDなど、コンスタントにリリースを重ねている。またリリースに平行して、20周年、25周年、30周年のアリーナクラスの記念ライヴや全都道府県ツアー、大型ホールからライヴハウスまで、様々な形態で精力的にコンサートを行い、 2012年春、30周年を記念したリメイク・ベストアルバム「REBIRTH 1」をリリース。
2014年3月角松の幅広い音楽性が1曲に組み込まれた「プログレッシブ・ポップ」アルバム「THEMOMENT」が話題となった。
2016年デビュー35周年を迎え、記念ライヴを横浜アリーナにて開催し、大盛況の内、幕を閉じた。リミックスアルバム『SEA BREEZE 2016』リメイクアルバム『SEA IS A LADY 2017』はオリコン初登場4位を獲得。この作品は第32回日本ゴールドディスク大賞『インストゥルメンタル・アルバム・オブ・ザ・イヤー』受賞した。その妥協を許さないスタンスとクオリティで常に音楽シーンの最前線で活動をしている。また2002年と2005年には映画音楽を手がけ、また自身が役者として芝居の殿堂でもある下北沢・本多劇場のステージに主役として立つとともに音楽、映像監督を同時に務めるなど、新たなチャレンジも行っている。
2018年デビュー40周年へと向かう今、制作、ライブとますます精力的に活動を続けている。


オフィシャルサイト

関連する記事

PAGE TOP