‟アジアの賛美歌”と称された伸びやかな高音を持つシンガー

伊東真紀『Voyage』インタビュー

伊東真紀『Voyage』インタビュー

2017/03/10

 

──続いて4曲目「moments of change」ですが、いわゆるAOR的なアップテンポの曲ですね。後半から暴れ出すベースがライブで盛り上がりそうですよね。

伊東:今回のアルバムでは一番テンポの速い曲ですね。ベーシスト・平石カツミさんのエレクトリックベース、すごくいいフィール満載です!そしてジャズ界で超人気のギタリスト・荻原亮さんの気持ち良いギターソロとも絡み合っていますよね。


──アレンジは全曲秋田慎治さんが手掛けられていますね。

伊東:秋田さんは、ジャズピアニスト、作曲家、アレンジャーとして活動されてますが、私は以前から、ピアノの他、キーボードをライブで使っていただいていましたし、エレクトリックサウンドを作り上げることも、とても素晴らしいと思っていました。今回アルバムを作るにあたって、トリオの生音だけで録るという選択肢もありましたが、私はエレクトリックサウンドをバックに歌うことも好きだったので、打ち込みも積極的に取り入れてもらいました。

──6曲目のバラード曲「with you」ですが、バラード3曲は作れるんじゃないかと思うくらい、おいしいメロディーラインのアイデアが詰まってますよね。

伊東:ありがとうございます。この曲に関しては確かに転調もしますし、場面展開が多いんですが、実はあまりテンポ感のないバラード曲だったんです。それを秋田さんが上手くリズムを前に出してくれたんです。ホントに “共同プロデュース秋田慎治の手腕の賜物” かなと。ともすれば、歌謡曲になりかねない曲をタイム感を持ってアレンジしてくれました。

──7曲目の「Life」では、土岐英史さん(A.Sax,S.Sax)が参加されていますよね。

伊東:「Life」に関しては、私と土岐さんだけの掛け合いなんですね。その他は全て秋田さんの打ち込みの音のみなんです。デュエットソングですね(笑)土岐さんのサックスは深くて芯があってあたたかくて唯一無二の音色でどんな時も?この音は土岐さんだ”ってすぐにわかりますよね。土岐さんがこの曲をとても褒めてくださって嬉しかったです。

──土岐さんとはこれまで共演されたことはあったのですか?

伊東:いえ、実は今回が初めてだったんです。もちろん、お名前は存じ上げてたんですけど。海外からのオファーがとても多い方で、山下達郎さんのライブでもよく拝見してましたし。秋田さんが土岐さんと共演されていたので、縁があって今回お願いできたんです。お会いしたらホントに優しい方でしたね。

──9曲目のカバー曲「Human Nature」ですが、後半はまったく別な楽曲になりますよね。途中から聴いたら、あのマイケル・ジャクソンの名曲とは誰も想像できないくらい、激しいセッション大会になりますよね。

伊東:そうですね。この曲は唯一、今回のメンバー伊東真紀(Vo)、秋田慎治(P)、平石カツミ(Ba)、藤井摂(Dr)、荻原亮(Gt)、スペシャルゲスト・土岐英史(Sax)の全員でプレイした楽曲なんです。レコーディングは3テイクぐらいしか録ってなかったと思います。1回目のレコーディングで、もうこのテイクで最高です!って思いました。土岐さんは勿論のこと、ジャズ界の第一線で活躍している素晴らしいミュージシャンなので、とても説得力のある演奏をしていただきました。そのままずっとレコスタでセッションしていたかったです。

──最後に12曲目「夢」ですが、この曲は秋田さんとの共作ですね。

伊東:はい。秋田さんに楽曲提供していただきました。アルバム全体を見た時、まだ出していない部分で”伊東真紀って実はこういうのも表現できるよね”っていうのが秋田さんにはあって、すぐに曲が書けたらしいんです。そして、歌詞は私が書いていましたが、実際に書き始めると伝えたいものはあるのですが、ゆったりとしたメロディーにしっくりくる言葉を探すのに時間がかかりました。私が書いた歌詞をベースに秋田さんとひとつひとつ丁寧に言葉を紡いでいきました。1stアルバムを作るのに2年かかったわけですが、この作品を世の中へ届けると決めて描き続けた私自身“夢” への想い、葛藤の中で過ごした2年間を皆さんにちゃんと伝えたい。そして見守り続けてくれたファンのみんなへ感謝の言葉を伝えたいという気持ちを込めて歌詞を書きました。
次のページ »

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

『Voyage』

¥3,000(税込)
High Hopes Sound


1.アネモイ
2.側にいたキミへ
3.Smile
4.moments of change
5.Imagine
6.with you
7.Life
8.永遠の場所
9.Human Nature
10.Moon River
11.ただそれだけで
12.夢

ライブ情報

・2017年5月12日(金) 
アートカフェフレンズ
Open: 18:00〜/Start: 19:30〜
渋谷区恵比寿南1-7-8 B1F
問い合わせ:03 (6382) 9050
料金:¥4,000-(1stDrink+¥500)
出演:伊東真紀(vocal) 秋田慎治(piano)

・2017年5月28日(日)
隠れ家・篁醇亭 KOJYUNTEI
昼の部 Start: 16:00〜17:15
夜の部 Start: 19:00〜20:15
甲府市美咲 1-17-6
予約問い合わせ:055(252)2228

昼の部:¥4,000 -
夜の部:¥4,000-
昼・夜通し:¥7,000-
※お食事(要予約限定)
17:50〜18:50  ¥2,500-
出演:伊東真紀(vocal) 秋田慎治(piano)

・2017年6月24日(土)
名古屋Swing
Open: 18:00〜/Start: 19:30〜
名古屋市中区東桜2-18-24 B1
予約問い合わせ:052(932)1328
(18時〜0時)
料金 : ¥3,500-(予約) /¥4,000-(当日)
出演:伊東真紀(vocal) 秋田慎治(piano)

伊東真紀(イトウマキ)

SanFrancisco Conservatory of MusicにてVocal Workを学び、帰国後、本格的に活動を開始。
DJ HideoKobayashiのFeat.Voをした「new globe」はドイツの音楽サイトBesonic.comで、3ヶ月連続1位になり、のびやかな高音が絶賛され一躍脚光を浴びる”アジアの賛美歌”と呼ばれ、アメリカ、フランス、ベルギーでリリース。
パリでリリースされたコンピレーションアルバム”Eyes on Tokyo”では阪本龍一氏や久石譲氏と並び、自身が唄った楽曲が収録された。
その一方で、真紀の豊な感性と音楽性を生かし、多くのCMソングにも参加。
「2020年オリンピック招致」「ニュークレラップ」「マクドナルド」「ビヒダスヨーグルト」など100本以上のCMソングでお茶の間に親しまれる。
中国国営放送のアニメ”Kitten Dream”に楽曲提供を行ない、日本・韓国・アメリカでテレビ放送された・アニメ「黒神」の劇中歌を英詞作詞・歌唱。ジャンルや国境にとらわれずグローバルに活躍をしている。
自身で作詞・作曲をした楽曲の発表のみならず、独自の表現でJazz、BossaNova、Popsを追求し続け、全国のライヴシーンで活躍。東日本大震災後「new globe」をフリーダウンロードでリリース。
2013年4月リリースの最新「幸せへ/My Love」(ダブルA面・T-TOC Records)では、編曲・共同プロデューサーに内池秀和(作曲家)を迎えてレコーディング。中西俊博(vl)、江口信夫(dr)、天野清継(gt)、菅原裕紀(per)、村上聖(ba)、林正樹(pf)と”幸せ"をテーマにあたたかい良質ポップスの作品に仕上げた。
2014年10月 ギタリスト・川崎燎氏の薦めによりエストニアライブを行なう。
また、2015年12月20日はじめて日本で作詞作曲をしてレコーディングをした曲『心の花』『gift』がデジタル配信リリース。
2016年11月16日待望の国内初のファーストアルバム「Voyage」をリリース。
日常誰もが感じている一瞬の心模様を描写した日本語と英語の歌詞の世界は、明日へ光を贈るメッセージが込め、共同プロデュースに秋田慎治を迎え、土岐英史(A.Sax,S.Sax)、秋田慎治(Pf)、平石カツミ(Ba)、藤井摂(Dr)、荻原亮(Gt)とエレクトリックとアコースティック、JazzとPopsが融合したサウンドに仕上げた。自身の書き下ろし7曲、カヴァー4曲・スマイル、イマジン、ヒューマンネイチャー、ムーンリヴァー、秋田慎治との共作1曲を収録。
空間を優しく包み、心の琴線にそっと触れる歌声は、国内外で高く評価されている。

 

関連する記事

PAGE TOP