‟アジアの賛美歌”と称された伸びやかな高音を持つシンガー

伊東真紀『Voyage』インタビュー

伊東真紀『Voyage』インタビュー

2017/03/10

 

──次にボーカルスタイルについてお聞きします。今作ではジャズのカバーも歌われてますが、ジャズとポップスでは歌う上で、発声や表現方法を変えられているのですか?

伊東:発声に関して「ここまで変えてます」っていうくくりはないんですけど、世界観は重要にしています。これは曲作りにも言えるんですけど、私は音域人より広い方だと思うんですね。だからどの位置でも歌おうと思えばなんとなく歌えちゃうんです。でも、それは一番良くなくて。   

──良くないのですか?

伊東:ちゃんと歌詞やメロディだったり、曲の世界観に一番合ってるキーで歌おうということを心掛けています。ただ、下のキーで歌った方がカッコ良かったり、落ち着いて聴いて欲しい場合は下げて歌いますし、少しアップテンポの曲の場合は高めにしたりしますね。

──最初に曲作りをする段階でキーを決めているのですか?

伊東:結果的に、初めのキーより上がったり逆にかなり下がってることはよくあります。レコーディングやライブの時に“またキー変わりました” って譜面を書いて持っていくんですけど、大体1曲で3、4回は譜面を書き直すので嫌がられることも多いですね。

──伊東さんは100本以上のCMソングを歌われていますが、いわゆる “モノを売るための商業音楽” を歌われる際に心掛けていることはありますか?

伊東:私はCMソングには根本的に2つのパターンがあると考えています。スゴく器用に何でもできてCMソングを生業としたボーカリストの歌い方は、それはそれで素晴らしいと思うんです。でも、一方で「 ‟この声” しか出せないからこのCMに起用したい」っていう、そういったオファーもありますよね。どちらが正しいとか良い悪いということではないとは思うんですけど、もし前者のスタイルで歌うのであれば、“その商品に寄り添うように、いかに引き立たせるか” っていうことを考えて歌唱するとプロデューサーやスポンサーさんは大変喜んでいただけると思います。でも、「伊東真紀だから呼ぶ」という場合は、もちろん “伊東真紀のカラー” を崩さないように歌いますよ。

──伊東さんの場合は、比率としてはどちらが多いのでしょうか?

伊東:圧倒的に後者かな。ちょっとハスキーで浮遊感のある声を求められることが多いです。

──ところで、マイクにこだわりがあるとお聞きしましたが、愛用されているマイクについて教えて下さい。

伊東:コンデンサーマイクを持っています。最初はダイナミックマイクを使ってたんですけど、周波数とかそういうことが気になりはじめて楽器屋さんをいっぱい回って試したんです。今はNEUMANNの「KMS104 Plus」を使っています。

──どういった部分がお気に入りなのでしょうか?

伊東:ライブで使えるNEUMANNのコンデンサーマイクは他にも何種類かあるんですが、「KMS104 Plus」は中域をよく拾うので、最も女性向きって言われているマイクなんです。ただ、使ってる人を見たことないんですけど(笑)。他にも「これかな」っていうマイクはいくつかあったんですが、この「KMS104 Plus」が一番素に近い状態で音を出してくれたんです。なので、もう4年ぐらい使っています。
 
──ライブではすべて「KMS104 Plus」を使われているのですか?

伊東:はい。だから「ファンタム電源用意してくださいね」って言いながら生意気な感じでやってます(笑)。

──それでは最後にメッセージをお願いします。

伊東:2年間かけて愛情を込めて作ったアルバム『Voyage』が出来上がりました。皆さんの一瞬一瞬に寄り添いたい気持ちで歌詞を書いて曲を作って、ホントに心を込めて歌った大切な1stアルバムです。そしてちょうど今、1年かけて『Voyage』のライブツアーを行なっています。リリースライブツアーとして連日ライブを行うというスタイルではなく、今回は今まで行ったことのない所へもお邪魔したいということで、1年をかけてじっくり回りたいと思っています。また東京ではバンド編成での大きなライブをしたいと計画していますので、ぜひオフィシャルサイトをチェックして下さい。

この記事の画像一覧

(全0枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

『Voyage』

¥3,000(税込)
High Hopes Sound


1.アネモイ
2.側にいたキミへ
3.Smile
4.moments of change
5.Imagine
6.with you
7.Life
8.永遠の場所
9.Human Nature
10.Moon River
11.ただそれだけで
12.夢

ライブ情報

・2017年5月12日(金) 
アートカフェフレンズ
Open: 18:00〜/Start: 19:30〜
渋谷区恵比寿南1-7-8 B1F
問い合わせ:03 (6382) 9050
料金:¥4,000-(1stDrink+¥500)
出演:伊東真紀(vocal) 秋田慎治(piano)

・2017年5月28日(日)
隠れ家・篁醇亭 KOJYUNTEI
昼の部 Start: 16:00〜17:15
夜の部 Start: 19:00〜20:15
甲府市美咲 1-17-6
予約問い合わせ:055(252)2228

昼の部:¥4,000 -
夜の部:¥4,000-
昼・夜通し:¥7,000-
※お食事(要予約限定)
17:50〜18:50  ¥2,500-
出演:伊東真紀(vocal) 秋田慎治(piano)

・2017年6月24日(土)
名古屋Swing
Open: 18:00〜/Start: 19:30〜
名古屋市中区東桜2-18-24 B1
予約問い合わせ:052(932)1328
(18時〜0時)
料金 : ¥3,500-(予約) /¥4,000-(当日)
出演:伊東真紀(vocal) 秋田慎治(piano)

伊東真紀(イトウマキ)

SanFrancisco Conservatory of MusicにてVocal Workを学び、帰国後、本格的に活動を開始。
DJ HideoKobayashiのFeat.Voをした「new globe」はドイツの音楽サイトBesonic.comで、3ヶ月連続1位になり、のびやかな高音が絶賛され一躍脚光を浴びる”アジアの賛美歌”と呼ばれ、アメリカ、フランス、ベルギーでリリース。
パリでリリースされたコンピレーションアルバム”Eyes on Tokyo”では阪本龍一氏や久石譲氏と並び、自身が唄った楽曲が収録された。
その一方で、真紀の豊な感性と音楽性を生かし、多くのCMソングにも参加。
「2020年オリンピック招致」「ニュークレラップ」「マクドナルド」「ビヒダスヨーグルト」など100本以上のCMソングでお茶の間に親しまれる。
中国国営放送のアニメ”Kitten Dream”に楽曲提供を行ない、日本・韓国・アメリカでテレビ放送された・アニメ「黒神」の劇中歌を英詞作詞・歌唱。ジャンルや国境にとらわれずグローバルに活躍をしている。
自身で作詞・作曲をした楽曲の発表のみならず、独自の表現でJazz、BossaNova、Popsを追求し続け、全国のライヴシーンで活躍。東日本大震災後「new globe」をフリーダウンロードでリリース。
2013年4月リリースの最新「幸せへ/My Love」(ダブルA面・T-TOC Records)では、編曲・共同プロデューサーに内池秀和(作曲家)を迎えてレコーディング。中西俊博(vl)、江口信夫(dr)、天野清継(gt)、菅原裕紀(per)、村上聖(ba)、林正樹(pf)と”幸せ"をテーマにあたたかい良質ポップスの作品に仕上げた。
2014年10月 ギタリスト・川崎燎氏の薦めによりエストニアライブを行なう。
また、2015年12月20日はじめて日本で作詞作曲をしてレコーディングをした曲『心の花』『gift』がデジタル配信リリース。
2016年11月16日待望の国内初のファーストアルバム「Voyage」をリリース。
日常誰もが感じている一瞬の心模様を描写した日本語と英語の歌詞の世界は、明日へ光を贈るメッセージが込め、共同プロデュースに秋田慎治を迎え、土岐英史(A.Sax,S.Sax)、秋田慎治(Pf)、平石カツミ(Ba)、藤井摂(Dr)、荻原亮(Gt)とエレクトリックとアコースティック、JazzとPopsが融合したサウンドに仕上げた。自身の書き下ろし7曲、カヴァー4曲・スマイル、イマジン、ヒューマンネイチャー、ムーンリヴァー、秋田慎治との共作1曲を収録。
空間を優しく包み、心の琴線にそっと触れる歌声は、国内外で高く評価されている。

 

関連する記事

PAGE TOP