Die(DIR EN GREY)と樫山 圭(MOON CHILD)によるユニット

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

DECAYS『Baby who wanders』インタビュー

2016/12/31


DIR EN GREYのギタリストDieとMOON CHILDのドラマー樫山 圭によって結成されたユニットDECAYS。彼らが12月7日に1stアルバム『Baby who wanders』をリリースし、メジャーデビューをはたした。本作は、今年4月のツアーメンバーでもある中村 中(ボーカル&ギター)とAyasa(バイオリン)、さらに寺沢 リョータ(ベース)という、それぞれのフィールドで活躍するミュージシャンが参加した意欲作だ。ここではバンドの中心人物であるDieと樫山を迎えて、バンド結成の経緯やアルバムの聴きどころ、レコーディングの使用機材などについて聞いてみた。

*今回、このインタビュー記事の読者を対象とした「サイン入りポスターがもらえるキャンペーン」を実施しています。詳しくはインタビューページの最後をご覧ください。
取材・文:橋本周大(編集部)

 

──最初にバンド結成の経緯について教えていただけますか?

Die:樫山さんはDIR EN GREYのレコーディングでドラムチューナーとして参加してもらっていて、レコーディング合宿で一緒に飲んだりする仲で。その後「ドラゴンボール」でベジータの声優をやられている堀川りょうさんが「バンドをやりたいからギターをやってくれないか」と声を掛けられて。そこに樫山さんがいらして。

──たまたま?

Die:はい、メンバーがわからへん状態で行ってみたら樫山さんがいたんです。「あれっ? 樫山さんがドラムやるんですか?」って(笑)。

樫山:俺も「え? Dieくんがギターやるの?」って言いました(笑)。

──それはいつ頃のお話なのですか?

Die:おそらく2013年頃だったと思います。そのバンドでは、アニソンカバーを10曲ぐらいやりました。

──お二人がアニソンをカバーするとは意外です。

Die:そうですね。まぁ自分はこれまでDIR EN GREY一本でやってきたので。だから絶対にやらないであろうということをやろうという衝動というか、自分の中にもあったんだと思います。「ちょっと外に出てみよう」というのもあって。

──Dieさんから樫山さんに「一緒にバンドやりませんか」とオファーしたということでしょうか?

Die:まぁライブ終わったら絶対二人で飲みに行っていたので。その中でDIR EN GREYでやっている悩みだとか色々話をしている流れで「何かやってみましょうか?」となったんです。

樫山:Dieくんが「もっと色んなジャンルのギターも弾けるんです!」って。その時「どんな音楽聴いているの?」と聞いてみたら、やっている音楽とエライちゃうかったから。お互いやっている音楽は真逆やけど(笑)、実は聴いている音楽は近いものがあって。

Die:飲んでる時、そんな話をあんましなかったですもんね。それまで仕事とは全然違う話題ばかりで。それから初めて樫山さんのプレイを聴いて、自分の中で新たに発見があったので。自分はShinyaというドラマーとしかやってこなかったので、樫山さんが叩くリズムなりが色々と刺激的で。そこで「あぁ、ここでこういう風に合わせていくの面白いな」とか。初めて体感することばかりで。

──樫山さんはDieさんにどのようなイメージを?

樫山:DIR EN GREYだと何というか「ザザザ!」とか「ガガガガッ!」という刻んでいるイメージが強くて。

Die:そうですね。

樫山:正直、壁の様な音作りがメインのギタリストのやってんけど。でも、堀川バンドで堀川さんに「ルパン三世のテーマ曲をやりたい!」って言われて、Dieくんがイントロのフレーズを弾いたんです。「16分上手いやん、カッティング良いやん! ほんならやろうや」って(笑)。

Die:ははは(笑)。

樫山:「今ちょっとノリが前過ぎましたかね?」って言いながら、リアルにドラムのノリにリズムを当ててくるしね。

Die:なかなか無かったんでね、そういう曲を披露することが。

樫山:そうそう。「これは堀川バンド以外でも何かオモロいことができそうやな」と思いました。
次のページ »

この記事の画像一覧

(全1枚) 大きなサイズで見る。

関連する記事

1stアルバム
『Baby who wanders』


 

初回生産限定盤A
【CD+DVD】

¥4,000(税込)
MUCD-8082/3


 

初回生産限定盤B
【CD+Blu-ray】

三方背ケース入り/ 64P フォトブックレット付き
¥6,000(税込)
MUCD-8084/5


 

通常盤
【CD】

¥3,000(税込)
MUCD-1369

[CD]
01.Aesthetics of the transgression
02.Zero Paradise
03.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>
04.Drifting litter
05.Where are you going?
06.Vagabond
07.Imprisonment Leaving
08.シークレットモード
09.HELLO!NEW I
10.Eve
11.Rana
12.D/D
13.綺麗な指

[DVD、Blu-ray]
01.愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.> Music Video
02. making of 愛と哀を遺さず...
<Baby who wanders Ver.>

LIVE情報

DECAYS LIVE TOUR 2016-2017
Baby who wanders

2017年1月4日(水)東京・赤坂BLITZ
Open17:00 / Start18:00
チケット料金:¥5,400(tax in)+別途 1drink必要

【メンバー編成】
Vocal & Guitar Die
Drums 樫山 圭
Vocal & Guitar 中村 中
Violin Ayasa
Bass 寺沢 リョータ
☆ チドニー
Vocal & Guitar 小林 祐介(※赤坂BLITZ公演のみ)

DECAYS(ディケイズ)

DIR EN GREYのDie(Guitar)と音楽プロデューサーでありMOON CHILDのメンバーでもある樫山 圭(Drums)を中心としたユニット。(2015年7月に始動)
現在、中村 中(Vocal & Guitar)、Ayasa(Violin)、寺沢 リョータ(Bass)、チドニー(☆)を加えた6人編成。
各メンバーがそれぞれのフィールドで活躍しており、DECAYSに集合する事により化学反応を起こし新たなサウンドが誕生する。
デジタルロックなサウンドと90'sを思わせるキャッチーなメロディーを、Dieと中村 中のツインヴォーカルが妖艶な楽曲に変化させていく。

 

関連する記事

PAGE TOP